原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から仕事論、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

アフリカで国際協力活動(難民支援)をする僕が気分転換するための3つの方法

アフリカの、それもウガンダ北部くらい何も無いところに滞在し、南スーダン難民支援といったシビアな国際協力活動に携わるとなると、如何にして気分転換(心のリフレッシュ)をするかが超大事になってくる。 今日も難民居住区に足を運び、紛争の続く南スーダ…

アフリカの紛争/戦争に関心ある人が絶対に忘れてはいけない2つのこと

アフリカの紛争やそれに伴う難民の問題を僕がSNSやブログで書いて、一番悲しくなるリアクションは 「アフリカには多様な民族が暮らしているから仲良くできないのは仕方の無いことだ」 「アフリカは開発が遅れていてまだまだ"野蛮"な人が多く、彼らには国家を…

アフリカの現場で国際協力したい人は英語を「うまく」勉強するべき

ウガンダに来てから2週間以上が経った。 僕のブログを読んでいる人の中には、将来的に、いやもしかしたら、今すぐにでも現場での国際協力(支援)に取り組みたいと思っている人が多いだろう。特に、僕と同じ大学生であれば、そのために今のうちからどんなス…

「良かった…元気に生きていた!」精神障害を抱えた男の子と5か月ぶりの再会

書籍『世界を無視しない大人になるために』や講演の中で、「どうしても忘れられない光景」として度々紹介していた精神障害を抱えた男の子と、5ヶ月ぶりに再会することができた。 今年2月に撮影 今月17日に撮影 再会した時の第一感想は、正直に、「良かっ…

保守もリベラルも、自衛隊撤退後には南スーダン紛争を忘れてしまったのか

ウガンダ北部のパギリニヤ難民居住区。今年で4年目の南スーダン紛争によって故郷を追われた難民約3万人が、ここでの生活を送っている。急激に深刻化していく難民危機に対して各機関の支援は追いついておらず、多くの人たちが厳しい生活を強いられている。 …

ブログの筆がなかなか進まない人への二つのアドバイス

最近、僕の周りにいる国際協力関係者でも、ブログを始める人が増えてきているようだ。 資金調達や仲間集めといった「組織運営」の視点からも、途上国で起きている問題と先進国との繋がりを知ってもらう「啓発」の視点からも、国際協力に携わる人にとって「発…

「放っておいたら、あの難民の女の子は死ぬよ?」南スーダン難民危機/世界人道デー

「放っておいたら、あの難民の女の子は死ぬよ?」 先日、ウガンダ北部の南スーダン難民居住区に足を運んだ時に、現地のスタッフからふとかけられた言葉が、心の片隅に残り続けている。 私が活動しているパギリニヤ難民居住区には、PSNs(Persons with Specia…

開発途上国(海外)滞在中の安全管理-最も怖いのは「交通事故」と「慣れ」

途上国の現場へ足を運ぶ際に、たくさんの方から「安全には気をつけてね」と声をかけていただく。 多くの人は、私が活動しているようなアジアやアフリカの途上国では、日本人のようなカネを持っている外国人は、殺害や誘拐といった凶悪犯罪に巻き込まれる危険…

なぜ僕はNPO(非営利団体)形式で活動しているのか

最近、何人かの方から なぜNPO(Non-Profit Organization/非営利団体)の形式で活動するのですか? と質問を受けた。 昨今は大学生でも在学中に起業する人が増えてきたが、株式会社、営利事業として起業しているケースがほとんどだ。そんなトレンドがある中…

『世界を無視しない大人になるために』の表紙で一緒に映る南スーダン難民の女性と再会!

今年2月、ウガンダ北部の南スーダン難民居住区。現地のニーズや課題、支援動向などを把握するための調査活動に訪れていた僕は、そこで一人の女性と出会った。 グレイスさん(仮名)は、昨年7月に南スーダンで紛争が再燃した後、他の多くの難民たちとともに…