原貫太のブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。国際協力やNPO・NGO、アフリカの問題、フリーランスの働き方など様々なテーマを解説しています。

ルワンダ

ホテルルワンダは嘘?ルワンダ虐殺の知られざる「もう一つの真実」とは

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。ルワンダ虐殺の問題を4年以上追い続けています。 僕は映画『ホテルルワンダ』は3回視聴したのですが、ルワンダ虐殺の複雑な歴史や背景を知れば知るほど、あの映画に対する感想は変わるものだと考えてい…

ルワンダの治安、2020年版も!アフリカで一番治安がいいって本当?

1994年に起きた内戦で80万人が亡くなった東アフリカの小国、ルワンダ。僕もこれまでに3回旅行したことがあります。 ルワンダ内戦の話だけを耳にすると「日本人が行くには危険なのでは?」「現地の治安が心配…」と思うかもしれませんね。 フリーランス国際協…

ルワンダ虐殺を国連が防げなかったのはなぜ?4つの理由をわかりやすく解説

なぜ国連は、ルワンダで進行中の虐殺を防ぐことができなかったのか?ルワンダ虐殺に関心を持った人なら、一度は気になったことがあるでしょう。 フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。ルワンダ虐殺の問題を4年以上研究しています。ルワンダに…

ルワンダ・ウガンダの「平和」とコンゴの「紛争」 大湖地域の政治的パワーバランス

アフリカ中・東部の紛争において、「ルワンダの虐殺」「ウガンダの子ども兵」「コンゴ民主共和国の性暴力」に関する記事は毎回大きな反響を貰います。 この3つに関して、ルワンダ・ウガンダに関しては「過去の紛争」、コンゴ民主共和国に関しては「現在の紛…

フツ族ツチ族の違いはベルギーが創り出した【ルワンダ虐殺をわかりやすく解説】

フツ族とツチ族の違いはどこにあるのか?ルワンダ虐殺では多数派のフツ族によって、少数派ツチ族数十万人が殺されました。しかし、生活や身長、顔に多少の違いは存在したものの、元々フツ族とツチ族はお互いの違いを明確に認識していたわけではありません。…

”Never Again” Again. ルワンダ虐殺の「真実」に迫る

ウガンダの隣国、ルワンダに来た。「アフリカのシンガポール」と例えられるほど経済成長著しいルワンダは、豊かな自然にも恵まれた美しい国だ。しかし、1994年には100日間で80万人が虐殺される「ジェノサイド」が発生。私がこの国に来るのは2回目…

平和を願うブルンジのハチミツ-ルワンダ虐殺の陰に隠された、もう一つの虐殺

「アフリカの大地で起きたジェノサイド)」と聞いたら、あなたは何を思い浮かべるだろう。 きっと、20世紀アフリカ最大の悲劇とも呼ばれる、ルワンダ大虐殺が頭に浮かぶかもしれない。 1994年、フツ人系の政府とそれに同調する過激派フツ人の手によって、100…

「世界は何も学んでいない」『ホテルルワンダ』の舞台、ルワンダ虐殺の跡地訪問(後編)

たった100日間で80万人もの犠牲者を出したと言われているルワンダ大虐殺から、2016年4月で22年が経つ。 ルワンダの虐殺の死亡率は、第二次世界大戦中にナチスドイツが行ったホロコーストの3倍以上だとも言われている。ルワンダ虐殺がこれほどま…

「世界は何も学んでいない」『ホテルルワンダ』の舞台、ルワンダ虐殺の跡地を訪れた(前編)

こんにちは。先日投稿した記事が意外にも評判良かったらしく、続けていく価値はそれなりにあるかなと、ひとまず安心しました。 今日から本格的に記事を投稿していくわけですが、しばらくはアフリカ渡航(2016年1月)の記録とそれに付随した思う事を書き綴っ…