原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

フィリピンの治安は?旅行するなら知ってほしい6つの安全対策

スポンサーリンク


日本人の旅行先として人気のフィリピン。初めて訪れる人は、現地の治安が気になるでしょう。

 

僕は大学一年生の時、初めてフィリピンのマニラを訪れました。僕はスラム街やストリートチルドレンの施設をまわるスタディーツアーでしたが、出発前はとにかく、フィリピンの治安が心配でしたね。ちなみに、今年3月にもまた、マニラとセブを旅行しています。

 

たしかに日本と比べたら治安の悪いフィリピンですが、基本的に最低限の注意事項を守って行動していれば問題はありません。これから旅行する人向けに、フィリピンの治安、また旅行者が実践できる6つの安全対策を解説します。

 

 

 

 

フィリピンの治安、外務省の情報は?

フィリピンの治安を知りたい時、まずは外務省の海外安全ホームページを確認しましょう。2018年5月18日現在、フィリピンの治安は以下のようになっています。

フィリピン 治安

 

「治安レベル1」はほとんどの途上国で発令されている

フィリピン 治安

 

フィリピンの首都マニラや、旅行者の多いセブの治安はレベル1「十分注意してください」となっています。

 

一部、イスラム過激派と政府軍の間で抗争が続くミンダナオ島ではレベル3「渡航は止めて下さい」が出ていますが、まぁ旅行で訪れる人はそういないでしょう。

 

マニラやセブの”治安レベル1”ですが、これはほとんどの途上国で発令されています。東南アジアであれば、カンボジアやミャンマーなど、日本人が多く生活している国でも、国土のほとんどが治安レベル1となっています。

 

治安レベル1「十分注意してください」は、もちろん殺人や誘拐といった凶悪犯罪に巻き込まれる可能性も少なからずは存在しますが、基本的に、スリや窃盗、置き引きといった軽犯罪に十分注意しなくてはならない、と理解して問題ありません。

 

 

フィリピンの治安を心配するなら”軽犯罪”の危険性を頭に入れておこう

フィリピン 治安

 

僕たちのように、NGO職員として海外に長期滞在する人であっても、日本人が殺人や誘拐といった凶悪犯罪に巻き込まれるのは、2~3年に一回あるかないかと言われています。

 

しかし、表沙汰にならないだけで、スリや窃盗、置き引きなどの被害を受けている日本人はいます。フィリピンの治安を心配する人は、スリや窃盗、置き引きなど、軽犯罪の危険性を頭に入れておきましょう。

 

 

マニラ・セブの治安は?

フィリピン 治安

 

 

フィリピンを旅行する人は、そのほとんどが首都マニラか観光地セブを訪れるでしょう。基本的に、マニラとセブ、どちらも治安は安定していると考えて問題ありません。

 

 

マニラ・セブではスリや置き引きに注意しよう

フィリピン 治安

 

まずマニラですが、急激な都市化によって貧富の格差も広がっており、ストリートチルドレンをはじめ路上生活者もいることから、危険なイメージを持つ人もいるでしょう。

 

事実、マニラでも殺人や爆発といった大きな事件・事故も起きています。もちろん、これら重犯罪に対する警戒も必要ですが、旅行者であればそれ以上に、スリや置き引きといった軽犯罪に注意しましょう。日本人のような先進国からの観光客はターゲットになりやすいので、最低限の安全対策を心がけましょう。後ほど詳述します。

 

セブも同様。海外からの旅行者も多く、治安は安定していますが、こちらでも軽犯罪が主な問題となっています。

 

 

フィリピン旅行者ができる6つの安全対策

フィリピン 治安

 

僕が知る限り、日本は世界で一番安全な国です。だからこそ、フィリピンを旅行する時は、日本と同じような気持ちで過ごしてはなりません。

 

フィリピンを旅行する人ができる6つの安全対策をまとめました。

 

 

人ごみでは長時間滞在しない

フィリピン 治安

 

どんな国であっても、人がごった返している場所の治安は悪いです。フィリピンも例外ではありません。特に、バスターミナルは人がたくさん行き交うため、要注意スポットです。

 

路上生活者も多いマニラやセブでは、暗くなった日没後、人ごみでスリや窃盗に旅行者が巻き込まれる危険性も十分考えられます。長時間の滞在は避けましょう。

 

 

ホテル選びは慎重に

フィリピン 治安

 

物価の安いフィリピン。節約を意識するあまり、セキュリティや周辺の治安事情を考慮せずにホテルを決める人がいます。特に大学生に多いですね。

 

フィリピンに到着してからホテルを決めるのではなく、出発前にエクスペディアなどのネット予約サイトを使って、事前に予約するようにしましょう。

 

フィリピンであれば、ネット上に情報を掲載しているホテルがたくさんあります。既に宿泊した人による評価や口コミが確認できるため、ホテル周辺の治安に関する情報もチェックしてみましょう。

 

 

現地人でも近づかない場所には足を運ばない

フィリピン 治安

 

フィリピン人でも近づかない場所には、興味本位でも足を運ぶべきではありません。フィリピンに到着してから、滞在先のホテルやタクシーのドライバーに「ここだけは行ってはいけない場所はある?」「周りに治安の悪い場所はある?」と訊くのもいいでしょう。

 

