原貫太のブログ

フリーランス国際協力師原貫太のオフィシャルブログです

国際協力

国際協力をやりたい人は、大学で何を学ぶのがおすすめか?【4つの学問を紹介】

将来国際協力をやるなら、大学では何を学ぶべきだと思いますか?この記事では新卒で国際協力を仕事にした原貫太が、大学で勉強するべきおすすめの学問を4つ紹介しています。特に民間、かつ草の根の国際協力をやりたい人は、ぜひご覧ください。

国際協力と子育ての両立は可能か?【かなり大変だが、解決策も提示します】

先日、こんな質問を貰いました。 「国際協力を仕事にしたいけど、子育てをしたいという思いもあります。子育てしながら海外で国際協力をやるのは、現実的に可能でしょうか?」 国際協力に興味のある方なら、同じ悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。「…

平和の反対は戦争ではなく暴力だ【積極的平和・消極的平和とは何か】

平和と戦争。この二つは反対の意味を持つ言葉として、よく一緒に使われています。 しかし、実際の世界に目を向けてみると、戦争は起きていなくても、貧困や抑圧、環境破壊といった社会問題が蔓延している国はたくさんあります。日本も例外ではありません。 …

国際協力おすすめ映画12選 援助のあり方や国際問題を知る【無料視聴あり】

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。 先日リライトした記事「国際協力おすすめ本32選 入門書から常識をブチ破る本、洋書までドドンと紹介」が非常に好評でした。まだの方は、ぜひ読んでみてくださいね。 今回の記事では、国際協力を学び、世…

アフリカを支援したいと思った人に、どうしても知ってほしい2つの話

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。現在は東アフリカのウガンダ共和国にて、地元の若者たちと協力しながら貧困層の子どもたちを支援しています。 僕がネットや講演でアフリカの活動について発信していると、色んな人から「私もアフリカ支援…

発展途上国という言い方、よく考えたらおかしいよ【正しく世界を見るために】

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。最近「発展途上国」という言葉を使うことに違和感を感じています。 ぶっちゃけ、僕はこのブログでも「発展途上国」という言葉をよく使っちゃいます。便宜上、経済的に豊かな国を先進国、貧困や紛争などに…

国際協力を仕事にする7つの方法【JICAや国連だけではない!】

国際協力を仕事にする具体的な方法が知りたいですか?仕事としての国際協力はJICAや国連だけではなく、NGOやソーシャルビジネス、フリーランスといった方法もあります。国際協力を仕事にする7つの方法をまとめました。将来的に国際協力を仕事にしたい人はこ…

衣服ロス問題とは?日本だけで毎年10億着を廃棄!ヤバすぎる実態を解説

「衣服ロス」という問題について知っていますか?「フードロス」が認知されてきた一方、衣服ロス問題はそれほど知られていません。衝撃的な事実をお伝えすると、世界では毎秒トラック1台分もの衣類が焼却、あるいは埋め立て処分されています。日本だけでも年…

「国際関係学は役に立たない」のツイートが炎上した件に関して

お騒がせしています。Twitterが炎上しました。なんとビックリ、今回は国連事務次長の中満泉さんまで巻き込む事態に…。まさかニューヨークまで届くとは。 否。学問は様々な事象を分析・一般化して教訓を応用可能にする。国際関係論は歴史学、法学、政治学、経…

カンボジアの貧困、何が問題?現地で活動する日本人がわかりやすく解説

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。今日はカンボジアの貧困について解説する記事を、カンボジア支援の学生団体に所属する上山友梨子さん(@YurikoKamiyama)に寄稿してもらいました。 カンボジアが抱える貧困問題の全体的な状況を理解した…

これから人道支援の道を目指すあなたが今から取り組むべき5つの事(白川優子)

※この記事は国境なき医師団に勤める白川優子さん(@yuko_shirakawa)に寄稿していただきました。 「海外で働く」という事は、特に若い人にとっては魅力的な響きかと思います。外国語を駆使し、国際社会の一員として活躍する人たちを見るとカッコよく映るかも…

ボランティアを仕事にする人が増える、そんな時代がもうすぐ来る【方法は3つ】

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。昨日、3ヶ月ぶりにウガンダ共和国に戻ってきました。 「好きなことでしか食べていけない時代が来る」と言われることがありますが、個人的にもう一つ社会的な流れが来ると思っています。それは「ボランテ…

フリーランス国際協力師は胡散臭い?言葉が誕生した背景をお話しします

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。 このブログでもたびたび使っている僕の肩書き「フリーランス国際協力師」ですが、この言葉は僕の造語になります。辞書を引いても載っていません。 最近ネットで「フリーランス国際協力師って胡散臭い」…

青年海外協力隊が帰国後に就職するのはマジもったいない【僕ならこうする】

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。 先日、青年海外協力隊の任期を終えて日本に帰国した人の進路相談に乗ってきました。話を聞いてみる限り、やはり多くの青年海外協力隊にとって、帰国後の進路は大きな悩みになるそうです。 僕から伝えた…

普通の大学生が国際協力を志してアフリカに行ってみた結果・・・

フリーランス国際協力師の原貫太です。今回は僕と一緒に活動する大学生、西尾育海(にしおなるみ)くんの寄稿記事になります。 西尾君には3月に初めてウガンダで会い、その後日本に帰ってからも一緒に活動しています。9月にはまたウガンダで一緒に働く予定…

