原貫太オフィシャルブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。

ウガンダを観光する人向けに6日間プランを現地在住者が作ったよ

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。日本とウガンダを往復しながら国際協力を軸に多様な働き方を実践しています。

 

ウガンダを観光で訪れる人向けに、6日間のプランを勝手に作ってみました。ネットで検索すると色々なウガンダの観光情報が出てきますが、一応僕はウガンダで生活している人間ですし、この観光プランに従っておけば間違いありません(ドヤ顔)

 

プランは現地滞在6日間を想定しています。これからウガンダを観光する人は、このプランを一つの基本として考えてみてくださいね。

 

 

ウガンダ観光1日目 エンテべ→カンパラ移動

ウガンダ 観光

 

日本からウガンダに行く時、多くの人がカタール航空、もしくはエチオピア航空を利用すると思います。例えば羽田・成田出発のカタール航空を利用する人は、エンテべ国際空港には14時過ぎに到着するはずです。

 

ウガンダを観光する人は、まずは首都カンパラに滞在するでしょう。渋滞の状況にもよりますが、エンテべ国際空港からカンパラ中心地までは車で約2時間必要です

 

空港でもタクシーは拾えますが、可能であればウガンダに来る前に旅行会社や日本人の知り合いを通じてピックアップに来てもらえるといいですね。交渉にもよりますが、エンテべ→カンパラは80,000~100,000ウガンダシリング(≒2,500~3,200円)になります。

 

時間的に余裕があれば、観光がてらアフリカ最大の淡水湖「ビクトリア湖」に寄り道してもいいかもしれません。運転手に伝えたら連れて行ってくれるはずです。

ウガンダ 観光

 

カンパラに到着した後は長旅で疲れた体をホテルで癒したり、軽く市内を散策してみるといいですね。

 

ウガンダ観光2日目 カンパラ→マーチソンフォールズ国立公園北バンク

ウガンダ 観光

 

ウガンダを観光する人の多くはサファリに行きたいはずです。

 

ウガンダにはいくつかの国立公園(サファリ)がありますが、どのサファリを観光するかまだ決めていない人は、北西部にある最大規模の「マーチソンフォールズ国立公園」をおすすめします

 

カンパラの渋滞状況にもよりますが、車で約5時間で到着します。渋滞にはまらないようにするため早朝に出発しましょう。平日の場合、朝7時以降は道がかなり混雑します。

 

ちなみにウガンダ西部にあるクイーンズエリザベス国立公園も観光客に人気ですが、2019年4月にアメリカ人観光客が武装組織に誘拐される事件が起きています。(後日無事に解放)

 

当時、在ウガンダ日本大使館からもクイーンズエリザベス国立公園にはできる限り近寄らないよう勧告メールが届きました。これから観光を計画する人は、治安の観点からもクイーンズエリザベスではなくマーチソンフォールズ国立公園をおすすめします。

 

サファリ観光をするなら車とドライバーを手配しよう

ウガンダ 観光

 

サファリ観光するなら、ドライバーと車を手配することが必要です。中には自分で運転してサファリに行く外国人観光客もいますが、ウガンダの交通事情はめちゃくちゃです。安全を考慮し、車の運転は現地人に任せてください

 

ドライバーと車の手配ですが、主に

 

  • 在ウガンダの旅行代理店に手配してもらう
  • 宿泊先のホテルに手配してもらう

 

の2つの方法があります。手間を考えると後者の方がおすすめですが、ゲストハウスなど安宿に泊まる場合は難しいため、前者の方法を取ってください。

 

ドライバーに支払う賃金や車のレンタル費用に関しては「ウガンダのサファリならマーチソンフォールズ!行き方・費用・持ち物まとめ」の中で解説しているので、こちらの記事を参考にしてください。

 

サファリは国立公園の「北バンク」にある

ウガンダ 観光

 

マーチソンフォールズ国立公園は川を挟んで「北バンク」「南バンク」に分かれています。野生動物がいるサファリエリアは「北バンク」になります。

 

首都カンパラからマーチソンフォールズ国立公園を目指すと、

 

カンパラ

↓ 5時間

マーチソンフォールズ国立公園南バンク入口

↓ 1時間

南バンクと北バンクを繋ぐフェリー乗り場

↓ 30分

北バンクのサファリ(←ここが一番の見所)

 

と、野生動物がいるサファリに到着するまで約7時間必要です。サファリ観光をするなら最低でも2日は用意しましょう。入場チケットは一泊二日から購入できます。

 

観光客の多くが宿泊する“Paraa Safari Lodge”

