原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

クロールを速く泳ぐコツ 中学生で50m自由形25秒を出した経験者が語る

スポンサーリンク

中学生で50メートル自由形を25秒で泳いでいた原貫太(@kantahara)です。

 

今回は「クロールを速く泳ぐコツ」と題し、当時僕が意識していた方法論をまとめました。

 

 

水泳というスポーツにおいて、速く泳ぐために必要な要素は大きく

 

  1. 水の抵抗を減らす 
  2. 自分の力を推進力に変える

 

の2つと言われています。

 

中でも大切になるのが、一つ目の「水の抵抗を減らす」です。当時はいかにして水の抵抗を減らせるかを意識しながら、水泳の練習に励んでいました。

 

僕は中学生になってから水泳を始めた人間ですが、2年間でタイムを10秒以上伸ばし、3年生の夏には全国中学に出場できました。高校生になってからもタイムを伸ばし、最終的には50mクロールを24秒2のタイムで泳ぐ選手になりました。

 

今となっては水泳から遠ざかった生活を送っていますが、中学水泳部時代のストーリーを書いた「50m自由形のタイム37秒だった僕がたった2年で水泳全国中学に出られたわけ」は、毎日たくさんの水泳関係者に読んでもらっています。

 

せっかくなので、水泳部時代の経験や僕が学んだことを活かしながら、クロールを速く泳ぐコツ・方法として、何よりも大切になる「水の抵抗を減らす」について詳しく解説します。

 

 

 

 

クロールを速く泳ぐコツ、それはズバリ”水の抵抗を減らす”こと

クロール速く泳ぐ方法

 

クロールのみならず、水泳において速く泳ぐコツには、大きく以下の2つがあります。

 

  1. 水の抵抗を減らす 
  2. 自分の力を推進力に変える

 

特に大切になるのが、一つ目の「水の抵抗を減らす」です。

 

これから解説しますが、50メートル自由形や100メートル自由形のような短距離種目を泳ぐ人、また身体の大きくなってきた中学生や高校生であれば、いかにして水の抵抗を減らせるかどうかが、速く泳ぐためには欠かせません。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

速く泳ぐためには水の抵抗と勝負しなくてはならない

クロール速く泳ぐ方法

 

水泳というスポーツは、水の抵抗との勝負です。

 

繰り返しになりますが、水の抵抗を減らすことが、タイムを伸ばすこと、効率的に速く泳ぐことに繋がっていきます

 

想像すれば簡単にわかりますが、水泳における水の抵抗は、陸上での空気抵抗とは比べ物にならないほど大きく、一生懸命に泳ごうとすればするほど、余計な水の抵抗が増えてしまいます

 

そのため、体力も消耗してしまい、前半と比べて後半はガクッとスピードが落ちてしまうのです。心当たりある人もいるのではないでしょうか。

 

特に、50メートル自由形や100メートル自由形のような短距離種目では、力の入れ具合も大きく、また泳ぐスピードも速いため、自ずと水の抵抗が大きくなってしまいます。

 

速く泳ぐためにやたら筋トレを頑張る人がいますが、筋力が付けば付くほど泳ぐ時に力が入りやすくなるため、水の抵抗が増えてしまう危険性があります。

 

そのため、水の抵抗という無駄を減らしてから筋力をつける方が、効率的かつ速く泳ぐことができるのです。

 

 

水の抵抗を減らすためには?

クロール速く泳ぐ方法

 

クロールを速く泳ぐコツとして絶対に欠かせない、水の抵抗を減らす。どんな泳ぎ方であっても必要です。

 

水の抵抗を減らすためには、どんな方法があるのでしょうか。

 

 

ボディポジションを高くする

僕が高校生の時、身長が小さく、筋肉も全然ない華奢な身体なのに、50メートル自由形を23秒、100メートル自由形を51秒で泳ぐトップスイマーがいました。

 

どうしてそんなことが可能なのか詳しいコーチに聞くと、「彼のような小柄な選手が速く泳げるのは、ボディポジションがとても高いからだ。」と答えが返ってきました。

 

あたりまえですが、ボディポジションが高くなれば、身体(特に腹部、背部)が受ける水の抵抗は減ります。

 

一心不乱に泳いでいるレースであっても、ボディポジションを高い位置でキープしながらクロールを泳ぐためには、普段の練習から高いボディポジションを意識したり、根本的に自分の泳ぎ方を変えたりする必要があるでしょう。

 

 

ぶれない体幹を鍛える

体幹(身体の頭部と四肢を除く胴体部分)が左右にぶれながら泳いでいると、水の抵抗も増えてしまいます。

 

腹筋や背筋、インナーマッスルを鍛えることでぶれない体幹ができれば、ストリームラインが崩れにくくなり、水の抵抗を減らすことが可能になります。

 

また、50メートル自由形や100メートル自由形のような短距離種目では、キックを継続的に打ち続けることが、速く泳ぐためには欠かせません。体幹がぶれずに泳げるようになれば、自ずと安定したキックを打ち続けることができます。

 

僕が長水路で50mクロール24秒99を出した時は、力強いキックを打ち続けられたのを記憶していますね。

 

クロールを速く泳ぐためには、ぶれない体幹が必要です。そのために、水の中だけではなく、陸上でのトレーニングもおろそかにしないようにしましょう。

 

 

クロールを速く泳ぐ方法として「ローリング」「S字プル」は間違っていた…?

