原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

飛行機便利グッズ 長時間フライトを快適にする10のアイテムを紹介

\ツイッターのフォローをお願いします/
ブログ更新のお知らせや限定情報を発信しています。ぜひフォローしてくださいね!
スポンサーリンク

10時間以上の長時間フライト…。ただ飛行機の中で寝て過ごすのは辛い。この記事で紹介する便利グッズを機内に持ち込み、空の旅を快適にしましょう。

 

これまでアフリカに3回渡航した原貫太(@kantahara)です。

 

日本からアフリカに飛行機で移動する時、10時間以上の長時間フライトを乗り越える必要があります。そんな飛行機に長時間乗る時には、「どんな便利グッズを使って快適に過ごすか?」を考えなくてはなりません。飛行機に搭乗してから、「あぁ…あれを持って来ればよかった…」と後悔しては遅いです。

 

長時間フライトを快適にする飛行機の便利グッズ、全部で10個まとめました。

 

 

 

 

飛行機の便利グッズ 長時間フライトを快適にする10のアイテム

飛行機 便利グッズ

 

アイマスク+耳栓セット

飛行機で長時間移動する時、一番の方法は寝てしまうことです。

 

僕は長時間フライトの時、できる限り夜に出発する飛行機を予約しています。途中、機内食で起こされる可能性は有るかもしれませんが、睡眠で5~6時間は簡単に消費できるからです。

 

機内が明るくて寝られない、隣の人のいびきがうるさい、そんなケースを想定し、アイマスクと耳栓のセットを飛行機に持ち込みましょう。快適な睡眠が得られます。

 

 

ネックピロー

飛行機で寝る場合、座席に座ったまま寝る必要があります。

 

が、僕は座って寝るのが得意ではありません。僕みたいな「座って寝るのが苦手人間」でも、ネックピローがあればいくぶん寝やすいです。まぁ、長時間フライトを快適にするための便利グッズとしては王道ですよね。

 

とりあえず僕は、ネットで2000円ちょいで買えるのを選びました。

 

 

着圧ソックス

飛行機の長時間フライトでは、狭い座席に何時間も座っている必要があります。トイレに行くついでにストレッチをする、伸縮性のあるズボンをはく、といった行為もおすすめですが、着圧ソックスが便利です。足のむくみ対策になります。

 

 

マウスウォッシュ

飛行機のトイレって、狭いし洗面台は小さいしで、何かと不便。外で待っている人がいる時、ゆっくり歯磨きしていられないですよね。

 

でも、ちゃんと口内ケアしておかないと、起床後に不快感を味わうことになります。

 

「歯磨きが面倒くさい。でも、お口の中は快適にしておきたい。」という人は、飛行機にマウスウォッシュを持ち込みましょう。持ち運びサイズが便利です。

 

 

スリッパ

飛行機 便利グッズ

飛行機の中で何時間も靴を履いているのは嫌、という人も多いでしょう。僕もその一人です。でも、裸足でいるのは何となく恥ずかしい気もします。

 

トイレに行くたびに靴を履くのも面倒くさいですよね。折り畳みできる軽量のスリッパを一つ持ちこみすると便利です。

 

 

足置き台

飛行機に乗っている間、足場に困っている人にとっては、足置き台が便利グッズになります。

 

ロングフライト症候群(エコノミー症候群)にならないようにするためには、できる限り足を高い位置に置いておく必要があると言われています。旅行用に作られた足置き台を飛行機に持ち込みましょう。

脚の疲れ・むくみをリフレッシュする足台

 

 

Kindle

飛行機に長時間乗る時、僕はKindleを機内に持ち込みます。普段は読書にゆっくり時間を割けない僕にとって、長時間フライトは集中して本を読める貴重な時間。飛行機の中ではネットも繋がらないので、外部の連絡を遮断し、落ち着いて本を読むことができます。

 

紙の本を飛行機に持ち込むのでは、荷物が多くなってしまいます。Kindleでは、ネット環境がある時に端末にデータをダウンロードしておけば、機内でも快適に読書を楽しめます。読書は最高の暇つぶしになります。

 

また、海外滞在中は日本語の紙書籍は購入できません。その一方で、Kindleなら、Wi-Fi環境さえ手に入れば、Amazonから購入してすぐに読み始められます。

 

日本~アフリカの長時間フライトでは、僕にとってKindleは機内に持ち込む必須の便利グッズになりました。飛行機の退屈な時間が、本を読める貴重な時間に変わります。

 

 

タブレット(スマホ)

飛行機 便利グッズ

 

王道ですが、飛行機の長時間フライトでは、映画やドラマを観て暇つぶしするのがおすすめです。僕はアフリカから帰ってくる飛行機の中で、『君の名は。』を2回(笑)観ました。

 

海外の航空会社が運航する飛行機だと、字幕に日本語が用意されていない映画がほとんどです。英語ができる人なら問題ありませんが、機内でも日本の映画やドラマを観たい人は困ってしまいます。

 

オススメはAmazonプライム・ビデオのアプリを使い、観たい映画やドラマをタブレット(もしくはスマホ)にダウンロードしておくこと。映画を一本見るだけでも2時間以上、海外ドラマを何本か続けてみれば、5時間くらい簡単に消費できます。

 

Amazonが販売するFireタブレットなら、本を読むためのKindleと映画を見るためのタブレット、両方の機能を備えているので便利です。溜まっている映画やドラマを長時間フライトで一気に消費したい人には、タブレットを飛行機に持ち込むのを勧めます。

 

 

モバイルバッテリー

長時間フライトでKindleやタブレットを使うとなると、気になるのがバッテリーです。最近では座席にUSBポートがある飛行機も増えてきましたが、充電スピードが遅かったり、二つ以上ポートが必要になったりするケースも想定されます。

 

モバイルバッテリーは海外旅行でも非常に便利なグッズなので、機内にも一つ持ちこみすると安心です。僕はAnker Power Coreを使っています。

 

 

目薬

読書をするにせよ、映画・ドラマを観るにせよ、乾燥した機内で目を使っていると次第に目が疲れてきます。

 

また、僕はコンタクトレンズを使っていますが、機内での案内を見落とさないためにも、コンタクトは付けたまま飛行機に乗っています。そして、外すのが面倒くさいため、機内搭乗後もしばらく付けたまま。

 

目薬を一つ飛行機に持ち込むと、乾燥や疲れから目を守ることができます。僕は強いクールタイプが好きです。

 

 

さいごに

飛行機 便利グッズ

 

飛行機の長時間フライトを快適にする便利グッズを10個紹介しました。

 

飛行機移動、中でも長時間のフライトを乗り越えるベストな方法は、寝てしまうことです。そのために、アイマスク・耳栓、ネックピローなどの睡眠グッズは、飛行機に持ち込む必須の便利グッズと言えるでしょう。寝る前の歯磨きが面倒くさい人は、マウスウォッシュが便利です。

 

寝られない時は、Kindleやタブレットを使って、読書や映画鑑賞に耽るのがいいでしょう。特に、Kindleとタブレット両方の機能を備えたFireタブレットはおすすめです。

 

紹介した便利グッズを活用し、飛行機での快適な過ごし方を考えてみてくださいね。