原貫太の国際協力ブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。国際協力やNPO・NGO、アフリカ、社会問題などのテーマを中心に解説しています。

NPOとNGOの違いを日本一わかりやすく解説【間違った説明が多すぎる!】

「NPOとNGOには、どんな違いがあるのだろう?」

「NPOとNGOにも、共通項があるのだろうか?」

 

こんな疑問にお答えします。

 

フリーランス国際協力師の原貫太です。学生時代にNGOを起業し、NPO法人化まで完了させた経験があります。

 

NPOとNGOの違いについてよく質問されますが、結論を最初に言うと、NPOとNGOは違いが明確に表れる対立する言葉ではありません。NPOとNGOは共存できる言葉です。

 

NPOとNGOの違いについて誤解している人が非常に多いため、他のどの記事よりもわかりやすく解説します。

 

 

NPOとNGOの違いは? 

NPOはNon-Profits Organizationの略称を指し、日本語では非営利組織と訳します。一方のNGOはNon Governmental Organizationの略称を指し、日本語では非政府組織と訳します。

 

NPOは構成員に対して収益を分配せず、社会課題解決を目的とする団体を指します。このうち日本ではNPO法人格を取得した団体を特定非営利活動法人、略称でNPO法人と呼びます。

 

NGOは政府や国際機関とは異なる民間の立場から、貧困、紛争、環境など国際的な課題解決を目指して活動する団体を指します。

 

NPOとNGOは「利益を主な目的にせず、社会課題の解決を目指して活動する団体」という共通点があります。なお、NGO法人という言い方は一般的にはしないので、注意してください。

 

NPOとNGOは似ている英語のため、NPOとNGOの違いについて気になる人もいるかもしれません。

 

しかし、NPOとNGOはただ似ている言葉なだけであって、違いが明確に現れるような対立する概念ではありません。

 

対立軸で捉えるなら、非営利組織を意味するNPOは一般企業(営利組織)と対立し、非政府組織を意味するNGOは公的機関(政府組織)と対立するからです。

 

そのためNPOであり、またNGOでもある団体はたくさんあるのです。つまり、NPOとNGOは並存できる言葉なのです。

 

例えば僕が働いていた認定NPO法人テラ・ルネッサンスは、日本でNPO法人格を取得しており、社会課題解決を主な目的とする団体のため、当然NPOとして分類されます。

 

それと同時に政府の組織ではありませんし、貧困や紛争などの問題を解決するために活動している団体なので、NGOでもあります。

 

NPOは国内、NGOは海外という区別は厳密には間違い

NPO NGO 違い

ウガンダの難民居住区

 

NPOとNGOの違いとして、日本では国内の問題(いじめ、自殺、子育てなど)に取り組む団体をNPO、国際的な問題(国際協力。環境・人権など)に取り組む団体をNGOと分類することがあります。

 

NPOとNGOの違いを「NPOは国内、NGOは海外」と指摘している記事もたまに見られます。

 

ただ、このようにNPOとNGOを区別するのは、厳密には正しくありません。なぜなら先ほども指摘した通り、NPOとNGOは違いが明確に表れるような対立する概念ではないからです。

 

国内の問題に取り組む組織(NPO)でも、それが政府組織でなければNGOと呼べますし、海外の問題に取り組む組織(NGO)でも、社会課題解決を主な目的とする団体ならNPOと呼べるからです。

 

「国内の課題に取り組むのがNPO、海外の問題に取り組むのがNGO」と解説している記事もたまにありますが、厳密にはこの分類方法は正しくありません。

 

海外ではNGOを名乗り、NPOはほぼ使わない

NPO NGO 違い

南スーダン難民支援に携わっていた時の筆者


アフリカをはじめとした国際協力の現場では、NGOと名乗ることはありますが、NPOと名乗ることは少ないです。

 

僕は東アフリカのウガンダ共和国で難民支援に携わっていましたが、そういった国際協力の現場では「NGOです」と名乗っていました。「NPOです」と名乗ったことはありませんし、恐らく意味が通じないと思います

 

英語で「Non-Profits Organiztion」と言えば大体の意味は通じるかもしれませんが、海外支援の現場ではNGOという言葉が一般的。NPOはあまり使いません。

 

NPOとNGOの違い まとめ

NPOとNGOの違いを解説しました。

 

NPOはNon-Profits Organizationの略称で非営利組織を、NGOはNon Governmental Organizationの略称で非政府組織を意味しますが、NPOとNGOは違いが明確に表れるような対立する言葉ではないため、その点は注意してください。

 

国内の問題に取り組む団体をNPO、海外の問題に取り組む団体をNGOと区別するのも正確には正しくありませんので、この点も間違えないように注意してください。

 

僕のブログではNPOやNGOに関する解説記事を多数アップしていますので、ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

 

こちらの記事もよく読まれています。あわせてご覧ください。

NPO法人の給料はいくら?どこから出る?元NPO職員がわかりやすく解説 - 原貫太の国際協力ブログ

 

 

【国際協力やNPOについて、一緒に勉強しませんか?】

「NPO活動について興味があるけど、具体的な関わり方がわからない…」

「NPOで働く人たちのナマの声を聞いてみたい…」

 

こんな悩みを解決するために、国際協力やNPOに特化したオンラインコミュニティを運営しています。

 

NPO職員の方たちだけではなく、将来的にNPO/NGOを仕事にしたいと考えている学生や会社員も多数所属しています。

 

興味のある方、ぜひ公式ホームページをご覧ください。

peraichi.com