原貫太オフィシャルブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。

NPOとNGOの違いを世界一わかりやすく解説します【具体例あり】

NPOとNGOの違い、ちゃんと説明できますか?NPOとNGO、それぞれの定義を説明できますか?

 

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。僕は大学在学中に国際協力NGOコンフロントワールドを創設し、NPO法人化まで完了させました。

 

NGO(NPO)で活動していると、しばしばNPOとNGOの違いについて質問されます。そもそもNPOとは何なのか?NGOとは何なのか?どなたにでも理解できるよう、NPOとNGOの違いを世界一わかりやすく解説します。

 

 

NPOとNGOの定義から確認

NPOとNGOの違いを説明する前に、まずはNPO・NGO、それぞれの定義を確認しておきましょう。

 

言葉の定義を把握すれば、自ずとNPO・NGOの違いがどこにあるかも分かってきます。

 

NPOとは?

NPO NGO

 

NPOは”Non-Profit Organization”の略称で、日本語では「非営利組織」と呼びます。NPOは様々な社会貢献活動を行いますが、団体の構成員に対して収益を分配することを目的としない団体の総称が「NPO」と考えて構いません。

 

NPOは「非営利組織」と訳されるため、しばしば「収益を生み出すことを目的としない組織」と思われていますが、これは大きな誤解です。NPOでも収益を目的とする事業を行うこと自体は認められますが、その事業を通じて生まれた収益を構成員に分配することができないのです。

 

「NPO=ボランティア」という誤解をしている人はめちゃくちゃ多いので、このあたりは別の記事でも詳しく解説しました。こちらもあわせてご覧ください。

www.kantahara.com

 

 

NPO法人とは?

任意団体であったとしても、公益に繋がる社会貢献活動を行なっている組織は、広義での「NPO」となるでしょう。

 

この中でも、日本の場合は特定非営利活動促進法に基づき法人格を取得した団体を「特定非営利活動法人」、略称で「NPO法人」と呼びます。

 

NGOとは?

NPO NGO


続いてNGOの解説です。一旦、頭からNPOは取っ払ってください。

 

NGOは”Non-governmental Organization”の略称で、日本語では「非政府組織」と呼びます。「政府」に「非」る「組織」なので、広義では地域の市民団体から大学のサークルまで、政府系の組織でなければどんな組織もNGOとなります。

 

元々NGOという言葉は、国連における会議の参加国以外の組織を指す言葉として用いられたことが始まりといわれています。そのため一般的には、NGOは国境を越えて活動する組織に使われる言葉です。

 

日本では、特に国際協力や環境の分野で活動する組織はNGOと名乗っているところが多いですね。僕が創設した団体コンフロントワールドも、NPO法人化が完了するまでは自分たちのことを「国際協力NGOコンフロントワールド」と呼んでいましたね。 

 

NPOとNGOに明確な違いは存在しない

NPOとNGO、言葉の定義を確認したところで、本題の「NPOとNGOの違い」に入ります。

 

結論的には、NPOとNGOという言葉の間に明確な違いは存在しません。そもそも、NPOとNGOの間に違いを見出そうとするのが誤っているのです。

 

NPO・NGOは対立する概念ではない

NGO NPO

 

記事タイトルには「NPOとNGOの違い」と書きましたが、そもそもNPOとNGOは違いが明確に現れるような対立する概念ではありません。

 

対立軸で捉えるなら、「非営利組織」であるNPOは「営利組織」と対立し、「非政府組織」であるNGOは「政府組織」と対立します。

 

多くのNGOはNPOであり、そしてまた多くのNPOはNGOでもあるのです。

 

NPOでありNGOでもある日本の国際協力団体

NPO NGO 違い

 

例えば、僕が学生時代に創設した国際協力NGOコンフロントワールドは、国内で講演活動を行う際は「日本人のグローバルイシューに対する関心を喚起する」という社会貢献を行なっていることから、NPOになりえます(もちろんそれ以外の活動でも)

 

そしてまた、特定非営利活動法人格を取得すれば「NPO法人コンフロントワールド」に生まれ変わります。

 

一方で、政府の組織ではないし、日本を飛び出してアフリカの支援を行なう団体であることから、NGOでもあります。国際協力をしていることがわかりやすく伝わるように「国際協力NGOコンフロントワールド」と、組織名称の前に「国際協力NGO」を付けることもありますね。

 

つまりはNPOであり、NGOでもある団体なのです。

 

NPOとNGOのざっくりした違い

NGO NPO

 

それでも、ざっくりしたNPOとNGOの違いを説明することは可能です。

 

日本では一般的に、地域や子育て、いじめ、労働環境など、国内の課題に取り組む団体をNPO、開発・貧困・人権・紛争など、国際的な課題(地球課題)に取り組む団体をNGOと使い分けています。

 

例えば病児保育の問題に取り組む特定非営利活動法人フローレンスはNPOではありますが、NGOという呼び方は”一般的には”あまりされません(もちろん広義ではNGOになりますが)

 

また、地雷・子ども兵・小型武器の問題に取り組む特定非営利活動法人テラ・ルネッサンスは、特定非営利活動法人格、つまりNPO法人格を持っていることからも(当然)NPOですし、国際的な課題に取り組んでいるという意味ではNGOとも呼ばれます。

 

海外ではNGOを名乗り、NPOはほぼ使わない

NGO NPO 

アフリカ滞在中、現地で活動する時は、例えば「We are Confront World, a Japan-based NGO」(私たちは日本発祥のNGOです)と、NPOではなくNGOを使っていました。

 

恐らく海外支援の現場ではNGOという言葉が一般的で、NPOという呼称はほとんど通じないと思われます。

 

まとめ

  • NPOは「非営利組織」と訳され、様々な社会貢献活動を行い、収益を構成員に分配しない組織
  • NGOは「非政府組織」と訳され、一般的には国境を越えて活動する団体を表す
  • NPOとNGOは対立する概念ではないため、明確な違いは存在しない。「非営利組織」であるNPOは「営利組織」と対立する。「非政府組織」であるNGOは「政府組織」と対立する。
  • NPOとNGOのザックリした違いは、国内の課題に取り組むのがNPO、国際的な課題(地球課題)に取り組むのがNGO
  • 海外の現場ではNGOを名乗り、NPOを使うことはほとんどない

 

こちらの記事もあわせてお読みください

www.kantahara.com