原貫太のブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。国際協力やNPO・NGO、アフリカの問題、フリーランスの働き方など様々なテーマを解説しています。

アフリカを一人旅するなら、おすすめはルワンダ・ウガンダ・ケニアです【理由は4つ】

「アフリカを一人旅するのにおすすめの国はどこか?」と質問されたら、僕はルワンダ、ウガンダ、ケニアの3ヶ国をおすすめします。

 

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。日本とアフリカを3か月おきに往復しながら、国際協力を仕事にしています。

 

一人旅(バックパッカー旅)のみならず、初めてアフリカを旅行する人にもルワンダ・ウガンダ・ケニアの3ヶ国をおすすめします。

 

 

こちらの記事もよく読まれています➡アフリカを女子一人旅するのは危険?5ヶ国訪問した女子大生の体験レポート - 原貫太のブログ

 

アフリカ一人旅にこの3ヶ国をおすすめする4つの理由

アフリカ一人旅にルワンダ・ウガンダ・ケニアをおすすめする理由は4つ、

 

  1. 90日間3ヶ国を自由に行き来できる「東アフリカ観光ビザ」があるため、ビザ代を節約できる
  2. 比較的治安が良い。ルワンダは女性一人でも夜に出歩けるほど。多分アフリカで一番安全。
  3. 日本人在住者が多く、ネット上の観光情報も豊富。また、世界中からバックパッカーが集まっている。
  4. アフリカの「成長」も「貧困」も両方見ることができる

 

アフリカ一人旅の味方!3ヶ国を自由に行き来できる東アフリカ観光ビザがある

アフリカ 一人旅 おすすめ

ウガンダ首都カンパラの様子


一人旅のバックパッカーにとって、ビザ料金は抑えられるだけ抑えたいですよね。

 

でも、安心してください。ルワンダ・ウガンダ・ケニアなら、90日間この3ヶ国を自由に行き来できる「東アフリカ観光ビザ」というものがあります。

 

このビザ、期間内であればこの3ヶ国を何回でも往復することが可能です。ちなみにルワンダとウガンダ、ウガンダとケニアのように、2ヶ国だけを旅行する人も利用できます。

 

それぞれの国のシングルエントリービザを個別に取得すると

 

  • ルワンダ…30USD(米ドル)
  • ウガンダ…50USD
  • ケニア…50USD

 

合計で130USDがかかりますが、東アフリカ観光ビザなら100USDで取得できます。手続きも一回で済みますし、この3ヶ国を旅する人には出発前に東アフリカ観光ビザを取得しておくことをおすすめします。

 

シングルエントリービザは一度入国すると失効しますが、東アフリカ観光ビザであれば再入国も可能です。東アフリカ観光ビザを取っておけば、この3ヶ国を旅している限り90日間はビザの心配をする必要がありません。

 

なお、ルワンダ・ウガンダ・ケニア以外の国に一度でも出てしまうと東アフリカ観光ビザは使えなくなってしまうので、タンザニアやエチオピアにも行こうと考えている人はご注意くださいね。

 

ルワンダは女性一人旅にも優しい!3ヶ国とも治安は安定している

アフリカ 一人旅 おすすめ

ルワンダ首都キガリのバスターミナル


アフリカの一人旅にこの3ヶ国をおすすめする理由は、基本的に治安がいいからです。

 

特にルワンダは「夜、女性が一人で出歩いても大丈夫」と言われることもあるくらいです。一人旅でルワンダに行った女子大生の知り合いも何人かいます。ルワンダの治安は以下の記事で解説しました。

ルワンダの治安、2020年版も!アフリカで一番治安がいいって本当? - 原貫太のブログ

 

ウガンダも、首都カンパラは少し治安が悪いですが、それでも用心すれば夜も出歩けます。また、田舎に行けば行くほど治安は良くなりますね。

ウガンダの治安、2020年版も!日本人在住者が安全対策を解説します - 原貫太のブログ

 

ケニアの首都ナイロビはたしかに治安は悪いので、バックパッカーの人は要注意です。事前にしっかりと情報収集をしましょう。

 

ただ、そんなナイロビにも日本人在住者はいますし、世界中から一人旅で訪れるバックパッカーもたくさんいます。

 

いずれにせよ3ヶ国とも周辺アフリカ諸国に比べると治安は安定しているので、一人旅におすすめです。

 

世界中から一人旅のバックパッカーが来る。日本人在住者が多く観光情報も豊富

アフリカ 一人旅 おすすめ

ウガンダ首都カンパラの様子


ルワンダ、ウガンダ、ケニアは日本人在住者が多く、また一人旅を含めて旅行で訪れる日本人も多いため、観光情報も豊富です。

 

ちなみにですが、3ヶ国ともJICAの海外ボランティア青年海外協力隊も派遣されています。

 

僕もルワンダやウガンダの旅行情報はこのブログでたくさん書いていますし、ググればケニアの情報なんていくらでもあるはずです。例えば以下の記事では、ウガンダ&ルワンダを旅行した経験を元にアフリカ旅行の費用を紹介しています。

アフリカ旅行の費用は?旅費を5万円以上節約する4つの裏技も紹介します - 原貫太のブログ

 

この3ヶ国には、ヨーロッパやアメリカなど、世界中からバックパッカーが訪れています。一人旅で来ている人もたくさんいるため、「旅人らしい出会いがしたい」という人は、ゲストハウスやドミトリーに宿泊するのもいいでしょう。

 

ルワンダ・ウガンダ・ケニアでも、宿泊施設・民宿を貸し出す人、借りたい人を繋ぐサービス「Airbnb」を利用することができます。現地の人と交流したい人は、ホテルではなくAirbnbで宿泊先を探すこともおすすめします。

 

こちらのリンクから登録すると初回旅行で使える3,700円分のクーポンが手に入ります。

 

アフリカの「成長」も「貧困」も両方見れるから

アフリカ 一人旅 おすすめ

ウガンダ北部グル市の様子


個人的にですが、「アフリカを一人旅してきました」とSNSに投稿している人が、モロッコやエジプトにしか足を運んでいない様子を見ると少しだけガッカリします(笑)

 

というのも、サハラ砂漠より北の国々は、南の国々とは雰囲気が違うんですよね。モロッコはヨーロッパとアフリカの融合、またエジプトは中東とアフリカの融合なんて呼ばれることもあります(まぁ、僕は行ったことないので偉そうなこと言えないのですが…)

 

日本人がイメージするいわゆる”アフリカ”に行きたいのであれば、サハラ砂漠より南、いわゆる「サブサハラ」を旅行してほしいです。

アフリカ 一人旅 おすすめ

イメージ的にこんなアフリカ。伝わるかな(笑)

 

ルワンダ・ウガンダ・ケニアなら、各国とも近年は目覚ましい「成長」を見せていますし、一方でまだまだ「貧困」生活を送る人もいます。この3ヶ国なら間違いなく、アフリカのポジティブな面もネガティブな面も、両方を見ることができるでしょう

 

 

ということで、これからアフリカを一人旅したい人には、ルワンダ・ウガンダ・ケニアをおすすめします。記事の中では書きませんでしたが、この3ヶ国なら基本的に英語も通じると考えて問題ありません。

 

アフリカを一人旅するのに必要な費用は、この記事で書きました。あわせて読んでみてくださいね。

アフリカ旅行の費用は?旅費を5万円以上節約する4つの裏技も紹介します - 原貫太のブログ