原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

寄付する意味を本気で考えよう。社会に意味ある寄付をするために。

早稲田大学在学中にNGOを起業し、皆さまからの寄付によって活動を支えられている今、「寄付する意味」を深く考えることがあります。

 

「寄付」という言葉の意味を辞書で調べると、

 

寄付(きふ)とは、金銭や財産などを公共事業、公益・福祉・宗教施設などへ無償で提供すること。Wikipediaより引用)

 

と書いてあります。

 

アメリカやヨーロッパ諸国と比べると、寄付文化が定着していないと言われる日本。中には「寄付なんて意味がない」と発言する人すらもいます。

 

日本人のほとんどは寄付をした経験があるようです。でも、寄付の意味を「資金を必要とする組織にお金を出すこと」とだけ捉えている人が多い印象。

 

本当に意味のある寄付って、何なのでしょうか。「寄付する」という行為が、社会にとってどんな意味を持つのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

 

 

 

 

日本人のほとんどは寄付した経験がある

寄付する 意味

 

 

日本人の6~7割は寄付する

寄付する 意味

 

寄付する意味を考える前に、そもそもの前提として「日本人のほとんどは寄付した経験がある」という事実を確認しておきましょう。

 

 

街中で行われる街頭寄付。コンビニのレジ横に置かれた募金箱。学生時代の赤い羽根募金…。日常生活の中でも、寄付をする機会は意外とたくさんあります。

 

実際の調査結果でも、日本人のほとんどは寄付をしていると示されています。2004年の大阪大学大学院国際公共政策研究科の調査によれば、2002年に現金寄付をしたことがある家庭は53.8%、現物資産による寄付をしたことがある家庭が12.0%と、あわせて65.8%の家庭は寄付した経験があると答えています。

 

他の調査結果を参照しても、概ね日本人の6割~7割は寄付した経験があると言われています。

 

 

寄付市場の大きさ、日本とアメリカの違い

寄付する 意味

その一方で、日本の寄付市場とアメリカの寄付市場を比べてみると、その間には絶大な差があることが分かります。

 

しかしそれでも、「日本の寄付がこれまで活発だったか」というと、そうとはいえないのが事実です。(中略)日本の個人寄付の総額は、推計で年間2189億円であるのに対して、アメリカの個人寄付は22兆9920億円ともいわれています。その差は、実に約100倍という大きなものです。もちろん、日米で経済規模や人口の違いはありますが、経済規模や社会規模でいうと、GDPでも人口でもアメリカは日本の2倍強ですから、これほど大きな寄付金額の差を十分に説明することができません。『ファンドレイジングが社会を変える』より引用)

 

アメリカでは人口の9割が寄付をすると言われていますが、日本でも6~7割の人は寄付経験があることを考えると、寄付市場の大きさにこれだけ差が生まれる原因は一人当たりの寄付額にあるようです。

 

 

日本の寄付は「つり銭型寄付」

寄付する 意味

 

買い物をした時、レジ横に置かれた募金箱にお金をチャリンと入れることも、「寄付した経験」にカウントされます。また、東日本大震災が起きたこともあり、当時まだ高校生だった僕も、街頭募金に100円を入れたことが何回かあります。これも、「寄付した経験」としてカウントされます。

 

アメリカでは一人あたりの寄付額は約18万円と言われるのに対して、なぜ日本ではこれほどまでに寄付金額が少ないのか。鵜尾さんは、日本の寄付社会を「つり銭型寄付」という言葉を使い説明しています。

 

 

ほとんどの人が寄付した後の成果に関心がない

寄付する 意味

 

気が向いたら寄付をする日本人

寄付する 意味

この日本の寄付の背景のひとつとして、私は、日本社会が「つり銭型寄付社会である」と表現して説明しています。何か特定の目的のためにある程度のまとまった金額を寄付するのではなく、「気が向いたときに、つり銭程度を寄付する」という行動が中心的に見られるという社会です。

金額の大小だけがポイントではありませんが、つり銭型寄付社会の特徴として、ぱっと思いついた時に身近で信用できそうなところに寄付をして、その後の使途や成果にはそれほど大きな関心を持たないという傾向があります。『ファンドレイジングが社会を変える』より引用)

 

ずばりこの文章が、日本の寄付社会の実状を端的に説明しているでしょう。

 

街頭募金でも、コンビニ募金でも、赤い羽根募金でも、日本人のほとんどは"その時"に気が向いたら寄付をする。「気が向いたら」なので、大きな額ではなくつり銭程度の金額しか寄付をしない。

 

寄付の成果に関心が無いから、寄付の意味も考えない

寄付する 意味

 

