原貫太のブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。国際協力やNPO・NGO、アフリカの問題、フリーランスの働き方など様々なテーマを解説しています。

世界を救う仕事がしたい?国際協力をやろう!戦争や貧困をなくす5つの仕事

「発展途上国の貧しい子どもたちを助けたい」

「世界中の恵まれない子供たちを救う仕事がしたい」

 

そんな想いを持っているあなたは、「国際協力」という道を目指しましょう。

 

ユニセフや国境なき医師団といった団体名を聞いたことがある人は多いでしょう。発展途上国で働くことに憧れを持っている人なら、ジャイカや青年海外協力隊といった名前も聞いたことがあるかもしれません。

 

でも、世界を救う国際協力の仕事は、ユニセフやジャイカだけではありません。あなたが世界を救うヒーローになる道は、たくさんあるのです。

 

 

世界を救う仕事「国際協力」とは?

世界を救う仕事

ウガンダの子供と筆者の原貫太

 

世界には貧しくて学校に通えなかったり、病気になってもお金がなくて病院に行けない子供たちがいます。例えばサハラ砂漠より南のアフリカでは、5人に2人が毎日200円以下で生活していると言われています。

 

★関連記事★

アフリカの絶対的貧困を現地の写真付きで解説【リアルな実態を知れます】

 

そういった経済的に貧しく、恵まれない人たちの生活を少しでも良くするために頑張る仕事が、国際協力です。

 

国際協力は貧しい人を助けるだけではありません。世界中で起きている戦争を止めるための話し合いを促したり、戦争によって傷つけられた人たちを助けたりする仕事も行います。

 

人だけではなく、地球環境を保護する仕事もします。例えば地球温暖化を防止するために政府や市民に訴えかけたり、植林を通じて森林保護をする活動をしている人たちもいます。

 

一言で表せば、世界から戦争や貧困、環境問題をなくすために、国籍や人種、宗教の壁にとらわれず、人々が手を取り合って様々な協力活動を行うことを国際協力と呼びます。

 

国際協力には、お金をもらわないボランティアとして、つまり慈善活動(チャリティー)として取り組むこともできます。

 

しかし、生活をするのに十分な給料や収入を得ながら、持続的に仕事として携わることもできるのです。もし世界を救う仕事がしたいと考えているなら、国際協力を仕事にすることを目指しましょう。

 

★関連記事★

国際協力とは具体的に何か?その定義から必要性まで日本一わかりやすく解説します - 原貫太のブログ

 

世界を救う5つの仕事

世界を救う仕事

地球環境の保護活動も、国際協力の一つ

 

戦争や貧困で困っている子供たちを助けたり、 温暖化によって傷ついた地球環境を保護したり、発展途上国の経済成長を支援したりする活動を「国際協力」と呼びます。

 

そんな世界を救う国際協力を仕事にするには、具体的にどんな方法があるのか?ここでは5つの職業を紹介します。

 

国連職員(国際公務員)

世界を救う仕事

ニューヨークにある国連の本部

 

「国連」という言葉を聞いたことはありますか?社会の授業で習ったことがある人もいるでしょう。正式名称は「国際連合」と言います。

 

例えば冒頭で紹介したユニセフも、国連の一つです。ユニセフ以外にも、例えば

 

  • 世界食糧機関(WFP)
  • 世界保健機関(WHO)
  • 国際連合教育科学文化機関(UNESCO)

 

など、国連には全部で約40の組織があります。そういった国連のような国際機関で働いている人たちを、「国際公務員」と呼びます。

 

国際機関は国連以外にもたくさんあるので、気になる人は以下の記事も読んでみてください。

国際機関で働く夢を持つ人は、この質問に答えられる?【どの組織で何をしたいの?】

 

ジャイカ職員(政府機関職員)

国際機関ではなく、日本の政府に入って国際協力に携わることもできます。日本の場合は、ジャイカ(JICA)という組織が国際協力の仕事を担当しています。

 

ジャイカの場合は、子供たちの医療や教育のサポートだけではなく、日本よりも経済的に貧しい国、例えばカンボジアやケニアといった国の道路建設をやったり、川に橋をかけたり、上下水道を整備したりなど、大きな枠組みから国際協力に携わることもできます。

 

