原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

英語圏で安い海外旅行をしたい人にフィリピンをおすすめする6つの理由

スポンサーリンク


英語圏に海外旅行!って人はすぐにイギリスやアメリカを頭に浮かべます。

 

僕は嫌です。物価がとにかく高いから。1週間の旅行でも、20万円以上はかかりますよね。大学生の時にニューヨークを一人旅しましたが、どこのレストランもバカ高いので、毎食安いsubway(サンドイッチ)で済ませていました。

 

ということで、英語圏で安い海外旅行をしたいなら、東南アジアのフィリピンをおすすめします。6つの理由を簡単にご紹介。

 

 

 

 

なぜフィリピンは英語圏?

英語圏 安い 海外旅行

 

アメリカのコールセンター(電話受付業務)が世界一あると言われるフィリピン。英語が公用語です。

 

そもそも、なぜフィリピンは英語圏なのか。おすすめ理由を紹介する前に、簡単に説明します。

 

 

1900年代前半からアメリカの植民地になったフィリピン。統治時代、宗主国であったアメリカは英語教育に力を入れました。

 

フィリピンには島が7000以上あり、そして言語は(なんと!)約170もあると言われています。そのため、フィリピン人同士でもコミュニケーションを取りにくいという状況が度々あったとか。植民地統治を円滑に進めるため、アメリカはフィリピンでの英語教育に力を入れたそうです。

 

アメリカからの独立後も、フィリピンは国として英語教育に力を入れました。そのため、フィリピン国内では国民のほとんどが英語を話すことができるのです。

 

 

英語圏で安い海外旅行をしたいならフィリピン!6つの理由

ここからは、英語圏に安く旅行したい人がフィリピンを選ぶべき理由を簡単に紹介します。特にお金の無い学生は必見です。

 

①日本から4時間でいける英語圏

英語圏 安い 海外旅行

 

大学1年生だった時の僕も、「どうせ海外旅行をするなら英語圏が良い。でも、お金は安い方が良い…」という理由から、フィリピンを渡航先に選んでいます。

 

アメリカへのフライトが10時間以上かかる一方、フィリピンなら日本から飛行機で約4時間。時期にもよりますが、最近はLCCの発達もあって、チケット代も往復で4万円前後と非常に手ごろです。航空会社がセールをやっていれば、往復で2万を切る時もあるとか。

 

代理店を通じて航空券を予約すると高くついてしまうため、Surpriceなどを利用し、チケットは自分で確保するようにしましょう。

 

 

②物価が安い

英語圏 安い 海外旅行

 

物価がとにかく安いです。

 

一般的に、フィリピンの物価は日本と比べて約3分の1と言われています。また、職種によるものの、フィリピン人の給与は新卒で20,000円~と、日本人の約10分の1。

 

ローカルレストランを利用すれば、一回の食事は約200円~300円で済ませることができます。屋台なら100円以下でお腹いっぱいになることも。僕がフィリピンに滞在していた時は、友人と一本20円の焼き鳥を食べていました。

 

また、ホテルもドミトリーを使えば、一泊500円~1000円で抑えることができます。2000円~3000円出せば、ある程度ランクの高いホテルに泊まることも可能でしょう。

 

ホテルの価格を比較するなら最安値を検索できるトリバゴを使ってみて下さい。

 

 

③観光地も充実

英語圏 安い 海外旅行

 

観光地も充実しているフィリピン。特にセブ島は日本人にも人気のリゾートで、南の島でゆっくり過ごしたいという人におすすめ。

 

外国人も訪れる観光地になれば多少は物価が高くなりますが、ロンドンやニューヨークと比べたら圧倒的に安い。

 

また、フィリピンでは貧困や著しい格差など、途上国の問題を学ぶスタディーツアーを提供している団体も多数存在します。僕は大学1年生の時に、日本のNGOが提供するスタディーツアーに参加しました。文化も生活様式も、日本とは全く違った環境にある途上国だからこそ、そこから学べることもあるはず。

 

 

④語学留学先としても有名なフィリピン

英語圏 安い 海外旅行

 

僕はイギリスやアメリカなど、先進英語圏への留学を勧めません。理由は費用がバカ高いから。

 

プログラム費用に加え、航空券代や現地生活費も考慮すると、たった数週間〜数ヶ月でも50万円、下手したら100万円近くかかる場合もあります。日本でも英語は勉強できるのに、なぜそんなに高いお金を使ってまでアメリカに語学留学するのだろう?

 

…それでも英語を学ぶため留学をしたいという人には、フィリピンでの語学留学を勧めています。費用の安さや治安の良さから、フィリピン語学留学はかなり盛り上がっていますね。

 

旅行と留学を兼ねても良いかもしれません。費用も安いですよ~。

 

公式サイトでチェック➡フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

 

 

⑤英語の訛りは気にする必要ない

英語圏 安い 海外旅行

 

日本人は海外ドラマの観すぎなのか、「アメリカン・イングリッシュやクイーン・イングリッシュのようなカッコよい発音を学びたい~」と思っている人が多いようですが、英語の訛りなんて気にする必要はありません。

 

英語なんて所詮コミュニケーションツール。伝わればそれでいいんです。一度、インド人やウガンダ人が話している英語を聞いてみて下さい。めちゃくちゃに訛っていますが、それでも伝わっています。

 

世界人口70億人のうち、英語人口は約17.5億人。それに対して、ネイティブスピーカーは約3.9億人と言われています。つまり、英語を第二言語として話す人の方が多いのです。

 

だから、別にネイティブスピーカーから英語を教わらなくても問題はありません。まぁ、フィリピン人は発音がきれいな人が多いんですが(笑)

 

 

⑥治安も安定している

英語圏 安い 海外旅行

 

マニラやセブ島など、観光客もたくさん訪れる場所であれば治安は安定しています。外務省の海外安全ホームページでもレベル1です。

 

一方で、フィリピン国内にも治安が悪い地域もあります。例えば、ミンダナオ島では渡航中止勧告を意味するレベル3が発出されています。このような地域には、旅行客が近寄るのは避けましょう。

 

また、特に貧富の格差が大きい首都マニラでは、スリや置き引きなどの軽犯罪は頻発しています。「夜間の一人歩きは極力避ける」「人ごみに長時間滞在しない」など、基本的な安全対策は遵守するようにしましょう。

 

 

まとめ-英語圏で安い海外旅行をしたいならフィリピン!

〇日本から4時間で行ける。航空券代も安い。

〇物価が安い。日本の約3分の1。

〇観光地も充実している。日本と全く違った環境にある途上国旅行がおすすめ。

〇語学留学先としても有名。旅行と留学を兼ねてもいいかも。

〇英語の訛りを気にする必要はない。というか、フィリピン人の英語はインドやウガンダに比べたら綺麗です。

〇治安も安定している。一部危険な地域もあるので、旅行者は近寄らないように。

 

 

英語圏で安い旅行をしたいなら、ぜひフィリピンを検討してくださいな!

 

 

旅行の準備は大丈夫?

海外旅行中も常にネットと繋がりたいなら”海外Wi-Fiレンタル”がオススメです - 原貫太オフィシャルブログ

まだ海外旅行傷害保険付きのクレジットカード持っていないの? - 原貫太オフィシャルブログ