原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

長時間フライトの過ごし方!10時間飛行機でも乗り越える7つの過ごし方

スポンサーリンク


長時間フライトの快適な過ごし方が、少しずつわかってきた。

 

僕は昨年の渡航に続き、今年はアフリカに2回足を運んだ。日本からアフリカへ飛行機で移動する際、どんなに短時間のフライトでも24時間前後は必要だ。僕はエチオピア航空を使い、香港、アディスアベバ(エチオピア)経由でウガンダに渡航したが、

 

日本~香港:4時間30分

香港~アディスアベバ:10時間40分

アディスアベバ~エンテべ(ウガンダ):2時間05分

乗り継ぎ:4時間

 

がかかる。

 

 

過去には日本~アメリカの太平洋横断や、アメリカ〜ドバイの地中海横断などの長時間フライトを経験してきたが、最近になって長時間の飛行機移動にもだいぶ慣れてきた。長時間フライトの過ごし方を全部で7つ紹介したい。

 

 

 

 

 

長時間フライトの快適な過ごし方

機内で寝るために夜出発の飛行機を取ろう

飛行機 過ごし方

 

長時間フライトの快適な過ごし方、その一つ目は、夜出発の飛行機を予約することだ。

 

朝出発の飛行機だと、仮に寝ることができても、ほんの数時間で目が覚めてしまうだろう。夜出発の飛行機を予約すれば、(途中機内食で起こされる可能性は有るかもしれないが)睡眠で6~7時間は簡単に消費することができる。

 

ただ、僕は座って寝るのがあまり得意ではない。願わくば、ビジネスクラスで席を倒して寝たいくらい。でも、お金が無いのでエコノミークラスで我慢している。

 

僕みたいな「座って寝るのが苦手人間」でも、ネックピローがあればいくぶん寝やすくなる。ネックピローは、長時間フライトを快適に過ごすための必須アイテムだろう。とりあえず僕は、ネットで2000円弱で買えるのを選んだ。

 

 

機内は乾燥している!水分をしっかり補給しよう

機内 過ごし方

 

長時間フライトでは、水分補給をしっかりすることが快適に過ごすためのコツだ。

 

飛行機の中ではトイレに行くのが面倒くさいからと水分補給を怠る人がいるが、たった1.5%の水分が身体から抜けるだけでも、人は軽い脱水症状を起こしてしまう。脱水症状になれば、倦怠感やイライラを感じるようになり、ストレスが蓄積されていく。

 

10時間以上もの間、機内に拘束される長時間フライト。ただでさえエコノミークラスの狭い座席でストレスを感じる上に、脱水症状から来るストレスも重なっては心身に良くない。だから、水分は細目に摂ろう。

 

ちなみに、「喉が渇く」のではすでに身体から多くの水分が失われてるというサイン。渇きを感じる前に、一口大の水を飲むことが好ましいとされている。

 

飛行機に搭乗する前に、機内持ち込み可のペットボトルの水を購入しておこう。自分のペースで水分補給をできる状態にしておくのが望ましい。

 

 

トイレに立つために通路側の席を予約しよう

機内 過ごし方

 

「せっかくの飛行機!窓から壮大な景色を拝みたい!」という人は、飛行機初心者だ。まぁ、僕は中学3年生で初めて飛行機に乗った時、窓側の席に座りたくて友達と喧嘩していたがw

 

3列シートで窓側の席に座ってしまうと、トイレに行くために席を立とうとしても、通路側、何なら真ん中の席の人も爆睡していて、大変な想いをすることになる。これもまた、長時間フライトではストレスになる大きな原因だ。トイレを我慢し始めたら、肉体的にも精神的にもストレスがかかる。

 

長距離を飛行機で移動する際には、予約の段階で通路側の席を抑えておくのが原則だ。

 

 

トイレに行くついでに軽くストレッチをしよう

機内 過ごし方

 

飛行機で長時間旅行したあと、飛行機を降りて歩き始めたとたん、急に呼吸困難やショックを起こし、ときには亡くなることもある-。これが「エコノミークラス症候群」と呼ばれる病気の典型的なケースです。(中略)飛行機のエコノミークラスで旅行すると、長時間狭い椅子に座ったままの状態を強いられることが多く、足の血液の流れが悪くなり、静脈の中に血の塊(静脈血栓)ができることがあります。この静脈血栓は歩行などをきっかけに足の血管から離れ、血液の流れに乗って肺に到着し、肺の動脈を閉塞してしまいます。これがエコノミークラス症候群です。(「[46] 急性肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)の話」より引用)