このように、政府によって行われる国際協力をODA(政府開発援助)と呼びます。次に紹介するNGOと合わせて、社会の授業でODA・NGO(おだんご)と習った人もいるかもしれませんね。

 

NGO職員

世界を救う仕事

NGO職員として、アフリカで難民支援をしていたこともある

 

1つ目は国際機関、2つ目は政府機関でしたが、民間の立場から国際協力に携わることもできます。

 

NGOとは英語でNon Governmental Organizationの略称で、日本語では「非政府組織」と呼びます。政府ではない、一般の人々によって運営されている組織です

 

国連や政府よりも、NGOは現地の人たちと近い距離で国際協力をしている団体が多いです。国連や政府のような大きな組織では支援の手が届きにくい人たちに対して、一人ひとりに寄り添った支援をしているイメージですね。

 

例えば冒頭に登場した国境なき医師団もNGOの一つです。ただ、NGOは国境なき医師団以外にもたくさんあり、日本だけでも400以上、小さな団体も含めるとそれ以上の数が存在すると言われています。

 

世界の貧しい子どもたちを直接的に救う仕事がしたいという人は、例えばNGO職員の海外駐在員になると、現地の人たちと近い距離で仕事をすることができます。NGOをもっと詳しく知りたい人は、以下の記事も読んでみてください。

NGOとは何か?元NGO職員が日本一わかりやすく、簡単に解説します! - 原貫太のブログ

 

ソーシャルビジネス(社会的企業)

ソーシャルビジネスとは、収益を生み出すビジネスでありながらも、同時に社会問題の解決を目的とするビジネスのことです。日本語では社会的企業と呼びます。

 

3つ目のNGOは、その活動のほとんどが寄付によって支えられていますが、ソーシャルビジネスは寄付に頼ることなく、自らがビジネスを通じて収益を挙げながら、持続可能な形で社会問題を解決する点にあります。

 

例えばウガンダの貧困層の女性たちを雇い、バッグ作りをしているRICCI EVERYDAYは、ソーシャルビジネスの一つの具体例です。

 

フリーランス国際協力師

世界を救う仕事

2019年から僕はフリーランス国際協力師になった

 

5つ目はフリーランス国際協力師です。記事を書いているこの僕が、フリーランス国際協力師です。

 

「自由に働きながら、世界を救う。」これがフリーランス国際協力師のコンセプトです。

 

フリーランスとは、会社や政府など特定の組織に所属することなく、個人で自由に仕事をする働き方を指します。一方の国際協力師とは、「生活するのに十分な収入を得ながら、国際協力を仕事としてやる人」を指します。

 

この2つの言葉を合体させたのが、フリーランス国際協力師です。

 

★関連記事★

国際協力師とは?定義、資格、給料、新しい働き方まで徹底解説【初心者必見】 - 原貫太のブログ

 

僕は今、アフリカのウガンダ共和国で学校に通えない子供たちを救う仕事をしています。子供たちを助けるボランティア活動をしながら、同時にブログを書いたり、YouTubeをやったりすることで、生活するためのお金を稼いでいます。

 

ぜひ、僕のYouTubeチャンネルもチェックしてみてくださいね。

フリーランス国際協力師原貫太のYouTubeチャンネル

 

世界を救う5つの仕事 まとめ

世界を救う仕事

NGO職員として、難民の子供たちに文房具を手渡した

 

戦争や貧困で困っている人たちを助けたり、壊れていく地球環境を救ったりする仕事を国際協力と呼び、そういった世界を救う仕事として

 

  1. 国連職員
  2. ジャイカ職員
  3. NGO職員
  4. ソーシャルビジネス
  5. フリーランス国際協力師

 

の5つを紹介しました。

 

この5つ以外にも、国際協力を仕事にする方法として、例えば「開発コンサルタント」や「政府機関の専門家」といった仕事もあります。

 

より詳しく国際協力を仕事にする方法やそれぞれの給料がどれくらいか知りたい方は、以下の記事も読んでみてくださいね。

国際協力を仕事にするには?具体的な7種類の職業を紹介します

 

僕のYouTubeで国際協力の入門書を10冊紹介しているので、国際協力のことをもっと勉強したくなった人は、以下の動画も観てみてください。

国際協力の本ならコレ!おすすめ本10冊を厳選して紹介します!