原貫太オフィシャルブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。

2軸クロールとは?1軸クロールとの違いは?わかりやすく解説します

50mクロールの生涯ベスト記録が24秒20の原貫太(@kantahara)です。

 

このタイムは高校3年生のときに短水路(25mプール)で出したものです。現役の水泳選手はとっくの昔に引退しましたが、最近も運動のため時々泳いでいます。

 

この記事では、近年多くのトップスイマーも導入する「2軸クロール」に関する知識、

 

  • そもそも2軸クロールとは?
  • 2軸クロールと1軸クロールの違いは?
  • 2軸クロールのメリットは?

 

をまとめます。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

2軸クロールとは?

2軸クロール

 

2軸クロールとは「左右の肩関節・股関節を結んだ2つの軸を基準にしながら泳ぐクロール」を指します。

 

日本では古くから1軸クロールが主流とされてきましたが(僕もこれでした)、近年クロールの泳法も研究が進んでおり、今では2軸クロールで泳ぐスイマーが増えているようです。

 

2軸クロールと1軸クロールの違いは?

2軸クロール

 

2軸クロールでは体の右肩・右股関節と左肩・左股関節にある2本の軸を基準に泳ぐのに対して、1軸クロールでは頭の頂点から体の中央を貫く1本の軸を基準に泳ぎます。

 

恐らく、ほとんどの人がスイミングスクールで習ったクロールは、2軸ではなく1軸です。

 

「頭のてっぺんからお尻の穴にかけて、1本の『串』が通っているイメージを持って泳ぎなさい」こんな指導をされませんでしたか?簡単に言えばそれが1軸クロールです。

 

僕が高校生スイマーだったとき(2010年~2012年)、すでに2軸泳法は注目されていましたが、水泳部の友人はみんな1軸クロールで泳いでいたと思います。この後に説明する「ローリング」を意識するよう、度々指導をされていたので。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

2軸クロールの2つの特徴

2軸クロール

 

2軸泳法はクロールのみならず、バタフライ・背泳ぎ・平泳ぎ、ほか全ての泳ぎ方に活かせる泳法技術です。

 

しかし、4泳法の中でも両手両足を交互に動かしながら泳ぐクロールと背泳ぎでは、顕著な結果が表れやすいと言われています。つまり2軸クロールと2軸背泳ぎですね。

 

僕は現役スイマーのとき1軸クロールでしたが、2軸クロールを知り印象に残った特徴が2つあります。

 

2軸クロールの特徴①体をローリングしない

2軸クロール

 

「クロールを泳ぐときは体をローリングするのがあたりまえ」と思っている人は多いでしょう。しかし、2軸クロールでは基本的に体をローリングしません。

 

体の中心に軸を置く1軸クロールでは、その軸を基準に体をローリングし、手が入水する位置は頭の先になります。しかしながら、2軸クロールは体をひねることなく泳ぐため、手の入水位置は肩の延長線になります。

 

現役時代、ストロークを少しでも長くするためローリングを強く意識していた自分としては、体をローリングしない2軸クロールの泳ぎ方は衝撃的でした。

 

2軸クロールの特徴②S字プルではなくI字プル

2軸クロール

 

1軸クロールでは、水に入水した手を胸とおなかの下を通すようにかくS字プルで泳ぎます。きっとクロールを初めて習ったとき、ほとんどの人はS字プルを教えられたはずです。

 

一方の2軸クロールでは、体の軸と平行に、後ろに真っすぐ手を掻くI字プルで泳ぎます。別名、ストレートプルとも呼ばれますね。

 

昔からS字プルとI字プルはどちらが速く泳げるか論争がされてきましたが、2年前に筑波大学や東京工業大学の研究チームが「S字ストロークは効率が良いため中長距離向き、I字ストロークは速度が出るため短距離向き」という研究結果を発表しています。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

2軸クロールのメリットは?

2軸クロール

 

近年はトップスイマーの多くも導入し始めている2軸クロール。メリットをまとめました。

 

体幹がぶれにくいため、水の抵抗が生じにくい

体をローリングしながら泳ぐ1軸クロールでは体幹がぶれやすくなるため、水の抵抗も生じやすいと言われています。水の抵抗が増えればその分前に進むためにパワーを必要としますし、タイムも伸びにくくなります。

 

僕も現役時代、「ローリングしたときに体幹がぶれないよう、普段から腹筋背筋はしっかり鍛えておけ」とコーチからアドバイスされていましたね。

 

一方の2軸クロールでは、そもそも体をローリングせず2本の軸を基準にして泳ぐため、体幹がぶれにくくなります。そのため1軸クロールに比べると水の抵抗が生まれにくく、スピードも上がりやすいのです。