そして、自分の寄付が何に使われたのか、どんな社会変化を起こすことに貢献したのか、寄付の成果にはほとんど関心を持ちません。僕自身も、東日本大震災が起きた後の街頭募金で寄付した時は、そもそもその団体がどんな活動をしているのかを知らなかったし、寄付したお金がどんな成果に結びついたのか、全く興味がありませんでした。

 

逆に言えば、寄付の成果に関心が無いから、寄付をするという行為の意味もほとんど考えないと言えるでしょう。

 

 

意味のある寄付をするために

寄付する 意味

南スーダン難民支援に携わっていた時の筆者

 

寄付する意味を考える寄付、それが社会変革型寄付

寄付する 意味

 

他方で、寄付をして、社会になんらかの変化を起こしていきたい、寄付したあとの結果や変化を見ていきたいという感覚の寄付を、私は「社会変革型寄付」と呼んでいます。

 

社会変革型寄付の最大のメリットは、寄付者がまとまった金額を寄付してくれる可能性があるというNPO側にとってのメリットと同時に、寄付者が寄付の成功体験を得やすいという、寄付者側のメリットもあります。街頭募金で小銭を寄付して、成果がどうなったのかちっともわからないというよりかは、10万円寄付して、「あなたの寄付のおかげで、〇〇が実現しました!」という報告や感謝に触れ、自分の人生の中で達成感を感じるほうが良いという寄付者もいるでしょう。 『ファンドレイジングが社会を変える』より引用)

 

南スーダン難民によるサッカーチーム設立支援のためにクラウドファンディングを通じて資金を募った時も、緊急支援物資を届けるためにキャンペーンを通じて資金を募った時も、支援者の方からある言葉をもらいました。

 

 

私はアフリカに行くことはできない。だから寄付しかできないけど、それでも難民の力になりたいんだ。

 

アフリカに滞在している時、「寄付を通じて社会を変えたいという支援者からの期待」を背負っているんだから、どんなに大変でも起き上がって、そして前を向き続けよう。そう、良い意味でのプレッシャーを感じることができました。

 

 

社会変革したいという想いを「寄付する」行為に込める

寄付する 意味

国際協力NGOコンフロントワールドの活動報告会の様子

 

支援完了の報告をした時は、寄付者の方から「無事に支援が届いてとても嬉しいです!」という喜びの声もいただきました。

 

支援者の方々は、「社会変革したい」という想いを、寄付を通じて僕らに託してくれていたのです。この「社会変革型寄付」こそが、「本当に意味のある寄付」だと僕は考えています。

 

 

大きな組織よりも小さな組織の方が「寄付の成果」が見えやすい

寄付する 意味
名古屋市の教員約400名を対象に行った平和講演の様子(photo by Confront World

 

大きな組織への寄付は成果を捉えるのが難しい

寄付する 意味

 

「寄付する意味を考えましょう。そのために、寄付の成果に目を向けましょう。」そんなことを言ったとしても、大きな組織への寄付している人は、自分の寄付がどんな社会変化に繋がったのかを捉えるのは難しいのが現実です。

 

なぜなら、そういった組織では政府からの助成金や企業寄付など、1000万円単位での資金移動がしょっちゅう起きているからです。

 

国際協力NGOコンフロントワールドは、ホームページやFacebookを通じて、定期的な活動報告をしています。僕も、毎日のように活動の様子や国際協力に関する情報を、SNSやブログを通じて発信しています。

 

大きな組織よりも小さな組織の方が、「寄付の成果」が捉えやすいという特徴があります。

 

 

受益者の顔も見えやすい

寄付する 意味
photo by Confront World

 

また、僕らのように現地でも草の根の活動をする組織は、支援対象者の「顔」も見えやすい。

 

さらには、僕たち含めて日本の民間NGOは、慢性的な資金不足に苦しめられているのが実情です。資金的に余裕があれば、難民をはじめとした不条理に苦しむ人たちを、もっとたくさん救うことができるのに。そんな悔しい気持ちを抱えながら、活動をしています。

 

中には、「私たちは寄付しかできないんだ。ごめんね…」と言葉をかけて下さる人もいますが、必死になってNPO運営に携わる僕らにとっては、「寄付しかできない」という言葉がとてつもなく有難いのです。

 

 

寄付する意味、ちゃんと考えてみませんか?

いかがでしたでしょうか?

 

寄付という行為には、希望があります。社会課題を一緒に解決し、より良い社会を一緒に創っていこうという希望です。

 

これまで何となくで寄付をしていた人も、ぜひこの機会に「寄付する意味」を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

こちらの記事もあわせてお読みください。

www.kantahara.com