原貫太のブログ

フリーランス国際協力師原貫太のオフィシャルブログです

国際関係学は仕事で役立たない【国際協力を仕事にした今、ぶっちゃけ思うこと】

「国際関係学を大学で勉強して、それを生かせる仕事に就きたい」という大学生がたくさんいますが、残念なお知らせがあります。

 

アメリカの大学でも日本の早稲田大学でも死ぬほど国際関係学を勉強した僕ですが、国際協力の仕事に就いた今、国際関係学の知識を生かせる場面はほとんどありません。

国際関係学 仕事

南スーダン難民支援に取り組んでいた時の僕

 

国際関係学は、国際協力の仕事に就きたい人にとってはドンピシャな学問であると思われがちですが、少なくともNGOを起業して草の根の国際協力に携わる今、その知識が役立つことはほぼないです。その理由をお話しします。

 

国際関係学ってどんな学問だっけ?

そもそも国際関係学って、どんな学問でしたっけ?

 

国際関係学は、国際社会における国と国との相互理解をめざし、世界平和を築くための学問です。現代の国際関係はさまざまな要素が複雑に絡み合いながら成り立っているため、広い視野に立って複雑に絡み合った問題を解きほぐすことが要求されます。


平和の追求は人類にとって最も大切な使命です。しかし民族紛争や核実験など、世界平和への課題がまだ数多くあります。国際情勢は先が不透明で、しかも大変な速さで変化しており、国際関係学で取り組むべき問題は山積みされています。「Benesse マナビジョン」より引用)

 

この内容を見る限り、国際協力や世界平和、紛争解決に関心ある人にとって、国際関係学はドンピシャな専攻に見えますよね。

 

僕もそう思っていたので、大学時代は一生懸命国際関係学を勉強しました。

 

僕はアメリカでも国際関係学を勉強した

国際関係学 仕事

アメリカ留学中は国連本部にも足を運んだ

 

国際関係の仕事に就きたい大学生なら、ドンピシャに思える国際関係学。僕は早稲田大学とカリフォルニアの大学で、ゴリゴリに国際関係学を勉強しました

 

早稲田大学では国際政治学や紛争解決論の授業を履修し、留学したカリフォルニアの大学では国際関係学の基礎理論を学ぶ”International Relations”(国際関係論)や、”Politics of the Developng World”(途上世界の政治)といった授業を受けていました。

 

それこそ、アメリカ留学中は毎週200ページ近いリーディング課題が出されたり、国際関係学のエッセイもバンバン書かされたりしました。

 

そんでもって、アメリカ留学中の最終成績は4段階で3.75だったので、大学時代はかなり国際関係学を勉強した人間だと自負しています。

 

国際関係学を仕事で生かす場面、なくねーか...

国際関係学 仕事

南スーダン難民の方たちから話を聞いている様子(写真右が筆者)

 

大学生の時は国際関係学を死ぬほど勉強した僕ですが、国際協力NGOという国際関係のド真ん中で起業した今、そこで得た知識を仕事で生かす場面が、ほとんどありません。マジで。

 

国際関係学の知識なんかよりも、ブログで培った文章力や発信力の方が、よほど生かすことができています。また、起業した立場上、必要性を感じるのはビジネススキルです。お金の集め方とか、お金の回し方とか。

 

国際関係学は、国際協力(開発)の世界を広く、浅く勉強するだけの学問。大学で国際関係学を修めたところで、何の「専門性」にもならないのです。

 

国際関係学を仕事で生かすなら、どうすればいい?

名前こそ意識の高い国際関係学ですが、仕事で生かす場面は少ないのが事実。それこそ大学で国際関係学を勉強しても、一般企業に進んでいったら、もうただの教養にしかなりません。

 

ので、国際関係学をこれから学びたい高校生、仕事で生かすために学んでいる大学生の皆さんは、以下の3つを参考にしてください。

 

国際関係学を英語で勉強する

国際関係学はイギリス発祥ですし、日本を飛び越えた世界の戦争や平和を扱う学問なので、英語で国際関係学を勉強するのをおすすめします。

 

国際関係学を英語で勉強すれば、BBCやアルジャジーラのニュースも、英語で問題なく読めるようになるはずです。ちなみにアメリカで国際関係学を勉強していた時、僕は毎日10本以上のニュースを英語で読んでいました

 

大学でも英語で実施される国際関係学の授業を探したり、または英語で書かれた国際関係学の教科書を探すのがいいでしょう。参考までに、Amazonで購入できる国際関係学の入門書を紹介しておきます。

 

国際関係学の修士号まで取る

国際関係学を仕事で生かしたい、そのための専門性を身につけたいなら、修士号(Master Degree)まで取りましょう。できれば海外の大学院で取得することをおすすめします。

 

ちなみに僕は、起業を決意する前はヨーロッパの大学院で国際関係学の修士号を取ろうと考えていました。国際関係学といえども、修士号まで持っていれば、一部の国連やNGOならアプライもできるようになるはずです。

 

国際関係学以外の学問も勉強する

国際関係学だけではなく、別の学問も勉強しましょう。可能であれば2つ学位を取れるダブルディグリー(Double Degree)がおすすめです。

 

政治学や経済学もいいとは思いますが、特に草の根の国際協力の道に進みたい人なら、文化人類学や地域研究(エリアスタディーズ)がおすすめです。

 

僕も今(2019年11月時点)ウガンダ北東部の村の中で働いていますが、実は文化人類学者の人ってこういった奥地にも入って研究している人が意外と多いんですよね…。 

 

国際関係学は国際協力に興味を持つ大学生に人気の学問ではありますが、少なくとも大学新卒で国際関係学を生かす仕事はほとんどありません。

 

僕自身は講演や記事執筆、書籍を書中で国際関係学の知識を活用していますが、かなりレアなタイプです。ぶっちゃけ国際関係学の知識は、国際協力や人道支援に携わる前提、もしくは教養くらいにしか捉えていません。

 

---

国際協力や国際関係学に関するおすすめの書籍をまとめました。以下の記事もあわせて読んでみてください。

 

国際協力の仕事に就きたい人なら、大学で国際関係学を勉強するよりもここで紹介した本を読むほうが役に立つかも…。笑

国際協力おすすめ本32選 入門書から常識をブチ破る本、洋書までドドンと紹介 - 原貫太のブログ

 

【後日談】「国際関係学は仕事で役に立たない」とツイートしたら炎上しました

上記の通り、ツイッターで「国際関係学は仕事で役に立たない」と書いたら炎上しました。なんと国連事務次長まで巻き込む事態に…。

 

詳しくはこちらの記事で書きました➡「国際関係学は役に立たない」のツイートが炎上した件に関して - 原貫太のブログ