原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

ルワンダの治安は?旅行するなら最低限知ってほしい5つの安全対策

1994年のジェノサイドで80万人が亡くなった、東アフリカの小国ルワンダ。ルワンダ内戦の話だけを耳にすると、「危ない」「治安が心配」といったイメージを持つかもしれません。

 

僕は過去2回ルワンダに足を運んでいますが、結論から言います。めちゃくちゃ治安が良いです。 

 

ルワンダ内戦の終結から23年が経ち、国際社会からの援助やルワンダ政府の統治によって、急激な経済成長とともに、首都キガリを含む全土で治安が安定。日本人を含むたくさんの外国人がルワンダを旅行しています。

 

アフリカに初めて足を運ぶ人にもおすすめのルワンダ。旅行者の目線に立ち、現地の治安事情を解説します。

 

 

 

 

ルワンダの治安事情

ルワンダ

 

ルワンダを旅行して、特に印象に残ったのが

 

  • 夜間のバス移動が安全
  • ストリートチルドレンが全然いない
  • ゴミが全然落ちていない

 

の3つです。

 

 

ルワンダでは夜間バスに乗っても安全だった

ルワンダ

 

アフリカの中で、僕が初めて旅行したのはルワンダです。一人旅で不安もありましたが、首都キガリを含めて、ルワンダ旅行中に危険な場面に遭遇したことは一度もありません。

 

ルワンダ旅行で印象に残ったのが、夜間のバス移動です。宿泊先にインターネット環境がなかった僕は、キガリ中心部のカフェで夜遅くまで作業をし、夜9時を過ぎてからバスで帰りました。

 

アフリカはもちろん、途上国を旅行しているときは「夜間の外出は控える」が基本。もし外を出歩くなら、タクシーを使います。でも、僕はルワンダの治安がいいことを元々知っており、また一人旅でお金もあまり持っていなかったことから、公共バスを使いました。

 

スリを警戒しバッグを前に抱えてはいましたが、車内は明るく、危険な雰囲気は感じませんでしたね。ちなみに、種類にもよりますがルワンダのバスにはWi-Fiも付いていましたね。

 

 

ルワンダにはストリートチルドレンが(ほぼ)いない

ルワンダ

 

ルワンダのような経済成長著しい途上国に足を運べば、必ずと言っていいほど路上で生きるストリートチルドレンと出会います。

 

が、首都キガリを含め、ルワンダにはストリートチルドレンがほとんどいませんでした。人が集まるバスターミナルでは何人かストリートチルドレンと出会いましたが(写真上)、それでも数えるほど。また、路上暮らしをする人も、ほとんど見かけません。

 

ルワンダ在住の日本人から聞いた話によれば、治安当局がストリートチルドレンを町から追い出しているらしいです。特に、首都キガリは外国人旅行者が集まるため、政府は自分の国の「汚点」を見せたくないとか。

 

ルワンダではストリートチルドレンやホームレスが少ないため、物乞いに出会うこともほとんどありません。旅行者なら、スリにあう心配が少なく済みます。

 

 

ルワンダは超キレイ。ゴミが全然落ちていない

ルワンダ

 

ルワンダの治安からは少しそれますが、首都キガリでは驚くほどにゴミが落ちていません。清掃が行き届いていることもありますが、ルワンダでは法律でビニール袋の使用が禁止されているためです。

 

例えば、東南アジアのフィリピンでは、スモーキーマウンテンと呼ばれるゴミ山が有名です。そこでは、スカベンジャーという「ゴミ拾いで生計を立てる人」がいますが、ゴミがほとんど落ちていないルワンダでは、ゴミ拾いを仕事にすることは難しいでしょう。

 

ルワンダを旅行したほとんどの人が「キガリは綺麗だった」という感想を残します。

 

 

ルワンダ旅行者ができる5つの安全対策

ルワンダ

 

ルワンダは治安が安定しているとはいっても、日本と同じような感覚で過ごすのは良くありません。ルワンダを旅行する人が、最低限気をつけるべき5つの安全対策を紹介します。

 

 

人ごみでは長時間滞在しない

どんな途上国でも、人がごった返す場所の治安は悪いです。ルワンダも例外ではありません。特に、バスターミナル。ルワンダでストリートチルドレンと出会ったのは、中心部のバスターミナルでした。

 

ルワンダの場合、日没後のバスターミナルではスリや窃盗といった軽犯罪に旅行者が巻き込まれる可能性も考えられます。ルワンダ旅行者は、人ごみでの長時間滞在は避けましょう。

 

 

ホテル選びは慎重に

学生の旅行先としても人気のあるルワンダですが、節約を意識するばかり、セキュリティを考慮せずに宿泊先を決める人がいます。

 

アフリカを旅行していてたまにあるのが、外出中に部屋にしまっていた貴重品を盗まれるケース。中には、鍵を持つ従業員が部屋に入って盗み、そのままどこかへ逃げてしまうこともあります。

 

僕がルワンダを旅行した時は、キガリ到着後にホテルを決めるのではなく、出発前にエクスペディアを使って予約しておきました。ルワンダの場合、ネットに情報を掲載しているホテルの方がしっかりしており、また既に宿泊した人による評価も確認できるからです。

 

 

交通安全に気をつける

ルワンダを旅行する際、最もリスクの高い有事は殺害や誘拐、強盗ではなく、交通事故でしょう。

 

ルワンダのような途上国では、交通ルールやマナーはあってないようなもの。法定速度を超過、割り込みや追い抜きは日常茶飯事です。また、日本やドイツから輸入された中古車が多く、シートベルトが存在しない、いつ故障するかも分からない車がたくさん走っています。

