原貫太のブログ

フリーランス国際協力師原貫太のオフィシャルブログです

アフリカ

アフリカの貧困や紛争に関する記事、またアフリカ旅行者向けの記事など、アフリカを理解するための記事をまとめています。

ガーナの治安、2020年版も!青年海外協力隊のナマの声を紹介します

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。この記事ではガーナ旅行者向けに、2019年最新情報を含むガーナの治安や旅行者が気をつけるべきことを解説します。 …が、僕はガーナを旅行したことがありません。なので今回は、ガーナ在住の羽立大介さん…

セネガルの治安、2019年版も!現地在住者のナマの声を紹介します

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。この記事ではセネガル旅行者向けに、2019年最新情報を含むセネガルの治安や旅行者が気をつけるべきことを解説します。 …が、僕はセネガルを旅行したことがありません。なので今回は、セネガル在住の高野…

【アフリカ旅行者向け】6つのマラリア対策【薬は現地購入】

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。東アフリカのウガンダ共和国に滞在しています。 発症すると死に至ることもあるマラリア。毎年40万人以上がマラリアで亡くなると言われています。 この記事ではアフリカを旅行する人向けに、最低限やるべ…

アフリカの格差はハンパない!現地在住者が写真4枚でリアルな実態を報告!

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。僕は今、東アフリカのウガンダ共和国で生活をしています。 アフリカに関わり始めて4年が経ちますが、この大陸が抱える経済格差の恐ろしさには年々気づかされるばかりです。 僕が生活するウガンダ共和国…

アフリカに偏見を持っていませんか?貧困、危険、可哀想を否定します

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。 僕はブログやSNSを使ってアフリカの情報を山のように発信してきましたが、世間一般のアフリカに対するイメージはまだまだ偏っている印象を持ちます。 アフリカは貧しい アフリカは危ない アフリカは可哀…

アフリカを女子一人旅するのは危険?5ヶ国訪問した女子大生の体験レポート

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。このブログではアフリカ旅行関連の記事を多数掲載しています。 今回は、これからアフリカを女子一人で旅する人向けに、東アフリカ5ヶ国を訪問した女子大学生に寄稿してもらいました。 まずはザックリし…

ナミビアの治安を青年海外協力隊員が解説【現地在住者のナマの声】

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。この記事ではナミビア旅行者向けに、記事執筆時の最新情報(最終更新は2020年2月8日)を含むナミビアの治安や旅行者が現地で気をつけるべきことを解説します。 …が、僕はナミビアを旅行したことがありま…

ケニアのボランティア体験談 19歳女子大生が飛び込んだ”未知の世界”

はじめまして!村田有と申します。 『世界中の人々が命の危機に脅かされることなく幸せに生きていける』そんな世界の実現に貢献できるように、将来は教育分野から国際協力に携わっていきたい。 今こうして将来の夢がはっきりするようになったのも、ケニアで…

ホテルルワンダ感想 知られざるルワンダ虐殺の"事実"とともに

来週18日から3週間ほど、4回目のアフリカに行ってきます。 年末年始はルワンダで過ごす予定です。もうルワンダは3回行ったので(ほぼ)観光し尽ましたが、久しぶりに虐殺の跡地を訪問しようと思っています。 さておき、一緒にアフリカに行く彼女の初鑑賞…

アフリカは停電も頻繁!心配な人はこの2つのアイテムを活用しよう

アフリカに3回渡航した経験がある原貫太(@kantahara)です。今月18日から3週間、4回目のアフリカに行ってきます。 今回は「アフリカの停電事情」についてです。 アフリカでは停電が頻繁に起こります。ちょっといいホテルに泊まればジェネレーター(=自…

”アフリカは遠いから行けない”と思い込んでいる人に伝えたい2つのこと

学生時代だけでも、アフリカに3回渡航した原貫太(@kantahara)です。今月18日から3週間、4回目のアフリカに行ってきます。来年も、2回か3回はアフリカに行きたいですね。 こうも何度もアフリカに行っていると、周りからは「アフリカなんて”遠い”ところ…

アフリカ一人旅するなら、おすすめはルワンダ・ウガンダ・ケニアです【理由は4つ】

「アフリカを一人旅するのにおすすめの国はどこか?」と質問されたら、僕はルワンダ、ウガンダ、ケニアの3ヶ国をおすすめします。 フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。日本とアフリカを3か月おきに往復しながら、国際協力を仕事にしていま…

