原貫太のブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。国際協力やNPO・NGO、アフリカの問題、フリーランスの働き方など様々なテーマを解説しています。

クロールのローリングにはデメリットが多い?!【タイムが伸びない人は要チェック】

高校3年生の時、50mクロールを24秒で泳いでいた原貫太(@kantahara)です。

 

僕が現役スイマーだった頃は「クロールはローリングをしながら泳ぐのがあたりまえ」と思っていましたし、実際にそのような指導を受けていました。 

 

しかし、近年ではクロールの研究も進み、「クロールはローリングしない方が効率的に、速く泳ぐことができる」と言われているようです。

 

クロールでローリングしながら泳ぐことのデメリットと、ローリングをせずに泳ぐ2軸クロールのメリットをまとめました。

 

 

こちらの記事もよく読まれています➡50m自由形のタイム37秒8だった僕がたった2年で水泳全国中学に出られたわけ - 原貫太のブログ

 

クロールのローリングとは?まずは基本を確認

クロール ローリング


ローリングとは、頭の頂点から体の中央を貫く1本の軸をイメージしながら、その軸を中心に体をひねる動作を指します。

 

クロールでローリングする場合、右手を入水したタイミングで胴体を左方向にひねり、左手が入水したタイミングでは右方向にひねります。

 

ローリングにもメリットがあります。例えば

 

  • 片方の肩が水面から出るため、体が正面から受ける水の抵抗を減らすことができる
  • 手の入水位置が遠くになるため、ストロークが伸び、より多くの水を掻くことができる

 

が挙げられます。

 

クロールはローリングするべきと教えられていた

クロール ローリング

 

ローリングを積極的にしながら泳ぐクロールは「1軸クロール」という呼び方をされます。

 

僕が高校生スイマーだった当時(2010~2012年)は1軸クロールで泳ぐ人が多く、少なくとも僕の水泳部では「クロールを泳ぐ時はローリングするのがあたりまえ」と思っている人がほとんどでした。

 

ハードな練習で疲労が溜まってくるとどうしてもローリングが疎かになってしまうため、コーチからも「ローリングをしっかりしながら泳ぎなさい」と指導されていましたね。

 

クロールでローリングを安定させるためには、日頃から体幹を鍛えておく必要があります。スイム練習の前には体のローリングを意識した腹筋トレーニングや、ボクシングの動作を導入し、ローリングを学ぶトレーニングなんかもやっていました。

 

★関連記事★

クロールを速く泳ぐコツは?50mクロール24秒の元スイマーが解説 - 原貫太のブログ

 

クロールのローリングにはデメリットがある

クロール ローリング

 

しかし、クロールでローリングすることには、デメリットがあります。近年はオリンピックスイマーの中にもローリングをしないクロールを泳ぐ選手が増えているようです

 

僕が調べて分かった、ローリングのデメリットを3つまとめました。

 

クロールでローリングするデメリット① 体がぶれ、水の抵抗が増える

その場で実際にやってみてもらえれば分かると思いますが、クロールを泳ぐ時にローリングをすると、自ずと体がぶれやすくなります。

 

クロールを泳いでいる時「体がブレるなぁ」と感じる場面は、ローリングをしたり、呼吸をしたりする時です。呼吸も体をひねる動作ですから、広い意味では「ローリング」の一動作と言うことができます。

 

体がブレれば当然水の抵抗が増えるため、スピードは落ちてしまいます。また、一連の泳ぎの中に無駄な動作が入ってくるため、推進力を効率的に進行方向に繋げることもできません。

 

クロールでローリングするデメリット② 力の入りにくい場所から手を掻き始めることになる 

ローリングをしながら泳ぐ「1軸クロール」では、手が入水する位置は頭の頂点の延長線上、体の中心軸に近い位置になります。

 

この位置は腕に力を込めにくい位置と言われます。プルの動作が力の入りにくい位置から始まることになり、推進力を得るには非効率的となるのです。

 

クロールでローリングするデメリット③ 安定したキックが打ちにくい

推進力を得るためにも、浮力を得るためにも、クロールを速く泳ぐためには安定したキックを打ち続ける必要があります。

 

ただ、最初にも書いた通り、ローリングをすると体がぶれやすくなるため、キックも不安定になりやすくなります。僕もローリングをした時にキックが止まってしまう現象には悩まされましたね。

 

ローリングをしない2軸クロールとは?

クロール ローリング

 

クロールのローリングにはデメリットが多いことを理解してもらえたと思いますが、近年はトップスイマーの多くも、体をローリングしないで泳ぐクロールを導入する選手が増えているようです。

 

この左右の肩関節・股関節を結んだ2つの軸を基準にしながら泳ぐクロールを2軸クロール」と呼びます。詳しくは以下の記事で解説しました。

2軸クロールとは?1軸クロールとの違いからメリットまで解説【ローリングはするな】 - 原貫太のブログ

 

2軸クロールのメリットは?

クロール ローリング

 

近年トップスイマーの多くも導入する2軸クロール。メリットの一部をまとめました。

 

2軸クロールのメリット① 体幹がぶれにくいため水の抵抗が生じにくい

2軸クロールではそもそも体をローリングせず2本の軸を基準にして泳ぐため、体幹がぶれにくくなります。そのため1軸クロールに比べると水の抵抗が生まれにくく、スピードも上がりやすいのです。

 

立ったまま手を前方に伸ばし、1軸クロールと2軸クロール、それぞれ泳ぐ真似をしてみてください。

 

体をローリングしながら腕を回す1軸クロールでは、腰やお腹が左右にぶれてしまいがちですが、2軸クロールでは体幹も固定しやすいことが感じられると思います。

 

2軸クロールのメリット② 安定したキックを打ち続けられる

特に短距離のクロールでは「シックス・ビート」と言われるように、2回腕を回す間(1ストローク)に6回キックすることが望ましいとされています。

 

2軸クロールではそもそも体をローリングしないため体幹がぶれることが少なく、そのためキックも安定させやすくなります。また、2軸クロールでは体を安定させやすいため、息継ぎもスムーズにすることができるのです。

 

2軸クロールのメリットはこの他にもあります。以下の記事で紹介されているので、興味のある人はチェックしてみてください。

水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~【日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘 監修】

 

さいごに

クロールでローリングするデメリットをまとめると

 

  • 体がぶれやすくなる。そのため、水の抵抗が増える
  • 手の入水位置が体の中心軸の延長線になり、力を入れにくいため非効率
  • 体幹がぶれやすくなるため、安定したキックを打つのが難しくなる

 

逆に2軸クロールは、これらのデメリットを克服できる泳ぎ方と言えるでしょう。

 

たしかにローリングしながら泳ぐクロールはストロークも長くなるため、ゆったり、気持ちよく泳げるイメージがあります。

 

しかし、ローリングには水の抵抗が増えたり、キックを打ちにくいというデメリットもあるんですね。

 

こうやって理屈で納得すると「現役時代、もっと頭を使いながら水泳をやっていたらな」と後悔しますね。現状のタイムに満足していない人は、これを機会に自分の泳ぎ方を研究してみてください。

 

こちらの記事もよく読まれています。あわせてご覧ください➡クロールを速く泳ぐコツは"水の抵抗を減らす" 50mベスト24秒の元スイマーが解説