ウガンダ 観光

 

サファリがある北バンクのホテルはParaa Safari Lodge しかありません。外国人観光客のほとんどがここに泊まります。一泊あたりシングルルーム207ドル、ダブルルーム318ドルと高額ではありますが、

 

  • 部屋のベランダからサファリを一望できる
  • 部屋が超綺麗。ベッドもふかふか
  • もちろんシャワーはお湯が出る
  • 朝食はビュッフェ形式で豪華

 

など、絶対満足できるホテルです。自信を持ってお勧めします。

 

なお、長期滞在の研究者やウガンダ人観光客が宿泊するドミトリー(一泊8ドル)もありますが、

 

  • シャワーやトイレが共同。外にあるため部屋を出る必要がある
  • 簡易な二段ベッド。疲れは取れにくそう
  • サファリのため蚊に刺されるとマラリアの危険性も

 

など、日本人観光客にはおすすめできません。健康と安全はお金で買ってくださいね。

 

なお、僕が訪れた時はクリスマスシーズンだったこともあり、ホテルは観光客でいっぱいでした。到着してから泊まれないと大変です。出発前にネットから部屋を抑えておきましょうこちらのページ から予約できます。

 

 

ウガンダ観光3日目 マーチソンフォールズ国立公園南バンク→カンパラ

ウガンダ 観光

マーチソンフォールズ国立公園エントランス

 

もっとたくさんの動物を見たい人は、早めに起きてサファリに行きましょう。ライオンは早朝のサファリに行くと出会える確率が高いらしいです。

 

もう動物は十分という人はフェリーで川を渡り、今度は南バンクで巨大な滝を楽しみましょう。運がいいと虹も見えますよ。

ウガンダ 観光

 

先述の通り、マーチソンフォールズ国立公園からカンパラまでは片道約5時間かかります。基本的に舗装された道路ではありますが、荒い運転をするウガンダ人も多いため、あまり夜遅くなると危険です。

 

遅くとも14時前後には国立公園を出発するようにしてください。

 

 

ウガンダ観光4日目 赤道&ビクトリア湖訪問

ウガンダ 観光

赤道にて

 

4日目はウガンダ観光のベタ中のベタ、赤道です。

 

インスタ映えするかどうかは分かりませんが、北半球と南半球を股にかけている写真はSNSにアップするとそれなりにいいねが付くので、記念に撮影したい人はぜひ行ってみてください。

 

ただ、ネタバレして申し訳ないのですが、赤道モニュメント以外はぶっちゃけ大したことないです(笑)僕も5回目のウガンダ滞在で初めて足を運んでみたけど、想像以上にショボかった…。

 

せっかく赤道方面を目指すなら、途中の街や村にも立ち寄ってみることをおすすめします。このタイミングで一緒にビクトリア湖を訪問してもいいですね。

 

なお、赤道からさらに2時間くらい西に進むと‟Lake Mburo National Park”という国立公園があります。マーチソンフォールズ国立公園に比べると規模はかなり小さいですが、ムブロ湖で集団生活しているカバは迫力あります。

ウガンダ 観光

 

“Lake Mburo National Park”はウガンダの中で唯一日帰りで観光できる国立公園です。マーチソンフォールズ国立公園まで行く時間がない人はこちらを観光してみてください。

 

ウガンダ観光5日目 カンパラ市内散策

ウガンダ 観光

 

5日目は首都カンパラの散策です。おすすめ観光スポットは4つあります。

 

ナカセロ・マーケット

ウガンダ 観光

 

ウガンダで最大のローカル・マーケットです。地元の人たちでいつもにぎわっています。ローカルライフを見てみたい観光客におすすめします。

 

ただマーケットは人が多く、スリに遭うリスクが高いです。カバンは前に抱えるようにして持つ、必要以上の貴重品はホテルに置いておくなど、安全対策に努めてください。

 

ゆっくり歩いたり、写真をバンバン撮ったりなど、明らかに観光客であることが分かると格好のターゲットになります。できる限り早足で歩く、写真は必要以上に撮らないなどを意識してください。

 

カダフィ・モスク(Kampala Central Mosque)

ウガンダ 観光

 

カンパラ中心部にある最大のモスクです。リビア元大統領であるカダフィが建設費用を出したことからこの名前が付けられました。

 

個人的にはカンパラ市内でおすすめの観光スポットです。モスク内部にあるタワーに上がるとカンパラ市内を一望することができます。

 

ですが、実際登ってみるとかなりの高さがあるので、高所恐怖症の人にはおすすめできません(笑)

 