開発コンサルタントとは?必要なスキルから年収、やりがいまで解説

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。今回は”開発コンサルタント”という仕事の全貌が理解できる記事をお届けします。 …と言っても、僕は元々NGO界隈の人間であり、今ではフリーランスという立場から国際協力の仕事をしているため、「開発コン…

フェアトレードとは?買い方のコツから無理なく続ける方法までわかりやすく解説

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。今回は「フェアトレードとは何ぞや?」ということが丸わかりになる記事を、パートナーの吉井詩乃に寄稿してもらいました。 フェアトレードの基本的な知識からフェアトレード商品の賢い買い方まで、とても…

青年海外協力隊はブログやろう。3つの理由とロールモデルブロガー紹介します

国際協力に関する情報を3年近くブログで発信している原貫太(@kantahara)です。日本人ブロガーの中では、国際協力の分野ではトップレベルだと思います(たぶん)。 さておき、僕の周りには青年海外協力隊として海外ボランティアに携わる人、これから海外に…

マザーテレサの名言「世界平和のためにできることは…」に思うこと。

「世界平和のために私たちができることは何ですか?」 こんな抽象的な質問をされたら、あなたはどんな答えをするだろうか。 戦争を終わらせるため、署名運動に参加する。信頼できる団体を見つけ、毎月決まった金額を寄付する。貧しい子どもや孤児を支援する…

国際問題を大学生が議論したところで、正直くその役にも立たない。

「大学生が国際問題を議論したところで意味ない」的なツイートをしたら、大反響がありました。 学生時代から「国際問題をみんなで話し合おう」的なイベントに何回も関わってきたけど、正直クソの役にも立たない。個々人の知識やディスカッション能力が高まる…

国際関係学は仕事で役立たない【国際協力を仕事にした今、ぶっちゃけ思うこと】

「国際関係学を大学で勉強して、それを生かせる仕事に就きたい」という大学生がたくさんいますが、残念なお知らせがあります。 アメリカの大学でも日本の早稲田大学でも死ぬほど国際関係学を勉強した僕ですが、国際協力の仕事に就いた今、国際関係学の知識を…

バースデードネーションとは?誕生日のお祝いで社会貢献できる!

「バースデードネーション」を知っていますか? 誕生日(バースデー)に寄付をする(ドネーション)というイメージが頭の中に浮かぶと思います。が、「誕生日に自分で寄付をする」のではなく、「誕生日に寄付を集める」のが、バースデードネーションの大きな…

世界を平和にしたいなら、自分自身が「平和の担い手」だと自覚しよう。

内なる変化がすべての変化の始まりである。元インターン先のテラ・ルネッサンスから学んだ理念。世界を変えるには、他人を変えるには、まずは自分の内面が変わらなくてはならない。世界平和を実現するなら、国際協力の輪を広げるなら、まずは自分自身が平和…

ボランティアツアーに1週間参加するだけでは自己満の活動になりかねない。

「ボランティアツアーに1週間参加したくらいでは、自己満足の活動になりかねませんよ」的なツイートをしたら、プチ炎上しました。 長期休みになるとボランティアツアーに参加する大学生も多いけれど、1週間程度の活動に参加したところで対象国の問題改善に…

内戦と紛争、言葉の違いをアフリカで活動するNGO職員が解説します

内戦と紛争の違いについて、できる限りその”本質”が伝わるように解説します。 国際支援の業界では「戦争」という言葉はあまり使われていません。「内戦を終わらせるために働く」「紛争解決が専門です」など、少なくとも僕の周りで働く人たちは、ほとんどが「…

就職か進学か?国際協力の道に進む人はいつ大学院に行くべき?

国際協力の道を進みたい人は、学部卒業後にストレートで大学院に進学するよりも、一度どこかで働いてから進学する方がいいです。理由は大きく2つあります。 僕は昨年の一月まで「早稲田卒業後はヨーロッパの大学院進学だな」と考えていた。でも、その後アフ…

シリア東グータの空爆 Twitterで惨状を訴える少女が話題に

Twitter画面をスクリーンショット、一部加工。Noor And Alaaより。 シリア東グータは”地上の地獄” 空爆で多数の犠牲者 シリア首都ダマスカス近郊にある反体制派の支配地区、東グータで続いている空爆によって、子どもや女性を含む多数の死者が出ている。本部…

クラウドファンディングで旅行費を集めることにした2つの目的

クラウドファンディング(polca)でフィリピンの旅行費を集める企画を打ったら、案の定のコメントが寄せられました。 「旅行費くらい、クラウドファンディングじゃなくてバイトで稼げよ。」 一見すると、「たしかに…」となりそうですが、僕がクラウドファン…

コンゴ紛争の現在 2018年、シリアより深刻なコンゴに目を向けてほしい

第二次世界大戦以降に起きた紛争で、最も多くの犠牲者を出している紛争は、どの国で起きているものかご存じだろうか。 シリア、イラク、アフガニスタン、パレスチナ、ウクライナ…。そんな答えが頭に浮かんだかもしれない。 正解は、コンゴ民主共和国。第二次…

国際協力師とは?本の情報が古いので2020年最新情報で解説します

「国際協力師」という言葉を聞いたことはありますか? 僕は書籍『国際協力師たちの部屋』であたりまえのように使っている言葉ですが、国際協力業界でもそこまで浸透していない印象を持っています。 2005年から誕生した「国際協力師」という言葉。その生みの…