原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

国連公用語が6言語である理由-日本語が入らないのはなぜ?



『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』を第一章まで無料公開中Kindle Unlimitedに登録すると体験期間に無料で読めます。

スポンサーリンク


国際協力に携わりたい人にとって気になるのが「言語」。特に国連を目指す人にとって、この問題は重くのしかかります。

 

僕自身、仕事をする上で英語の運用にはほとんど困らなくなったけれど、さらにプロフェッショナルとして活動していくために、もう一つくらい言語を習得しなければと思う毎日。アフリカに関わり続けたい僕は、フランス語の勉強を視野に入れています。

 

 「国際協力を仕事にするなら英語と国連公用語。語学力は即戦力になるよ。」で書いたように、 この世界で働くためには英語が必須で、かつ国連公用語ができるのが望ましいです。

 

今回の記事では「国連公用語」について解説します。

 

 

国連公用語は?

国連公用語 理由

 

憲章が規定する国連の公用語は中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語の5カ国語である。1973年、アラビア語が公用語に追加された。 (国際連合広報センター「加盟国と公用語」より引用)

 

国際連合の中でも、唯一法的な拘束力を持つ安全保障理事会。その常任理事国は、アメリカ・イギリス・フランス・中国・ロシアです。

 

まず、国連公用語には、常任理事国で使われている言語が反映されています。英語、フランス語、中国語、ロシア語がそうですね。

 

加えて、スペイン語が公用語に入っている理由としては、第二次世界大戦前からスペインが世界各地に植民地を持っており、世界中に多くの話者がいたというのが大きな理由でしょう。特に中南米に多く、またアメリカの一部にもスペイン語を話す人たちは暮らしています。

 

1973年にアラビア語が国連公用語に追加された理由は、

 

・中国語以外の公用語はすべて西欧諸国の言語

・中東~北アフリカではアラビア語の話者が多い

 

などが挙げられますが、「なぜこのタイミングで新たに追加されたのか?」は僕も分かりませんでした。ネットで調べてみたところ、「オイルショックをきっかけに…」などが見られましたが、根拠が曖昧です。何か情報をお持ちの方はぜひ教えて下さい。

 

 

日本語が国連公用語に入らない理由

国連公用語 理由

 

戦後70年以上が経ち、日本はGDPで世界の上位にずっと入ってきました。また、国連に分担金でも、アメリカに次ぐ2位を長年占めています。「そろそろ日本語が国連公用語に入ってもいいんじゃないの?」と思っている人もいるでしょう。

 

日本以外にも、同じく第二次世界大戦の敗戦国でありながら、今ではヨーロッパ統合で大きな役割を果たすドイツ(ドイツ語)、世界第二位の人口を誇り、経済成長著しいインド(ヒンドゥー語)など、国連公用語に加えられてもおかしくない言語はあります。

 

 

では、なぜ日本語やドイツ語が新しく国連公用語にならないのでしょうか。その理由は、「言語を導入することのメリットよりもデメリットの方が大きいから」でしょう。

 

現状でも6つの言語が公用語になっている国連では、翻訳業務一つとっても、莫大な経費が掛かります。実際には英語とフランス語による運用がほとんどである国連では、公用語を増やすことによって生まれる弊害の方が大きいのでしょう。

 

 

国連公用語を勉強するならどの言語が良い?

国連公用語 理由

 

英語ができることを前提として話すのであれば、自分が活動の対象にしたい地域の言語を勉強するのが良いでしょう。アフリカであればフランス語、中東であればアラビア語、南米であればスペイン語が話せれば非常に強いです。

 

ただ、国連ポストへの応募条件としては、「英語またはフランス語での業務遂行が可能であること」が多くの場合設けられているため、迷っている人であればフランス語がおすすめです。

 

 

その一方で、これからAIが進化していくことによって、「言語の壁」はほとんど無くなることが期待されています。先日、Googleが40か国以上の言語をリアルタイムで翻訳するイヤホン「Pixel Buds」を発表していたことが、大きな話題になっていましたね。そのうち、国連の会議における「同時通訳」という仕事も無くなるでしょう。

 

語学でディスアドバンテージを抱えた日本人が国連職員になりやすい日も、そう遠くない将来訪れるかもしれません。

 

 

まとめ

〇国連公用語は英語、フランス語、ロシア語、スペイン語、中国語、アラビア語

〇すでに6つもの言語が国連公用語になっている現状、日本語をはじめ新たに国連公用語を追加することはデメリットが大きい

〇国連公用語を勉強するなら活動の対象から選ぼう。迷っているならフランス語がおすすめ。

 

 

 

---

日本人のほとんどが苦手とする英語のスピーキング能力。僕はオンライン英会話を活用して上達させました。

www.kantahara.com