原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

積極的に行動するには 学生起業した大学生が3つの方法を紹介

積極的に行動するにはどうすればいいのでしょうか?

積極的になるには、どんなメンタルでいればいいのでしょうか

 

こんな質問が、時々寄せられる。 

 

学生起業したり、アフリカ支援をしたり、本を出したり、どうやら僕は積極的に行動を起こしているタイプの人間らしい。

 

正直、自分ではその自覚はあまりなかった。単純に、好きなこと、やりたいと思ったことを続けているだけだから。

 

でも、たくさんの人から「積極的になるには?」と質問されるので、僕なりの「積極的に行動を起こす方法」を全部で3つ考えてみた。あまり説教臭くはなりたくないので、どれもシンプルな考え方に過ぎない。

 

何か新しいことにチャレンジしたい。でも、なかなか積極的に行動を起こすことができない。積極的になれない。

 

そんな悩みを持っている人たちの背中を、ちょっとでも前に押せたら嬉しい。

 

 

積極的に行動するには 3つの方法を解説

僕が思うに、積極的になるには、以下の3つをシンプルに頭の中に入れておけばいいと思う。

 

  1. やるかやらないかで悩む時間を減らす
  2. 行動するための情報を集める
  3. 頭で考えこみ過ぎない

 

それぞれ説明したい。

 

 

やるかやらないかで悩む時間を減らす

積極的になるには

 

積極的に行動するには、まず一つ、やるかやらないかで悩む時間を減らそう。

 

直感的にでも「やりたい」と感じたことがあれば、「やる」と決めてしまう。時間をかけて悩むべきなのは、「やるかやらないか」(YES or NO)ではなく、「どのようにしてやるか」(HOW)だ。

 

積極的に行動を起こせない原因は、決断力のなさにある。やるかやらないかの判断にはやたらと時間を使って悩んでいるかと思えば、「やらない」と決めてからも、今度は「やっぱりやったほうがいいかな…」と、また悩んでいる。

 

 

やりたいことがあるなら「やる」と決め込んでしまい、その上で「どのようにしてやるか」を考える。

 

積極的になるには、やるかやらないか、そんな生産性のない悩みを頭から取っ払おう。

 

 

行動するための情報を集める

積極的になるには

 

積極的に行動を起こしたいなら、その「行動」を起こすために必要な「情報」を集めてみよう。

 

積極的過ぎるほどに行動している代表格、キングコング西野さんは著書『革命のファンファーレ』の中で、こんなことを書いている。

 

行動しない人間は、自分が行動しない理由を、すぐに「勇気」のせいにする。

「勇気がないから一歩踏み出せない」と言う。

これは違う。大間違いだ。

行動することに、勇気は必要ない。

 

子供の頃に一人で乗れなかった電車に、今、あなたが一人で乗れるようになったのは、あなたが勇気を手に入れたからではない。 「電車の乗り方」という〝情報〟を手に入れたからだ。

 

(中略)

 

一歩踏み出すために必要なのは、ポジティブシンキングではなく、ロジカルシンキングだ。

説明できてしまう事柄に「勇気」は必要ない。

一歩踏み出すことに勇気が必要だと思っているのであれば尚のこと、そんな不確かなものを取っ払ってやる為にも、とっとと情報を仕入れた方がいい。『革命のファンファーレ』より引用)

 

この本はマジで面白いので読んでほしい。

 

 

僕は、「行動を起こすために勇気は必要ない」とまでは思っていない。「知ることで勇気が生まれ、そして勇気が行動に繋がる」と考えている。

 

人は、自分が知らないことに対しては、不安をドンドン膨張させてしまう生き物だから。

 

僕もアフリカに行くまでは、

 

  • アフリカに行くためにはいくら費用が必要なのか。
  • 現地は危ないのか。治安は大丈夫なのか。
  • マラリアに感染しないか。病気にかかる心配はないのか。

 

など、全く情報が無かった。知らなかった。知らないからこそ、「お金が足りないのではないか」「事件に巻きまれたらどうしよう」「病気にかかってしまったら大変だ」と、不安に溢れていた。

 

でも、本やインターネットで調べたり、人から聞いたりして「情報」を得たことによって、それらの不安は消えていった。そして、今では年に2回もアフリカに行く人間になった。

 

積極的になるには、情報を集めることだ。必要な情報さえ集められれば、行動を起こすためにやらなければならないことも見えてくる。

 

 

頭で考え込み過ぎない

積極的になるには

 

積極的になるには、頭で考えこみ過ぎないようにしよう。

 

これまでの話とは少し矛盾するようだが、考え込み過ぎないことが積極的な行動に繋がっていく。頭で考えることは大切である反面、頭で考えているだけでは、物事は前に進んでいかないから。

 

実際に足を動かし、トライアンドエラーを繰り返す過程で、初めて分かることがたくさんある。実業家の堀江貴文さんも、著書『多動力』の中で「見切り発車は成功のもと」と語っている。

 

準備にばかり時間を取られてしまうのはもったいない。とにかく行動を始めてしまって、知識やスキルは実践する中で身に付け、後から修正を加えればいい。必要に応じて身に付く知識やスキルは、机の上で考えたり勉強したりして身に付くそれよりも、ずっと中身が濃いからだ。

 

「誰か仲間がいないと始められない」という人も多いが、自分が積極的に動き続けていれば、仲間は自然と集まってくる。僕が学生起業した時も、そうだった。

 

だから、ある程度考えて、ある程度情報が集まったら、行動を起こし始めよう。見切り発車で何でも始められる人は、積極的な生き方をしている。

 

 

さいごに

僕なりに、積極的に行動するための3つの方法をまとめてみた。

 

  1. 積極的になりたいなら、やるかやらないかで悩む時間を減らそう。考えるべきは「やる or やらない」ではなく、「どのようにしてやるか」だ。
  2. 行動を起こすために必要な情報を集めよう。無知は不安を拡大させる。知ることで勇気が生まれ、そして勇気が行動に繋がる。
  3. 頭で考え込み過ぎないようにしよう。実際に行動し始めて分かることがたくさんある。頭ではなく、体で考えよう。

 

積極的に行動したい人、積極的になるにはどうすればいいか悩んでいる人の参考になれば嬉しい。