アフリカ旅行の服装 移動の機内からサファリの服装まで解説

学生時代から3回にわたりアフリカ旅行をした原貫太(@kantahara)です。2、3回目は、インターンシップのためアフリカに2ヶ月以上滞在しました。 今回の記事では、アフリカを旅行する日本人向けに、移動の機内、またアフリカ滞在中の服装を詳しく解説して…

アフリカでクレジットカードは使える?VISA以外はダメなの?NGO職員が解説

これからアフリカを訪れる皆さん、アフリカでクレジットカードは使えるのか、現金を大量に持っていくべきなのか、悩んではいませんか。 学生時代からアフリカで働いてきた原貫太(@kantahara)です。後ほど詳しくお伝えしますが、アフリカに行く時、僕はクレ…

アフリカ旅行の持ち物リスト39選【必需品から隠れた便利アイテムまで厳選紹介】

アフリカ旅行の持ち物リストを知りたいですか?この記事では年の半分をアフリカで過ごす僕が、アフリカを旅行するのに必須の持ち物から隠れた便利アイテムまで紹介しています。この39個の持ち物さえ持って行けば、基本的には大丈夫です。これからアフリカを…

ルワンダの治安、2020年版も!アフリカで一番治安がいいって本当?

1994年に起きた内戦で80万人が亡くなった東アフリカの小国、ルワンダ。僕もこれまでに3回旅行したことがあります。 ルワンダ内戦の話だけを耳にすると「日本人が行くには危険なのでは?」「現地の治安が心配…」と思うかもしれませんね。 フリーランス国際協…

アフリカ旅行の費用は?旅費を5万円以上節約する4つの裏技も紹介します

アフリカ旅行に必要な費用を知りたいですか?この記事では出発前にかかるビザや予防接種、航空券の費用から、旅行中にかかる食費や宿泊費まで、網羅的に解説しました。旅費を節約する4つの裏技も紹介しています。これからアフリカを旅行する人、少しでも節…

アフリカに3回渡航した大学生の僕は費用をどうやって捻出したのか?

国際協力に関心がある。アフリカにも渡航したい。でも、お金が無ければ何もできない。原さんがどうやって渡航費を捻出してきたのか知りたいです。 学生の方から相談されます。 そう。いくら口で偉そうに世界平和を語っても、お金が無ければ現地に足を運ぶこ…

アフリカの内戦がなくならない2つの原因【アフリカの中ではなく、外を見よう】

アフリカの内戦や紛争、難民問題についてブログを書いたとき、一番悲しくなるリアクションは 「アフリカには多様な民族が暮らしているから仲良くできないのは仕方の無いことだ」 「アフリカは開発が遅れていてまだまだ"野蛮"な人が多く、彼らには国家を統治…

アフリカ旅行は危険だと?その不安、8回渡航した人が解決する【おすすめの国も紹介】

アフリカ旅行は危険だと信じ込んでいませんか?アフリカには55の国があり、危険な国もあれば、女性が一人で出歩いても問題ない国もあります。この記事では僕が旅行したアフリカの治安が良い国を紹介しつつ、旅行者が注意すべき安全対策を説明します。アフリ…

大学生は卒業旅行でアフリカ行ってもいいんじゃない?

僕はハワイにもグアムにもサイパンにも行ったことがない。ヨーロッパにも行ったことがない。 けど、フィリピン、カンボジア、バングラデシュ、ルワンダ、ウガンダ、ブルンジ…と、学生時代には途上国へ足を運びまくり、そして難民やストリートチルドレンとい…

フツ族ツチ族の違いはベルギーが創り出した【ルワンダ虐殺をわかりやすく解説】

フツ族とツチ族の違いはどこにあるのか?ルワンダ虐殺では多数派のフツ族によって、少数派ツチ族数十万人が殺されました。しかし、生活や身長、顔に多少の違いは存在したものの、元々フツ族とツチ族はお互いの違いを明確に認識していたわけではありません。…

【ブルンジの治安】大学生が1週間旅行したら、想像の100倍美しい国だった

こんにちは!早稲田大学4年生の原貫太(@kantahara)です。僕は今、東アフリカのブルンジ共和国に来ています(2017年2月時点)。国際協力NGOのインターン業務で一週間滞在する予定です。 …と、書き出しからサラッと「ブルンジ共和国」という国名を書いてい…

【4歳の子供をレイプ】アフリカ最大の紛争、コンゴで起きている悲劇とは

アフリカ大陸中央部に位置するコンゴ民主共和国(以下コンゴ)の紛争は、周辺数か国を巻き込みながら、第二次世界大戦後に起きている紛争としては、最多である540万人以上の死者を産み出している。 シリア、イラク、アフガニスタン、パレスチナ、ウクライナ…