原貫太オフィシャルブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。

コンゴ紛争の現在 2018年、シリアより深刻なコンゴに目を向けてほしい

第二次世界大戦以降に起きた紛争で、最も多くの犠牲者を出している紛争は、どの国で起きているものかご存じだろうか。

 

シリア、イラク、アフガニスタン、パレスチナ、ウクライナ…。そんな答えが頭に浮かんだかもしれない。

 

正解は、コンゴ民主共和国。第二次世界大戦以降に起きた紛争、また今も戦争をしている国としては最多である、600万人以上の犠牲者を産み出している。

 

多くの人にとっては、意外な答えだったかもしれない。なぜなら、「数字」に繋がらないコンゴ紛争の惨状が日本で報じられることなど、ほとんど無いからだ。

f:id:KantaHara:20180107213303j:plain

photo by Julien Harneis

 

 

コンゴの避難民は世界最多

コンゴ民主共和国では紛争や武装勢力の影響によって、昨年だけでも170万人が避難民となっている。ノルウェー難民評議会は先月6日、「これは巨大危機だ。人々が暴力から逃げるそのスケールはとてつもなく、シリアやイエメン、イラクを凌ぐペースだ」発表している。コンゴでは昨年、平均して毎日5,000人が家を追われたことになる。

 

UNICEF(国連児童基金)は先月12日、コンゴ民主共和国南西部カサイで、5歳以下の子ども40万人以上が深刻な栄養失調状態にあり、緊急支援が行われなければ2018年の間にも亡くなる恐れがある警告した。

 

ユニセフ・コンゴ民主共和国事務所のタジュディーン・オイウェイル(Tajudeen Oyewale)代表代理は、「何か月にもわたり多くの家族が厳しい避難生活を強いられていることによって、カサイ地方の深刻な栄養失調や不安定な食料供給がもたらされている」と述べている。

 

 

性暴力が横行するコンゴ東部

南西部カサイの治安が悪化する一方で、コンゴ東部は「女性にとって世界最悪の場所」と称されることもある。

 

コンゴ紛争では、深刻な数の「女性に対する性的暴力の被害」が報告されている。国連人口基金によれば「1998年以降、推定20万人の女性と少女が被害を受けた」と言われる。

 

成人女性だけでなく、中には幼い女の子までもが対象になることもある。

www.kantahara.com

 

 

コンゴの人道危機は中東よりも深刻

2018年に入り、コンゴでは1300万人以上もの人が緊急支援を必要としており、昨年の同じ時期より約600万人も多くなっている。コンゴでは、2016年12月までに退陣する予定だったカビラ大統領に対する抗議活動が度々起きており、首都キンサシャから離れた地域でも武装勢力が跋扈する原因となっている。

 

先月6日にBBCが報じた「DR Congo displacement crisis 'worse than Middle East'」(コンゴ民主共和国の避難民危機は"中東よりもさらに悪い")は、この国の惨状がいかに厳しい状況にあるか、いかに世界から関心を向けられていないかを物語っている。

 

シリアやイラクで続く紛争がメディアを通じて私たちに届けられる一方、これほどの紛争が今なお続いているにもかかわらず、コンゴ紛争が取り上げることは少ない。日本においては、この紛争の存在すら知らない人がほとんどだろう。

 

もしかしたら、「コンゴ民主共和国」という国自体もそれほど知られていないかもしれない。

 

 

かつてノーベル平和賞受賞者のエリ・ヴィーゼル氏は、「愛の反対は憎しみではなく、無関心だ。」と言った。2018年、コンゴで今も起きている人道危機に目を向けてみてほしい。

 

 

 追伸:書籍『世界を無視しない大人になるために』の紹介

国際協力とは

 

記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。改めまして、フリーランス国際協力師として活動する原貫太と申します。

 

 

記事の中では色々と偉そうに語ってしまいましたが、かく言う僕自身、これまでのアフリカでの支援活動では、何度も壁にぶつかってきました。

 

14年間も戦場に駆り出されてきた元子ども兵士の女性。目の前で両親を殺されたと涙ながらに話す難民の女の子。精神障害を抱え、一人寂しそうに地面を見つめる難民の男の子。

 

普段は日本の大学生として生活し、恵まれた環境で暮らしているからこそ、彼らと直接出会う中で「どうして世界はこんなにも不条理なのか」と、何度も涙を流しました。

f:id:KantaHara:20190130161400j:plain

本の中でも紹介した精神障害を抱える南スーダン難民の男の子。足元には汚物が溜まり、全身にハエがたかっていた。この光景を今も忘れることができない。

 

 

でも、自分なりにそこで感じる葛藤とうまく向き合いながら、これまでアフリカでの活動を続けることができました。その軌跡をまとめたのが、僕の処女作『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』です。

 

 

あなたはこの記事を「戦争」や「紛争」といった単語で検索し、見つけてくれたと思います。

 

これもきっと何かのご縁です。この機会にぜひ、僕のアフリカでの経験を描いた『世界を無視しない大人になるために』も読んでくださると嬉しいです。

 

 

この本は執筆から装丁、印刷まですべて自分で行った自費出版本です。もしかしたら、「素人が書いた本なんかに700円も払えない」と思われてしまうかもしれません。

 

でも、これまで約2,000人の方がこの本を手に取ってくださり、そしてたくさんの評価をいただくことができました。ほんの一部ではありますが、いくつか本を読んでくださった方の感想を紹介します。

 

 

今世界で起きている戦争に関心ある人であれば、絶対に刺さる「何か」があると思います。第一章まで全文を無料公開しているので、こちらもあわせてご覧ください。

www.kantahara.com

 

アフリカで出会った元子ども兵や難民ひとり一人のストーリーを中心に描いた一冊、『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』。

 

ぜひこの機会にご覧ください。よろしくお願いいたします。

 

 

▼紙版の購入はこちら▼

 

▼Kindle版の購入はこちら▼

 

 

なお、『世界を無視しない大人になるために』はKindle Unlimited登録作品のため、30日間のKindle Unlimited無料トライアル*を利用すれば無料で読むことができます。こちらもご活用ください。

 

*31日目を迎える前にKindle Unlimitedを解約すればお金はかかりません。