原貫太のブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。国際協力やNPO・NGO、アフリカの問題、フリーランスの働き方など様々なテーマを解説しています。

フリーランス国際協力師原貫太(はらかんた)のプロフィール

フリーランス国際協力師の原貫太です。このページでは原貫太の詳しいプロフィールやこれまでの活動経歴を紹介しています。

 

自由に働きながら世界の問題を解決する仕事人―。それが僕の肩書である「フリーランス国際協力師」です。

 

現在はボランティアでアフリカ支援をしながら、ブログやYouTube、Webライターの仕事で生計を立てています。

 

 

※原貫太へのお問い合わせや仕事依頼はこちらのお問い合わせ専用ページよりお願いします。 

 

フリーランス国際協力師とは?

f:id:KantaHara:20201008145230j:plain

ウガンダの未舗装の道路にて

 

フリーランス国際協力師とは、特定の組織に所属せずに働く「フリーランス」と、仕事としての国際協力に携わる「国際協力師」を掛け合わせた僕の造語です。

 

国際協力の分野に新しい道を開拓したい。その想いで、2019年からフリーランス国際協力師という肩書を名乗っています。

 

既存の国際協力のほとんどは、国連やJICA、NGOなど何らかの組織に所属しながら実践するものと考えられています。

 

しかし僕は、フリーランスとして個人で仕事をしながら、世界の問題を解決する国際協力にも携わりたい。新しい国際協力への関わり方を築ければ、もっと多くの人が国際協力に目を向けるようになる。

 

そういった想いから、フリーランス国際協力師として活動しています。

 

これまでの原貫太の経歴

経歴を簡単にまとめると、以下のようになります。

 

大学在学中に国際協力を始める

アフリカでインターン、難民支援に携わる

就職せず、新卒でNGOを起業

働き過ぎが原因でうつ病に

起業したNGOをやめて、2019年からフリーランス国際協力師に転向

 

2014年2月 国際協力の原体験

f:id:KantaHara:20201008141951j:plain

大学一年生の春に訪れたフィリピンにて、ストリートチルドレンの子どもたちと

 

「就活の話題作りをしよう。」

 

そんな軽い動機で参加した初めての途上国スタディツアー。現地滞在最終日に物乞いをする一人の少女に出会ったことで、”世界の不条理”に大きな衝撃を受けました。

 

「どんなに小さな一歩でもいいから、この不条理な現実に抗いたい。」「世界の問題を解決するため、自分にできることをやりたい。」

 

そう感じたことがきっかけとなり、国際協力の道を志しました。

 

2016年1月 初めてのアフリカ、元少女兵との出会い

f:id:KantaHara:20201008142141j:plain

アフリカ・ウガンダにて、元少女兵アイーシャさんにインタビューを行っている様子

 

大学3年生の冬。当時僕はアメリカの大学に留学していたのですが、一ヶ月あった冬休むを利用して、アフリカのウガンダ共和国に初めて渡航します。

 

その際、元子ども兵士の社会復帰支援を行うNGOを視察し、14年間兵士として反政府軍に従軍させられていたアイーシャさんと出会いました。

 

「彼女の壮絶な苦しみを知った人間として、自分にできることをやりたい。」

 

アフリカで起きる紛争に問題意識を持った僕は、帰国後にそのNGOでインターンをすることにしました。

 

※アイーシャさんの体験談はこちらの記事で読むことができます。

 

2017年2月 南スーダン難民との出会い

f:id:KantaHara:20201008145809j:plain

南スーダン難民にインタビューをしている様子。手前右が原貫太


大学を休学し、NGOのインターン生として足を運んだアフリカ・ウガンダ共和国。現地で約2ヶ月間働きました。

 

元子ども兵士の社会復帰支援に携わりながら、当時深刻だった南スーダンの難民問題を調査。人生で初めて訪れた難民キャンプで、貧困や病気など、様々な問題に直面する難民に出会いました。 

 

2017年4月 就職の道を捨て、NGOを起業

f:id:KantaHara:20201008142711j:plain

日本に帰国した後に資金を集め、その後再び現地で難民支援に携わった

 

人間として必要最低限の衣食住すら事欠く南スーダン難民と出会い、大きな衝撃を受けました。

 

「難民問題の現状を知った人間として、今できるアクションを起こしたい。」

 

その想いから、日本に帰国した後は就職する道を捨て、大学在学中に国際協力NGOを起業します。

 

日本全国で講演活動を行いながら資金を集め、その年の夏休み(2017年8月~9月)に再びアフリカに戻り、難民の支援活動を実現します。

 

2018年5月 働き過ぎが原因で適応障害を発症

大学を卒業して2ヶ月が経った頃、働き過ぎが原因で適応障害を発症しました。

 

