原貫太のブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。国際協力やNPO・NGO、アフリカの問題、フリーランスの働き方など様々なテーマを解説しています。

NPOとNGOの違いを日本一わかりやすく解説【誤解してる人が多すぎる!】

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。学生時代に国際協力NGOを起業し、その後NPO法人化まで完了させました。

 

NPOとNGOの違いについてよく質問を受けるのですが、結論を最初に言っておくと、NPOとNGOは違いが明確に表れるような対立概念ではありません。

 

非営利組織を意味するNPOは営利組織(企業など)と対立し、非政府組織を意味するNGOは政府組織と対立するからです

 

そのため、NPOとNGOは並存できる概念です。NPOとNGOの違いについて誤解している人も多いため、他の記事よりもわかりやすく解説します。

 

 

NPOとNGOの違いは?

NPO NGO 違い

NPOの代表として南スーダン難民の支援に取り組んでいた

 

NPOはNon-Profits Organizationの略称です。日本語では「非営利組織」と訳します。

 

NPOは構成員に対して収益を分配せず、社会課題解決を主な目的とする団体を指します。このうちNPO法人格を取得した団体を特定非営利活動法人、略称でNPO法人と呼びます。

 

NGOはNon Governmental Organizationの略称です。日本語では「非政府組織」と訳します。政府や国際機関とは違う民間の立場から、利益を主要な目的にすることなく、貧困、紛争、環境、人権など国際的な課題解決を目指して活動する団体を指します。

 

★関連記事★

NGOとは何か?元NGO職員が日本一わかりやすく、簡単に解説します! - 原貫太のブログ

 

NGOは元々、国連の会議で参加国以外の民間の非営利団体を指す言葉として使われていたのが始まりです。ただ、”政府”に”非”る”組織”なので、広い意味では地域の市民団体から大学のサークルまで、政府系の組織でなければどんな組織もNGOと呼ぶことができます。

 

★関連記事★

NGOの給料は341万円。そのお金はどこから出るの?元NGO職員がぶっちゃける - 原貫太のブログ

 

NPOとNGOは違いが明確に表れる対立概念ではない

NPO NGO 違い

NGOによる食糧配給の様子。ウガンダ北部の難民居住区で筆者撮影

 

NPOとNGOは似た言葉同士のため、多くの人が「NPOとNGOの違いは?」と疑問を持ちます。

 

しかし、この二つの言葉はただ似ているだけであって、両者の違いが明確に現れるような「対立概念」ではありません。対立軸で捉えるなら、

 

  • NPO(非営利組織)⇔一般企業(営利組織)
  • NGO(非政府組織)⇔公的機関(政府機関)

 

となりますからね。そのためNPOであり、またNGOでもある団体はたくさんあるのです。

 

僕がインターンをしていた認定NPO法人テラ・ルネッサンスは、NPO法人格を取得しており、社会課題解決を主な目的とする団体のため、当然ながらNPOとして分類されます。

 

それと同時に政府の組織ではありませんし、国境を越えた国際協力活動をしている団体なので、NGOでもあるのです。

 

「NPOは国内、NGOは海外」という分け方は、厳密には間違い

NPO NGO 違い

ウガンダの難民居住区

 

ざっくりとしたNPOとNGOの違いとして、日本では国内問題(いじめ、自殺、子育てなど)に取り組む団体をNPO、国際問題(国際協力。環境・人権など)に取り組む団体をNGOと分類することがあります。

 

NPOとNGOの違いを、NPOは国内、NGOは海外と指摘している記事もたまに見られますね。

 

ただ、この分類方法は厳密には正しくありません。なぜなら先ほども指摘した通り、NPOとNGOは対立する概念ではないからです。

 

国内の問題に取り組む組織(NPO)でも、それが政府組織でなければNGOと呼べますし、海外の問題に取り組む組織(NGO)でも、社会課題解決を主な目的とする団体ならNPOと呼べるからです。

 

「国内の課題に取り組むのがNPO、海外の問題に取り組むのがNGO」と紹介している記事もたまにありますが、厳密にはこの分類方法は正しくありません。

 

海外ではNGOを名乗り、NPOはほぼ使わない

NPO NGO 違い

南スーダン難民支援に携わっていた時の筆者


アフリカをはじめとした国際協力の現場では、NGOと名乗ることはありますが、NPOと名乗ることは少ないです。

 

僕は東アフリカのウガンダ共和国で難民支援に携わっていましたが、そういった国際協力の現場では「NGOです」と名乗っていました。「NPOです」と名乗ったことはありませんし、恐らく意味が通じないと思います

 

英語で「Non-Profits Organiztion」と言えば大体の意味は通じるかもしれませんが、海外支援の現場ではNGOという言葉が一般的。NPOはあまり使いません。

 

NPOとNGOの違い 総まとめ

  • NPOはNon-Profits Organizationの略称で非営利組織。NGOはNon Governmental Organizationの略称で非政府組織。
  • NPOは構成員に対して収益を分配せず、社会課題解決を主な目的とする団体。NGOは国境を越え、国際協力や環境、人権の分野で活動する団体。
  • NPOとNGOは明確な違いが表れる対立概念ではない。NPOとNGOは並存できる概念。
  • 国内の課題に取り組む団体をNPO、海外の問題に取り組む団体をNGOと分けることがあるが、厳密には正しくない。
  • 海外の現場ではNGOを名乗り、NPOを使うことは少ない

 

僕がNPO法人を設立した際に参考にしたおすすめ書籍を紹介しています➡NPOの本ならこの4冊!学生でNPO法人を設立した僕がおすすめします。 - 原貫太のブログ

 

国際協力やNPO・NGOに関するおすすめの書籍を30冊以上まとめて紹介しています➡国際協力おすすめ本32選 入門書から常識をブチ破る本、洋書までドドンと紹介 - 原貫太のブログ