なお、カダフィ・モスクは入場料が15,000ウガンダシリング(≒500円)かかります。

 

アカシア・モール(The Acacia Mall)

ウガンダ 観光

 

カンパラ最大のショッピングモールです。外資系飲食店やアパレルメーカー、高級カフェなどが入っています。正面右のカフェ「Cafeserrie」は常に外国人観光客でいっぱいです。

 

ある意味、ウガンダで最も「発展」している場所です。時間がある人はアカシア・モール目の前のトルコ料理店「MEGA」でお昼ご飯を食べることをおすすめします。

 

クラフト・マーケット(Craft Market)

ウガンダ 観光

 

さいごはクラフト・マーケットです(写真はクラフト・ビレッジ)外国人観光客に人気の土産屋マーケットになります。

 

服やバッグ、小物など、あらゆる土産屋が店を構えています。僕は以前ゴリラのTシャツを買いました。

 

クラフト・マーケットは普段から観光客が多い場所ですが、中には外国人であることに目を付けて料金を釣り上げてくる店員もいます。買うことを決める前に価格交渉してみましょう。

 

ウガンダ観光6日目 カンパラ→エンテべ国際空港

ウガンダ 観光

 

カンパラでやり残したことがある方、行きそびれた観光スポットがある方は最終日に済ませましょう。

 

ただ、カンパラからエンテべ国際空港に向かうまでは片道約2時間かかります。渋滞にドはまりするとそれ以上かかる場合もあるので、余裕を持ってカンパラを出発するようにしてください。

 

 

ウガンダ観光のTips&おすすめの食べ物紹介

ウガンダ 観光

 

さいごに、ウガンダを観光する上でのTipsやおすすめの食べ物を紹介します。

 

移動にはUberを利用しよう

ウガンダ 観光

 

マーチソンフォールズ国立公園に行く時など遠出する時は別ですが、カンパラ市内を移動する時は配車アプリUberを使ってください。

 

料金も安く、値段は移動距離と時間をもとにアプリが算出してくれるため、ドライバーと交渉する必要がありません。クレジットカード決済も可能です。

 

ウガンダでUberを使う方法はこちらの記事に詳しくまとめています。あわせて読んでください。

www.kantahara.com

 

バイクタクシーは使わない方がいい

ウガンダ 観光

 

ウガンダ人のほとんどは移動にバイクタクシー(通称ボダボダ)を利用していますが、観光客にはおすすめしません。シンプルに危ないからです。

 

バイクに二人乗りするほか、乗客はヘルメットを使いません。転んでしまえば大けが、最悪は死に至ります。

 

在ウガンダの日本人もみんな「バイクタクシーは危ない」と言っています。僕は自分のヘルメットを着用した上で乗るようにしていますが、観光でウガンダに来ている方は乗らない方が賢明です。

 

どうしてもバイクタクシーを経験してみたい人は、ホテル近場のレストランに行く時など、ちょうっとした距離で使うくらいにしておきましょう。料金は運転手との交渉次第ですが、1~2分乗るくらいなら1,000~2,000ウガンダシリング(≒30~60円)払えばOKです。

 

ウガンダのソウルフード「ロレックス」を食べてみよう

ウガンダ 観光

 

ウガンダ人にとってのソウルフード、B級グルメである「ロレックス」はぜひ食べてみてください。

 

インドから中近東にかけて食される平焼きのパン「チャパティ」でオムレツを巻き、トマトを添えた食べ物です。僕はいつもこれにキャベツを追加してもらっています。

 

値段も非常に安く、ウガンダ在住の日本人にも人気です。ただ非常に脂っこい食べ物のため、あまり食べ過ぎると太ります(笑)お気を付けください。

 

さいごに

ウガンダを観光する人向けに6日間のプランを作ってみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

以下にウガンダ旅行(アフリカ旅行)関連の記事をいくつか掲載しておきます。あわせて読んでみてください。

 

▼ウガンダの治安についてはこちらで解説しています。

www.kantahara.com

 

▼ウガンダ旅行の持ち物リストはこちらにまとめています。

www.kantahara.com

 

▼ウガンダ旅行に必要な費用はこちらを参考にしてください。

www.kantahara.com

 

▼ウガンダ以外にもルワンダやケニアも観光したい人はこちらも読んでください

www.kantahara.com

 

▼ウガンダ旅行中にどんな服装をすれば良いかはこちらにまとめています。

www.kantahara.com

 

▼ウガンダのクレジットカード事情はこちらで解説しています

www.kantahara.com

 

▼ウガンダを女子一人旅する予定の人はこちらも読んでください

www.kantahara.com