 

ルワンダでは、バイクタクシーを利用する際にはヘルメット着用が義務付けられているなど、比較的交通規制がされている印象は受けました。それでも、安全性を考慮し、援助機関の多くではバイクタクシー利用が禁止されています。

 

僕はルワンダでバイクタクシーを利用する時、「そんなにスピードは出さないでくれ」と運転手に声をかけていました。他にも、通常のタクシーを利用する時はシートベルトを必ず着用するなど、ルワンダ旅行中は交通安全を意識しましょう。

 

 

ルワンダ人でも寄り付かない場所は避ける

言うまでもありませんが、ルワンダの人でも寄り付かない場所には、興味本位でも足を運んではなりません。その意味で、僕はキガリに到着してから、ホテルやレストランのスタッフに「ここだけは行ってはいけない場所はある?」と訊いていました。

 

ルワンダの場合、というか他の国でも同様ですが、国境付近に近寄るのは避けましょう。特に、コンゴ民主共和国東部は、あらゆる武装組織が跋扈する世界屈指の紛争地域。

 

また、2015年のクーデター未遂以降、ブルンジからは難民が流入しているため、国境付近は旅行者が気安く立ち寄る場所ではありません。

 

 

ネット環境を保つ

ルワンダ旅行中、ネット環境を常に保つのも一つの安全対策になります。道に迷ったり、分からないことがあったりしたら、すぐに調べられるからです。

 

SIMフリーのスマートフォンを持っている人であれば、キガリ到着後に携帯ショップでSIMカードを購入できるか聞いてみましょう。

 

数日間から数週間の旅行であれば、日本から海外Wi-Fiレンタルを持参するのもいいでしょう。イモトのWiFi がおすすめです。出発から帰国まで、定額料金でネット環境を確保できる上に、帰国時に空港で返却することが可能なため、レンタルするための手続きも簡単です。

 

\海外Wi-FiレンタルならイモトのWi-Fi/

 

 

リスク管理はしっかりやろう

ルワンダ旅行 

ここまで、ルワンダの治安事情と旅行者ができる安全対策を紹介しました。

 

一方で、どんなに用心しながら過ごしていても、ルワンダのようなアフリカ旅行に予期せぬハプニングは付き物。リスクをまったくのゼロにすることは不可能に近いです。

 

だからこそ、日本のような治安は期待できないルワンダに足を運ぶ際は、海外旅行保険に加入しましょう。海外に何年も足を運んでいるNGO職員も、毎回の渡航で加入しています。

 

現地で何かのトラブルに巻き込まれ、海外旅行保険に加入していなかったためにせっかくの旅行が台無しになるのはもったいないですからね。一週間のルワンダ旅行なら、保険費用は5,000円が平均的な価格です。

 

 

さいごに

ルワンダ

 

アフリカ諸国の中では、ルワンダは間違いなくトップレベルに治安が良いと言えます。初めてアフリカを旅行する人に、ルワンダはおすすめの国です。

 

一方で、日本人の経済レベルとルワンダ人の経済レベルには、大きな差があります。スリや窃盗など、ルワンダを旅行する日本人が犯罪に巻き込まれる可能性はゼロとは言い切れません。

 

怖いのは「慣れ」です。ルワンダに到着し、数日間何も有事が起こらないと、人間だれしも「慣れ」が生じてしまいます。この記事で紹介した5つの安全対策を心掛けるようにしてください。

 

註:最新の治安情報は外務省「海外安全ホームページ」を確認するようにお願いします。

 

 

【追記】ルワンダ旅行の費用を5,000円以上節約する方法

ルワンダ 治安

 

日本のような治安は期待できないルワンダ。リスク管理のため、ルワンダを訪問するなら海外旅行傷害保険への加入は必須だとお伝えしました。

 

しかし、保険費用が加わってしまうため、旅費は高くなってしまいます。例えば、一週間のルワンダ旅行なら、保険費用は5,000が平均的な価格です。

 

保険費用を節約したいなら、海外旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードの持参をおすすめします。年に数回海外旅行をする僕は、三井住友VISAクラシックカード EPOSカードの二枚を使っています。

 

〇三井住友VISAクラシックカード

  • 海外旅行に定番のクレジットカード。最高2000万円まで補償
  • 初年度は年会費無料(2年目以降は1,250円)
  • 旅行関連の代金をクレジット決済すれば保険が適用される
  • 学生に関しては年会費無料

 

〇EPOSカード(エポスカード)

  • ゴールドカード並みの補償内容
  • 年会費がずっと無料
  • 持っているだけでゴールドカード並みの保険が適用
  • 海外旅行を頻繁にする人は必携の一枚

 

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードをルワンダ旅行までに作っておけば、保険費用で支払うはずの5,000円を”0円”にすることが可能になるのです。二枚持ちしておけば、保険の心配をする必要もなくなるでしょう。

 

特に、年会費がずっと無料な上に、持っているだけでゴールドカード並みの海外旅行保険が適用されるEPOSカードは本当におすすめです。一枚持っておけば損はないので、出発までには作っておきましょう。

 

\エポスカードのお申し込みはこちら/

 

※なお、盗難やATM吸い込み被害、また一時的な利用不可になる可能性を考慮し、海外旅行には2枚以上のクレジットカードを持っていくのが鉄則です。2枚目、3枚目のクレジットカードとしても、EPOSカードをご検討ください。

 

 

こちらの記事もあわせてお読みください

www.kantahara.com