原貫太オフィシャルブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。

水泳

クロールはローリングしない方がいい!?3つのデメリットを解説します

高校3年生の時、50mクロールを24秒で泳いでいた原貫太(@kantahara)です。今日は一緒にインターハイに出場した高校時代の先輩と横浜国際プールで泳いできました。 僕が現役スイマーだった頃は「クロールはローリングをしながら泳ぐのがあたりまえ」と思っ…

クロールを長く泳ぐコツは4つ!元トップスイマーがわかりやすく解説します

高校生の時、50mクロールが24秒だった原貫太です。この記事を書くため、さっきまで近くの市営プールで泳いできました(笑) 現役選手の頃、僕は短距離専門だったので、当時は「どうすればもっと”速く”クロールを泳げるようになるか?」ばかり考えていました…

2軸クロールとは?1軸クロールとの違いは?わかりやすく解説します

50mクロールの生涯ベスト記録が24秒20の原貫太(@kantahara)です。 このタイムは高校3年生のときに短水路(25mプール)で出したものです。現役の水泳選手はとっくの昔に引退しましたが、最近も運動のため時々泳いでいます。 この記事では、近年多くのトッ…

水泳スランプを脱出する5つの方法 高校2年生でレギュラーから外された体験談も

水泳のスランプって、マジできついですよね。 僕も現役の水泳選手だった時、高校2年生の夏に初めてのスランプが訪れました。苦しい練習を毎日こなしてきたのに、タイムはずっと伸び悩んでいる。 メドレーリレーのレギュラーから外され、人生初の「補欠」を…

水泳の怪我を予防するには?中学生で50m自由形25秒だった元全国スイマーが解説

50メートル自由形の生涯ベスト記録が24秒20の原貫太(@kantahara)です。 僕が水泳を始めたのは中学生になってから。初めて計測した50mクロールのタイムは37秒80でしたが、二年後には25秒74をたたき出し、全国中学にも出場することができました。 ★関連記事★…

クロールを速く泳ぐ方法 中学生で50mクロール25秒を出した元スイマーが解説

中学生で50メートル自由形が25秒33だった原貫太(@kantahara)です。今回はクロールを速く泳ぐコツを解説します。 水泳というスポーツにおいて、速く泳ぐために必要な要素は大きく2つ 水の抵抗を減らす 自分の力を推進力に変える です。中でも大切になるの…

50m自由形のタイム37秒8だった僕がたった2年で水泳全国中学に出られたわけ

50メートル自由形37秒8から始まった僕の水泳人生。 「小学生の記録?」と思った人もいるかもしれませんが、安心してください。僕が中学一年生の5月に出したタイムです。遅い! 小学生の頃からバリバリ水泳をやっていたわけではないのに、僕は中学生で本格的…