半年ほど休養して病気は寛解しましたが、仕事を続けることは難しいと判断し、起業した団体を自らの意志で離れます。

 

適応障害が原因で仕事を辞めるまでの経験をこちらの記事で書いています➡心の「本音」に耳を傾けよう。適応障害になり、僕は大好きだった仕事を辞めた。 - さくマガ 「やりたいこと」を「できる」に変えるオウンドメディア

 

2019年1月~フリーランス国際協力師としての再出発

f:id:KantaHara:20201008143315j:plain

ウガンダの現地パートナー、サイラスと原貫太

 

起業したNGOからは離れましたが、「国際協力に携わりたい」という想いは無くなりませんでした。

 

2018年12月に再訪したウガンダで、後に現地パートナーとして一緒に働くことになるサイラスと出会います。

 

そして2019年1月から、特定の組織には属さないフリーランスとして国際協力を続ける「フリーランス国際協力師」になりました。

 

個人かつ草の根で国際協力に携わるのは、これまでは主に収入面から「難しい」と考えられてきました。

 

だからこそ、僕が「フリーランス×国際協力」という新しい働き方を実現し、ブログやSNSを通じた情報発信に取り組むことで、国際協力の新しい働き方を社会に示したいと考えています。

 

原貫太が発信している主な媒体

主に以下3つのメディアで情報発信しています。

 

 

最近はYouTubeをメインに情報発信しています。人気動画は、例えばこちらです。

 

書籍『世界を無視しない大人になるために』を出しました

f:id:KantaHara:20201008143532j:plain

 

元少女兵アイーシャさんとの出会いをはじめ、僕がアフリカで活動することになった原体験を『世界を無視しない大人になるために』という本の中で書きました。

 

僕が考える「本当に意味のある国際協力」や、アフリカで戦争が無くならない根本的な原因も解説しています。

 

有難いことにAmazonレビューは47個の評価が付いており、4.5/5.0となっています。自費出版の本ではありますが、これまで4000人以上の方に読んで頂きました。

 

紙版の購入はこちら

Kindle版の購入はこちら

 

第一章までをこちらのページで無料公開しています。

 

国際協力×情報発信をテーマにしたオンラインコミュニティを運営しています

2019年3月から、国際協力×情報発信をテーマにしたオンラインコミュニティ「国際協力系ブロガーサロン」を運営しています。現在40名以上のメンバーが所属しています。

 

国際協力に興味のある人たちに、これまで僕が培ってきた情報発信のノウハウをシェアしたい。そういった想いから、このコミュニティを創設しました。

 

毎週土曜日21時~行っているオンライン定例会では、みんなで国際協力や社会貢献について語り合ったり、情報発信のノウハウを学ぶための勉強会を行ったりしています。

 

キャッチコピーは「書くことで、今よりちょっといい世界を作る。」です。興味のある方はこちらのページをご覧ください。 

 

過去のメディア出演・受賞歴など

 

活動がわかる記事

原貫太の活動がわかる記事や過去の取材・インタビュー記事を掲載しておきます。

 

フリーランス国際協力師原貫太の大枠がわかる記事➡フリーランス国際協力師、原貫太とは何者か。 | Social留学

 

僕が『世界を無視しない大人になるために』を出版した理由がわかる記事➡内戦悲劇を無視しない 支援活動の早大生、体験談を著書に | 社会 | カナロコ by 神奈川新聞

 

大学在学中に国際協力NGOを起業した理由がわかる記事➡どうして卒業するとやめるんだ! 僕は「国際協力活動」で生きていく – 早稲田ウィークリー

 

原貫太の活動に対するご支援・ご寄付はこちらよりお願いします

f:id:KantaHara:20200620164530j:plain

ウガンダ北部で子どもたちと行っている布ナプキン製作の様子

 

原貫太がアフリカで行っている国際協力活動は、皆さまからのご寄付によって支えられています。いつも活動を応援してくださり、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

 

原貫太の活動をご寄付によってサポートいただけます方は、以下二つの方法からご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

サポーターズクラブに加入する

定額制のサポーターズクラブを運営しています。月額1000円からご支援をいただく代わりに、サポーターズクラブ限定のメールマガジンや原が登壇する各種イベントへの招待といったリターンをご用意しております。

 

詳しい内容はサポーターズクラブのこちらの公式ページをご覧ください。

 

銀行振り込みで寄付をする

「マンスリーサポーターになるのは難しいけど、単発で寄付することは可能」という方には、銀行振り込みでのご支援をお願いしています。

 

詳しくはこちらのフォームをご覧ください。 

 

 

原貫太に対するお問い合わせや仕事依頼はこちらのお問い合わせ専用ページよりお願いします。