クロール速く泳ぐ方法

 

「クロールは身体をローリングしながら泳げ」

 

僕が中学生、高校生の時には、このような指導をするコーチがいました。いわゆる、一軸泳法と呼ばれるものですね。

 

しかしながら、最新の研究では「1軸クロール」は非効率的な泳ぎ方とすら言われることもあるそうです。

 

なぜなら、クロールを泳ぐ時に身体をローリングしてしまうと、自ずと体幹もぶれやすくなるため、水の抵抗が生まれてしまうからです

 

さらに、ローリングすることによってストリームラインも崩れやすくなるため、自由形に求められる"安定したキック"も打ち続けることができません。

 

 

また、ほとんど人は初めてクロールを習ったとき、水に入水した手を胸とおなかの下を通すようにかく「S字プル」を習ったと思います。一方で近年は、体の軸と平行に、後ろに真っすぐ手を掻く「I字プル」も普及しています。

 

最新の研究によれば、「『S字プル』は効率が良いため中長距離向き、『Ⅰ字プル』は速度が出るため短距離向き」と言われています。

 

そのため、あくまでもクロールを”速く”泳ぐコツとしては、「S字プル」よりも「I字プル」の方が相応しいと言えるでしょう。

 

※コーチや研究者によっては、「『S字プル』自体がそもそも効率悪い」と主張している人もいるようです。

 

 

水の抵抗を大きく減らせる泳ぎ方「2軸クロール」

クロール速く泳ぐ方法

 

僕が高校生の時から注目され始めていましたがが、水の抵抗を減らし、効率的かつ速く泳ぐ方法としては、1軸クロールではなく、2軸クロール(2軸泳法)が相応しいと言われています。

 

2軸泳法は左右の肩関節と股関節を結んだ2つの軸を動きの基準にして体を安定させ、できるだけ推進力を犠牲にすることなく水の抵抗を減らしながら泳ぐ方法です。水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~【日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘 監修】より引用)

 

身体をひねることなく、肩から骨盤にかけた左右二つの軸を中心として泳ぐため、体幹がぶれにくく、余計な水の抵抗が生じにくいのが2軸泳法の特徴です。

 

特に、両手両足を交互に動かしながら泳ぐクロールと背泳ぎでは、顕著な結果が表れやすいと言われています。

 

1軸泳法と2軸泳法の違いは以下の記事で詳しくまとめられているので、ぜひチェックしてください。

水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~【日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘 監修】

 

 

さいごに

クロールを速く泳ぐコツとしては、何よりも水の抵抗を減らすことが必要です。

 

特に、身体が大きくなってきた中学生や高校生、最高速度が速い50、100メートル自由形といった種目では、大きなカギになります。

 

水の抵抗を減らす泳ぎ方としては、1軸泳法よりも2軸泳法が相応しいと言われています。数年前から注目されていましたが、最近ではオリンピックに出場するような一流選手の中にも、2軸泳法を取り入れている選手が増えているようです。

 

これを機会に、今一度自分のクロールを研究してみてくださいね。

 

 

【追伸】ベストタイムを更新し続けるために一番大事なことは…

記事を読んでくださり、ありがとうございました。最後になりますが、あなたに一つ質問をさせてください。

 

 

ベストタイムを更新し続けるために、一番大事なことは何だと思いますか?

 

 

 

 

プールでひたすらに泳ぎ込むこと。

ウェイトトレーニングに力を入れること。

毎日30分のストレッチを続けること。

 

 

色々な答えが思い浮かぶかもしれませんが、僕は“自分の泳ぎ方を徹底的に研究すること”が大事だと思います。

 

 

もちろん、練習が大切なことは言うまでもありません。僕も週6日プールに通っていたし、筋トレもほぼ毎日欠かすことなくやっていました。

 

でも、一つ断言するならば、水泳はただ闇雲にトレーニングしていればタイムが伸びるというスポーツではありません。間違った泳ぎ方で練習を続けていたら、いつか怪我をする可能性だってあります。

 

 

「練習は頑張っているのに、レースでは思ったようなタイムが出せない…。」

「みんなと同じ練習をしているはずなのに、自分だけタイムが伸びていない…。」

 

たくさん練習しているのにベストタイムを更新できないのって、ほんと辛くなりますよね。僕自身、何度も経験しました。

 

ぶっちゃけ、「苦しい練習なんかしなくても、速く泳げるようになったらなぁ。」と思っていた時もあります(笑)

 

 

でも、安心してください。ほとんどのスイマーはプールで練習ばかりしているだけで、こんな記事なんか読んですらいません

 

 

もう一度言います。水泳という競技においてベストタイムを更新し続けるためには、何よりも泳ぎ方を研究することが大事です頭を使うことで、ライバルに差をつけましょう。

 

もし現状のタイムに満足していないのであれば、この機会にトップスイマーがみんな導入し始めている2軸泳法について、ご自身でも研究してみてください。 

 

 

2軸泳法の日本人指導者としては、小関也朱篤選手や五十嵐千尋選手をはじめ、数々のオリンピックスイマーを育成してきた藤森善弘先生(JOCオリンピック強化指定コーチ/日本体育大学スポーツ局競泳部ヘッドコーチ)が第一人者です。 

 

藤森先生は2軸泳法に関する映像教材を出しています。

50m自由形

 

もちろん本や雑誌で勉強するのもいいですが、映像なら文章や写真では伝わりにくい細部も学ぶことができるはずです。

 

実際、アテネオリンピック出場の森隆弘さんをはじめ、元オリンピック代表選手や日本代表コーチの方も推薦していますね。

 

 

値段は17,000円と少し高く感じるかもしれませんが、180日間の返金保証も付いているため、内容に満足しなければ返品すれば大丈夫です。

 

公式ページだけでも参考になる内容がたくさん載っています最先端の泳ぎ方を学び、ベストタイム更新に繋げたい人は、こちらもあわせてチェックしてみて下さいね。

水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~【日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘 監修】