 

立ったまま手を前方に伸ばし、1軸クロールと2軸クロール、それぞれ泳ぐ真似をしてみてください。体をローリングしながら腕を回す1軸クロールでは腰やお腹が左右にぶれてしまいがちですが、2軸クロールでは体幹も固定しやすいことが感じられるでしょう。

 

安定したキックを打ち続けられる

特に短距離のクロールでは「シックス・ビート」と言われるように、2回腕を回す間(1ストローク)に6回キックすることが望ましいとされています。

 

しかし「呼吸しているときはキックがいつも止まってしまう…」という悩みを持っている人も多いでしょう。僕は中学生の時、何度も「呼吸時にキックが止まっているぞ」とコーチから指導されていました。

 

1軸クロールで泳いでいると体幹がぶれてしまいがちになるため、安定したキックを打ち続けられない人が多いです。特に呼吸時は体を大きくひねる必要があるため、キックが止まりやすくなります。

 

一方の2軸クロールでは、そもそも体をローリングしないため体幹がぶれることが少なく、キックも安定しやすくなります。また2軸クロールでは体を安定させやすいため、息継ぎもスムーズにすることができるのです。

 

2軸クロールのメリットはこの他にもあります。以下の記事で紹介されているので、興味のある人はチェックしてみてください。

水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~【日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘 監修】

 

さいごに

体の中心に1本の軸を作りながら泳ぐ1軸クロールと違い、2軸クロールでは左右の肩を通る2つの軸を意識しながら泳ぎます。

 

泳いでいる時に体幹がぶれてしまう…。

息継ぎをするタイミングでキックが止まってしまう…。

ローリングをするとストリームラインが崩れてしまう…。

 

こんな悩みを持っている人は、これを機会に2軸クロールを研究してみてくださいね。

 

 

【追記】オリンピック選手を次々と生み出している「2軸泳法」をもっと詳しく知りたい人へ

ベストタイムを更新し続けるために一番大事なことは何だと思いますか?

 

プールでひたすら泳ぎ込むこと。

ウェイトトレーニングに力を入れること。

毎日ストレッチをすること。

 

色々な回答が思い浮かぶと思いますが、今こうして現役時代を振り返ってみると、”自分の泳ぎ方を研究すること”がベストタイムを伸ばすための一番の近道だったのではないかと思います。 

 

練習が大切なことは言うまでもありません。僕も週6日プールに通っていましたし、筋トレもほぼ毎日欠かさずに続けていました。

 

でも、水泳はただ闇雲にトレーニングしていればタイムが伸びる、そんな単純なスポーツではありません。効率的な泳ぎ方を身に付ける必要があるからです。

 

「練習は頑張っているのにレースでは思ったようなタイムが出せない…。」

「みんなと同じ練習をしているはずなのに自分だけタイムが伸びていない…。」

 

たくさん練習しているのにタイムが伸びないのって、辛くなりますよね。僕もそういったスランプを経験し、一時期は水泳をやめようと本気で考えたこともあります。

 

でも、安心してください。ほとんどのスイマーはプールで練習ばかりしているだけで、この記事すら読んでいません

 

繰り返しになりますが、ベストタイムを更新し続けるためには自分の泳ぎ方を研究することが大事です。間違った方法でトレーニングを続けていたら、せっかくの努力も水の泡になってしまいます。頭を使うことでライバルに差をつけましょう。

 

もし今のタイムに満足していないなら、この機会にトップスイマーがみんな導入し始めている「2軸泳法」について研究してみてください。

 

2軸泳法の日本人指導者としては、小関也朱篤選手や五十嵐千尋選手をはじめ、数々のオリンピックスイマーを育成してきた藤森善弘先生(JOCオリンピック強化指定コーチ/日本体育大学スポーツ局競泳部ヘッドコーチ)が第一人者です。藤森先生は2軸泳法に関する映像教材を出しています。

50m自由形

 

本や雑誌で勉強するのもいいですが、映像なら文章や写真では伝わりにくい細部まで学ぶことができます。アテネオリンピック出場の森隆弘さんをはじめ、元オリンピック代表選手や日本代表コーチの方も推薦していますね。

 

DVD教材で17,000円という価格は高く感じるかもしれませんが、180日間の返金保証が付いているので、内容に満足しなければ返品すれば大丈夫です。

 

公式ページだけでも勉強になる内容がたくさん載っています。最先端の泳ぎ方を学び、ベストタイム更新に繋げたい人は、こちらの記事もあわせてチェックしてみてください。

水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~【日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘 監修】