例えばフィリピンの場合、ボランティア活動やスタディツアーならともかく、売春宿が立ち並ぶエリアやスラム街(貧困地区)が広がるエリアは治安も悪く危険なため、旅行者が気軽に近寄るべきではありません。

 

 

日本語で話しかけてくるフィリピン人には注意する

フィリピン 治安

 

フィリピンには日本人の旅行者が多いことから、「日本人ですか?」といきなり話しかけてくるフィリピン人がいます。

 

もちろん、単純に日本人に興味を持っている人もいますが、中には観光客をカモにしている悪い人も。何を意図に話しかけてきているのか、注意しましょう。

 

 

交通安全に気を付けよう

フィリピン 治安

 

フィリピンの治安というと、犯罪の危険性をすぐに思い浮かべるかもしれません。しかし、途上国旅行で最もリスクの高い有事は、殺害や誘拐、強盗ではなく、交通事故なんです。長らくアフリカで活動してきた僕も、交通事故が一番のリスクだと感じています。

 

僕はマニラ滞在中に、死亡事故を目撃しました。バイクとトラックの衝突で、バイクのドライバーが即死。頭から血を流して倒れていましたね。人だかりができていました…。

 

フィリピンのような途上国では、「歩行者優先」という考え方はありません。日本と同じ感覚で呑気に歩いていたら危ないです。金銭的に余裕があるなら、UBERやGrabなどの配車アプリを利用しましょう。

 

これからフィリピンを旅行する人は、治安について調べる時に、交通事情も一緒に調べてみるといいでしょう。

 

 

ネット環境を保つ

フィリピン 治安

 

フィリピンの治安が心配な人は、現地滞在中、ネット環境を常に保つことが一つの安全対策になります。

 

移動中もネット環境があれば、道に迷った際、すぐに調べることができます。また、UberやGrabを使えば、すぐにタクシーを呼ぶことも可能です。

 

SIMフリーのスマートフォンを持っている人は、フィリピン到着後に携帯ショップでSIMカードを購入できるか聞いてみましょう。マニラやセブの空港でも購入が可能です。

 

数日間から数週間の旅行であれば、日本から海外Wi-Fiレンタルを持参するのもいいでしょう。イモトのWiFi がオススメです。出発から帰国まで、一日680円~の定額料金でネット環境を確保できる上に、帰国時に空港で返却することが可能なため、レンタルの手続きも簡単です。

 

\海外Wi-FiレンタルならイモトのWi-Fi/

 

 

リスク管理はしっかりやろう

フィリピン 治安

 

ここまで、フィリピンの治安事情と旅行者できる安全対策を紹介しました。

 

一方で、どんなに用心しながら過ごしていても、フィリピンのような途上国の旅行に予期せぬハプニングは付き物。残念ながら、リスクをゼロにすることは不可能に近いです。

 

だからこそ、日本のような治安は期待できないフィリピンに足を運ぶ際は、海外旅行保険に加入しましょう。海外に何年も足を運んでいるNGO職員も、毎回の渡航で加入しています。

 

現地で何かのトラブルに巻き込まれ、海外旅行保険に加入していなかったためにせっかくの旅行が台無しになるのはもったいないですからね。一週間のフィリピン旅行なら、保険費用は5,000円~10,000円でしょう。

 

 

さいごに

フィリピン 治安

 

日本人の旅行先として大人気のフィリピンですが、当然ながら日本のような治安は期待できません。特にマニラやセブでは、現地人も狙われるスリや窃盗といった軽犯罪が多発しています。また、治安のみならず、現地の交通事情にも注意が必要です。

 

紹介した6つの安全対策を参考に、フィリピン旅行を安全かつ有意義なものにしてくださいね。 

 

 

【追記】フィリピン旅行の費用を5,000円以上節約する方法

フィリピン 治安

 

日本のような治安は期待できないフィリピン。リスク管理のため、フィリピンを旅行するなら海外旅行傷害保険加入は必須とお伝えしました。

 

しかし、保険費用が加わってしまうため、旅費は高くなってしまいます。例えば、一週間のフィリピン旅行なら、5,000~10,000円が相場です。

 

保険費用を節約したいなら、海外旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードの持参をおすすめします。年に数回海外旅行をする僕は、三井住友VISAクラシックカード EPOSカードの二枚を使っています。二枚持ちすることで、手厚い保険を受けることが可能です。

 

〇三井住友VISAクラシックカード

  • 海外旅行に定番のクレジットカード。最高2000万円まで補償
  • 初年度は年会費無料(2年目以降は1,250円)
  • 旅行関連の代金をクレジット決済すれば保険が適用される
  • 学生に関しては年会費無料

 

〇EPOSカード(エポスカード)

  • ゴールドカード並みの補償内容
  • 年会費がずっと無料
  • 持っているだけでゴールドカード並みの保険が適用
  • 海外旅行を頻繁にする人は必携の一枚

 

海外旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードをフィリピン旅行までに作っておけば、保険費用で支払うはずの5,000~10,000円を”0円”にすることが可能になるのです。二枚持ちしておけば、保険の心配をする必要もなくなるでしょう。

 

特に、年会費がずっと無料な上に、持っているだけでゴールドカード並みの海外旅行保険が適用されるEPOSカードは本当におすすめです。一枚持っておけば損はないので、出発までには作っておきましょう。

 

\エポスカードのお申し込みはこちら/