原貫太のブログ

フリーランス国際協力師原貫太のオフィシャルブログです

水泳

クロールのローリングにはデメリットが多い?!【タイムが伸びない人は要チェック】

実はクロールのローリングには、デメリットが多いことを知っていましたか?ローリングすると体幹がぶれて水の抵抗が増え、力の入れにくい場所から手を掻くことになります。ローリングしない「2軸クロール」も解説しました。効率的な泳ぎ方を知りたい方は、ぜ…

クロールを長く泳ぐ4つのコツ【体が沈んでしまう人は必見です】

クロールを長く、楽に泳ぐためのコツが知りたいですか?この記事ではキックの打ち方や姿勢の保ち方を中心に、クロールを長く泳ぐコツを全部で4つ紹介しています。泳いでいてすぐに疲れてしまう人や、体が沈んで前に進めない人は、ぜひ参考にしてください。

2軸クロールとは?1軸クロールとの違いからメリットまで解説【ローリングはするな】

2軸クロールに興味がありますか?近年トップスイマーの多くが導入している2軸クロール。2軸クロールは1軸クロールと何が違うのか? 2軸クロールにはどんなメリットがあるのか? 2軸クロールを理解し、タイムを伸ばしたい方はぜひご覧ください。

水泳のスランプを脱出するには?僕はきつい時期を、こうやって乗り越えた

水泳の練習って、マジできついですよね。それなのにタイムが伸び悩むスランプに陥ると、さらに苦しい。水泳選手はスランプのきつい時期をどう乗り越えればいいのか?僕自身のスランプ経験談を用いながら、5つの方法を紹介します。水泳がきつい人は、ぜひご…

水泳の怪我リスクを減らす3つの方法【後悔する前に、要チェック】

水泳にも怪我はあります。水泳肩や、平泳ぎ膝が代表的な水泳の怪我です。僕は怪我を患ったことで、一時期は練習ができなくなりました。怪我のリスクを減らすためには、どんな方法があるのか?怪我をしてから後悔しては遅いです。今すぐにチェックしましょう!

クロールを速く泳ぐコツは"水の抵抗を減らす" 50mベスト24秒の元スイマーが解説

クロールを速く泳ぐコツを知りたいですか?水泳というスポーツにおいて、速く泳ぐためのコツは大きく二つ「水の抵抗を減らす」「自分の力を推進力に変える」ですが、中でも大切なのが一つ目。今注目されている2軸クロールについても解説しました。速く泳ぐコ…

【タイムが伸びない人へ】僕が水泳を始めて2年で全国大会に出場できた理由

中学生から水泳を始めた僕が、なぜたった2年間で50mクロールのタイムを12秒も伸ばし、全国大会に出場できたのか?この間、タイムが伸びない時期は全くありませんでした。その理由は大きく二つです。僕が全国大会に出場するまでのサクセスストーリーをお伝え…