原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

「貫太って、ほんと一途だよね。」

学生団体として活動していた時に仲の良かった友人と、先日飲みに行った。その時、彼女からかけてもらった言葉がある。 「貫太って、ほんと一途だよね。」 大学生の間は国際協力に関わるが、就職と同時に活動から離れていってしまう人がほとんどの現状。そん…

原貫太1.0が生まれた日

暖房の効いた部屋で、冷めきったコーヒーを飲みながら、5年後の自分を想像してみた。 2023年。僕は28歳になっている。きっと、まだアフリカにいるだろう。20代は現場に立ち続けているはずだが、恐らく場所はウガンダではない。コンゴ民主共和国か、中央アフ…

やらざるを得ない環境を、自分で作る。

showroom代表の前田祐二さんが、こんなことを言っていた。 大学生の時、英語を話せるようになるため、英会話スクールの先生になることを決めました。生徒として英語を習うのではなく、先生として英語を教える立場に身を置く。英語の勉強をやらざるを得ない環…

叶うならば、もう一度フィリピンを訪れたい。

叶うならば、卒業前にもう一度フィリピンを訪れたい。あの日、なぜだか分からないけど心が動いた。原体験は言葉にすることが難しいからこそ、何にも代え難い貴重な経験なんだ。区切りが一つ付く前に、もう一度原点に振り返り考えたい。なぜ国際協力をするの…

英語圏で安い海外旅行をしたい人にフィリピンをおすすめする6つの理由

英語圏に海外旅行!って人はすぐにイギリスやアメリカを頭に浮かべます。 僕は嫌です。物価がとにかく高いから。1週間の旅行でも、20万円以上はかかりますよね。大学生の時にニューヨークを一人旅しましたが、どこのレストランもバカ高いので、毎食subway(…

2018年、"シリアより深刻な"コンゴの人道危機に目を向けてほしい

第二次世界大戦以降に起きた紛争で、最も多くの犠牲者を出しているのはどの国で起きている紛争か、ご存じだろうか。 シリア、イラク、アフガニスタン、パレスチナ、ウクライナ…。そんな答えが頭に浮かんだかもしれない。 正解は、コンゴ民主共和国。第二次世…

国際協力師とは?最新の解説を加えてみた

突然ですが「国際協力師」という言葉を聞いたことはありますか? 僕は『国際協力師たちの部屋』であたりまえのように使っている言葉ですが、一昔前に誕生したばかりということもあって、国際協力の業界でもそこまで広く浸透していない印象を持っています。 2…

弱さを受け入れる。

「原くん、君は弱い。本当に弱い。でも、その弱さが僕は好きで、応援したくなる」 ある人からかけてもらった言葉だ。その時の僕は、まだ未熟で、プライドが高くて、その弱さを受け入れることができなかった。 起業して、少なくとも形式的には組織のトップに…

「将来の夢は貧困で困っている人を助けること」とプロフィールに書く人たちへ

「夢は貧困で困っている人を支援することです」という人がいるけど、それは夢じゃない。手段。それが夢である限り、君の夢が叶うためには貧困で苦しむ人が存在し続けなければならないことになる。矛盾する。本当にあるべき夢は、貧困で困っている人を支援し…

大学受験、浪人するべきかしないか迷っている人たちに

大学受験生はもう少しでセンター試験、来月からは本格的に私大受験が始まり、3月には国公立の入試も始まりますね。 僕のTwitterのフォロワーには高校生も多く、最近こんな質問が寄せられました。 第一志望校にしか行きたくなくて、不合格だったら浪人しよう…