原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から仕事論、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

大学生が海外へ行くこと自体は、全く凄いことではない。

世界に飛び出て仕事したいなら英語は必須アイテム。僕は1年間DMM英会話を続けてスピーキング能力を向上させました。まずは話すことに対する「抵抗感」を無くすことから!

無料体験レッスン(2回)を受けてみる

スポンサーリンク


f:id:KantaHara:20170930012009p:plain

 

 

大学1年の春に人生初の発展途上国であるフィリピンへと足を運び、その後は立ち上げた学生団体の代表としてバングラデシュへ2回渡航。大学3年の夏からはアメリカへ交換留学で渡り、その後はインターンシップや起業でウガンダで活動。

 

20代前半から海外に度々足を運んでいると、周りの人からこれまら何度も「グローバルですね!」「国際人で凄い!」などと声をかけてもらっている。が、今の時代は、アジアにせよアフリカにせよ、海外へと足を運ぶこと自体は凄くない。

 

基本的に、パスポート、航空券、国によってはVISAがあれば、海外へは渡航できる。まぁ、さすがにこれだけだと少ないので、衣服や薬、その他の携行品を持っていくことになるのだが、つまりは「お金」さえあれば海外へは行ける。

 

最近ではLCC(Low-Cost Carrier)の発達によって航空券代も安くなったため、ひと昔前は富裕層や一流ビジネスマンの特権であった海外渡航のハードルは、急激に下がってきた。大学生でもアルバイトをすれば十分に手が出せる。

 

もう一つ必要なのは、時間だ。仕事や家庭を持つと、海外旅行に必要なまとまった時間を取ることは自ずと難しくなる(知り合いの「社会人」は有給と夏休みを消費してウガンダまでやってきたが)

が、大学生には十分すぎるだけの時間があるため、休学などの制度も考慮すれば、少なくともこの期間に時間の問題で海外へ行く事を諦める理由は無い。

 

だから、今の時代、特に僕のような大学生が海外へ行くこと自体は、全く凄いことではない。上述しているように、どんな目的を達成するために、現地では何をして、そして帰国後、もっと言えば今後の人生にどのように活かしていくかを考えることが大事なのだ。

 

「大学生は海外へ行くべきだ!」と一様に叫ばれることがある。確かに、異文化に触れることや、日本語が通じない場所でのコミュニケーションを取ることは、その人の「成長」に繋がるだろう。ただ、海外へ行くこと自体が目的化してしまっては、当然得られるものは相対的に少なくなる。

 

だからこそ、海外に関心を持つきっかけは何でもいいから、どんな目的を達成するため、現地では何をして、そしてその後の人生にどのように活かしていくかを、後付けでもちゃんと考えておくこと。

 

自分自身の過去の反省も踏まえて、書いてみた。これから海外へ行く人たちは参考にして下さい。

 

---

インターネットが発達したこの時代に、「英語のスピーキング能力を上げるため」だけに莫大なお金と貴重な時間を使い海外へ留学するの、ほんとアホらしいよ。

 

僕はアメリカに留学する前に既に英語がかなり話せたのだけど、それは一年間DMM英会話をひたすらに続けていたからです。コーヒー1杯分の値段で50分間講師とマンツーマンで話せる上に、アメリカからバングラデシュまで、世界中の様々な「訛り」を体験することができます。

無料体験レッスン×2回を受講してみる

 

これから海外へ行かれる方へ

●トリップアドバイザーで旅行の計画を立てる

僕はパッケージ型の旅行よりも、一人で気楽に旅するスタイルの方が好きです。慣れない異国の環境で、たくさん考え事ができる時間はとても貴重。何よりも安く済ませられる(笑)

 

お得な航空券情報、現地の治安、安全な宿泊場所、オススメのスポット、持っていくべきもの…。今の時代、気になることはすべてインターネットで調べられる。僕はよくTripAdvisor (トリップアドバイザー) を使っています。2億以上の口コミが寄せられているので、ほとんどの情報はここで手に入ります。

 

●出発前には必ず海外旅行保険へ加入する

現地で何かトラブルに巻き込まれ、保険に加入していなかったためにせっかくの旅行や留学が台無しになるのは本当にもったいない!僕は当然、出発前には海外旅行保険に加入しています。

 

アフリカに行く時、僕は2回連続で AIUの海外留学保険 を使いました。補填内容が手厚いので安心。特に長期での旅行、留学をされる方は絶対に加入しましょう。

 

●グローバルWi-Fiを持参する

海外旅行で一番困るのは、何だかんだでネット環境の悪さ。道に迷った時、ホテルに連絡したい時、友達とはぐれた時、すぐにネットが無いとやっぱり困る。宿泊先のホテルのWi-Fiが弱くて、旅先の写真をSNSにアップできない時も意外と萎える(笑)

 

海外でも使えるグローバルWi-Fiで、一番オススメなのは イモトのWiFi 。世界200以上の国と地域をカバーしてる上に、帰国時に空港で返却可能というのも魅力的。先日ウガンダにやって来た友人も持参していたが、普通にスピードが速くてビックリした。値段も定額で一日680円~なので、それほど負担にもならない。