 

これを調べながら、「最悪、死に至ることもあるのか…」と衝撃を受けた。

 

個人的には、ずっと同じ姿勢で座っていると、身体がムズムズしてきて、ストレスがたまってくる。だから、トイレに行くタイミングで、軽く屈伸したり、背伸びをしたりと、ストレッチをして身体の血行を促進している。これも、長距離のフライトを乗り越える一つの方法だ。

 

ただ、窓側の席に座ってしまった場合、隣の人が寝ている時はなかなか席を立つことができない。そんな場合を考慮して、着圧ソックスを履いておくのもおすすめだ。足のむくみ対策にもなる。

 

 

リラックスできるように伸縮性のあるズボンを履こう

飛行機 長時間

 

長時間の飛行機移動では、スエットやジャージなど、リラックスできるように伸縮性のあるズボンを履こう。自宅から空港までの移動が恥ずかしければ、バックパックにズボンを入れておいて、搭乗前に空港のトイレで着替える。

 

先ほど書いたように、時々ストレッチに席を立つのが好ましいが、靴を脱いで足を軽く動かしたり、座席の上で膝を抱えたりするのも、多少ではあるが効果的(マナー違反にならないように!)。そのため、フライトが長時間にわたる時は、ジーパンではなく、伸縮性のあるスエットやジャージが好ましい。

 

 

没頭できる映画やドラマを観よう

飛行機 長時間

 

王道ではあるが、没頭できる映画やドラマを一本観るのも、長時間フライトの過ごし方の一つだ。

 

ただ、日本の航空会社ではなく、海外の航空会社を使うと、字幕に英語やフランス語、中国語はあるものの、日本語は用意されていないことが多い。

 

オススメはAmazonプライム・ビデオのアプリを使い、観たい映画やドラマを端末にダウンロードしておくこと。映画を一本見るだけでも2時間以上、海外ドラマを何本か続けてみれば、5時間くらいは簡単に消費できる。 

 

 

Kindleかタブレットを機内に持ち込もう

飛行機 長時間

 

普段忙しい人にとっては、飛行機の長時間移動は集中して本を読める貴重な時間になる。

 

ただ、読みたい本が何冊かあっても、荷物が多くなるからすべて機内に持ち込むことは難しい。だからこそ、飛行機移動に欠かせないのがKindle

 

Kindleなら、事前に本のデータをダウンロードし本体に取り込んでおけば、ネットに繋げない飛行機の中でも読むことができる。

 

また、(あたりまえだが)海外滞在中は日本語の本を購入できない。アフリカでも読書で気分転換することが多い僕だが、読むスピードが早いこともあり、日本から持って行った本はすぐ読み終わってしまう。

 

Kindleであれば、Wi-Fi環境さえ手に入ればAmazonから本を購入してすぐ読み始められる。Kindle版は紙版の定価より10%〜50%安いため、本体にかかったコストはすぐに取り戻せる。おまけに半額や50%ポイント還元セールなどを行う出版社もあるので、総じてメリットが多い。

 

ちなみにだが、FireタブレットであればKindle&タブレット両方の機能を備えているため、読書も映画・ドラマ鑑賞も、これ一台で完結することができる。おすすめだ。

 

 

長時間フライトの快適な過ごし方まとめ

  1. 機内で寝るために夜出発の飛行機を取ろう
  2. 機内は乾燥している!水分をしっかり補給しよう
  3. トイレに立つために通路側の席を予約しよう
  4. トイレに行くついでに軽くストレッチをしよう
  5. リラックスできるように伸縮性のあるズボンを履こう。
  6. 没頭できる映画やドラマを観よう
  7. Kindleを機内に持ち込んで読書しよう

 

せっかくの旅行。行き帰りの長距離フライトでストレスや疲労を感じていてはもったいない。自分にぴったりの方法で長時間フライトを快適に過ごそう。

 

Kindleとタブレット、両方の機能を備えているFireタブレット。長時間フライトにおすすめです。

 

機内での足のむくみが気になる人は、着圧ソックスを活用しよう。

 

★関連記事★

www.kantahara.com