原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

「国際機関で働きたい!」は高校生までで終わりにしよう

12月は寄付月間。あなたは「本当に意味のある寄付」ができていますか?

スポンサーリンク


 

「国際機関で働きたい!」が褒められる高校生

国際機関-就職

 

僕は高校で講演をさせてもらうこともあるので、SNSのフォロワー含め、周りには「将来は国際機関で働きたい」という高校生がちらほらいる。

 

 

高校生の時からグローバルな視点を持ち、世界で働く人間になりたいと言っていれば、周りの大人はみんな「すごいねー!そのために大学受験を頑張ろう!」と褒めてくれるはずだ。とりあえずは、それで終わる。

 

高校生であれば、これでいい。国際機関に就職するためには、偏差値の高い大学に入らなくてはならない。何となくでも、そう理解している人がほとんどだろう。だから、「国際機関で働く」を目標にして、受験勉強のモチベーションも上げることができるはず。

 

 

「国際機関」って、具体的にどれ?

国際機関-就職

 

でも、大学生、それも3年生・4年生になると、真剣に自分の仕事を考えなくてはならない時が必ず来る。もしかしたら、自分の人生のほとんどを占めるであろう「仕事」を、決めなくてはならない(ちなみに「大学卒業」だけでは国際機関で働くことは無理だが、この話は後日)。

 

だから、「国際機関で働きたい」程度の考えで自分の仕事を決めてしまってはダメだ。もっと真剣に考えよう。もちろん、可能ならば高校生も。

 

 

国際機関で働くことを考える時にも、大切なことは、理想と考える世界(=ビジョン)に近づくために、どの組織でどんな仕事に携わるのか、そこまでをしっかりと考えること。

 

国際機関と一言で言っても、分野は多岐にわたっている。国際機関の一つである国連だけでも、子どもの問題に取り組むUNICEF、難民問題に取り組むUNHCR、人道問題全般に取り組むUNOCHAなど、むちゃくちゃたくさんの組織がある。

f:id:KantaHara:20171206154420j:plain

国際連合広報センター「国際連合機構図」より借用

 

国連以外にも、国際機関はたくさんある。途上国に対する融資を行う世界銀行(World Bank)、世界最大の人道支援機関である赤十字国際委員会(ICRC)。世界的な人の移動(移住)の問題を専門に扱う国際移住機関(IOM)…。

 

他にも、「オックスファム」や「セーブ・ザ・チルドレン」といった大型国際NGOも、広く言えば国際機関に含まれるかもしれない。

 

 

"憧れ"だけで国際機関を目指さない!-国際協力における手段と目的

f:id:KantaHara:20171206162245j:plain

 

「国際機関で働きたい」という人。"憧れ"だけで国際機関を目指していないだろうか?

 

国際協力をする時に、手段と目的を取り違えないようにしよう。国連で働こうが政府機関で働こうがNGOで働こうが、そんなのは手段の一つに過ぎない。いつも言っているけれど、手段と目的を履き違えてはならないの。

 

認定NPO法人テラ・ルネッサンスのカンボジア駐在員である延岡由規さんは、国際協力専門マガジン『国際協力師たちの部屋』の中で、以下のように語っている。

 

「国際協力」をすることが目的になっている人がたま〜にいるんですよね。原さんの周りでもいませんか?

例えば、大学に入った新入生が国際協力サークルに入るパターン。入った当初は「途上国の人のために何かしたい」とか、熱い想いを抱いていても、時が経つにつれて次第にそれが薄れていく。サークルに所属している=国際協力に携わっていること自体に満足感というか、ある種の優越感を覚えてしまって、現地の人たちへの想いがなくなりはせえへんけど、気付いたらどんどん冷めちゃってる人っていると思うんですよね。

他にも、青年海外協力隊や国連職員を目指している人なんかもね。それになること自体が目的化していて、その先にあるヴィジョンに雲がかかってしまっている状態の人がいたり。もちろん、憧れとか夢を持ってて素晴らしいと思うんやけど、そこで終わるのがもったいない気がして。

(中略)

繰り返しになるけど、「国際協力」は理想の世界を実現するために、数ある手段の中のひとつに過ぎないってこと。『vol.1-4 そもそも「国際協力」って何?(延岡)』より引用

 

 

一言だけアドバイスすると、国連や政府よりもNGOがオススメです

国連-NGO

 

国連や政府機関というのは、組織や事業の規模が大きく、広告費も莫大に使えるので、自ずと認知度が高くなる。そんでもって、カッコよく見えてしまう。

 

でも、NGOセクターで働いている者として、これから国際協力を志す学生に、一言だけアドバイスがある。

 

正義感が強く、それでいてパッションがある人は、国連でも政府でもなく、NGOの立場で国際協力に携わることを勧める。国連や政府はその政治性ゆえに、国益やパワーバランスに飲み込まれてしまい、その機能が度々麻痺している。

 

例えば、シリア内戦における安全保障理事会の機能不全を見たら、一目瞭然だろう。常任理事国五カ国(アメリカ・ロシア・中国・イギリス・フランス)に拒否権があり、要は第二次世界大戦に勝った国に都合のよい体制が敷かれている。

 

一方で、非政府組織であるNGOは、目指すビジョンをベースとして、「世界を良くしたい」という純粋な動機で活動を実施できる。朝日新聞元アフリカ特派員である三浦英之氏のツイートが、そのことを端的に表してくれている。

 

 

---

"国際協力に携わりたいなら、「国際機関で働きたい」は高校生で終わりにしよう。"というツイートをした後に、Saraharでこんなメッセージが届いた。

f:id:KantaHara:20171206163654j:plain

 

正直に言えば、僕も国際協力の活動を始めてすぐの頃は、「国際機関で働きたい」と何となく考えていた時期があった。

 

でも、色々なことを学んだ過程で、今はその「反省」を活かし、僕のあとに続く「未来の国際協力師」たちにアドバイスをしている。そのことを理解してほしい。

 

 

「不条理の無い世界の実現」に近づけるよう、僕と一緒にがんばろう。

 

 

▼国際協力に関心を持ち始めたばかりの人にオススメ

 

▼国際協力を仕事にしたい人にオススメ

 

▼平和構築や紛争解決に関心がある人にオススメ←マジで良書

 

こちらの記事も併せてどうぞ!

【究極おすすめ】国際協力を仕事にしたい人が絶対読むべき本
後悔しない高校生活を!世界で働く僕がやっておけばよかった6つのこと
【プロが語る】国際協力するなら英語が必要なアイテムである3つの理由

 

P.S.

ちなみに、Sarahahで寄せられたような反意むき出しの意見って、大抵は「正義の代理人」なんですよね。絶対に「国際協力をしたい高校生」本人ではない。国際協力に関心がある当の高校生たちは、「なるほど…深く考えます!」となるはずです。

 

本人が気にもしないことを「そんな発言したら傷付く人がいますよ?」と炎上を焚き付けてくる「正義の代理人」でしょう。はあちゅうさんのインタビュー記事がクソ面白かったです。

wol.nikkeibp.co.jp