原貫太オフィシャルブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。

オンライン英会話に飽きたら読んで!マンネリを克服できる6つのワザを紹介

オンライン英会話を一年間継続し、苦手だったスピーキングを克服した原貫太@kantaharaです。オンライン英会話のおかげでアメリカ留学もスムーズに開始できました。

 

ただ、一年間もオンライン英会話を勉強していると、途中で飽きたり、マンネリ化する瞬間があるんですよね。

 

同じような悩みを抱える人の参考になればと思い、この記事を書きました。「オンライン英会話に飽きてきた人、マンネリ化してきた人が実践するべき6つの方法」を紹介します。

 

 

◆こちらの記事もおすすめです!

www.kantahara.com

 

マンネリ化してきた?オンライン英会話に飽きたタイミングで試すべき6つの方法

多分、この記事は「オンライン英会話 飽きる」で検索しないと表示されないくらい、ニッチな記事になると思いますw

 

そんな悩みを持つ人に紹介する6つの方法は、 

 

  1. レッスン内容を変える。ニュースのディスカッションはおすすめ
  2. 講師の国籍を変えてみる。DMM英会話は良かったよ
  3. 仲の良い先生を一人か二人作る
  4. レッスン終了後、そのまま次回レッスンを予約する
  5. 英会話習得が必要な環境を用意する
  6. 毎日同じ時間帯にオンライン英会話を勉強する

 

です。一つ一つ解説します!

 

レッスン内容を変える。英語ニュースのディスカッションがおすすめ

オンライン英会話 マンネリ 

オンライン英会話をやっているみなさん、普段どんなレッスンを受けていますか?

 

僕がオンライン英会話を勉強していたときは、基本的に毎回「フリートーク」を選び、気分が向いたらそのサービスが用意した教材を使っていました。

 

でも、毎回同じようなレッスンを受けていると、必ず飽きたり、マンネリ化したりするタイミングがあります。そんなときは、思い切ってレッスン内容を変えてみましょう。

 

例えば、普段TOEIC対策のレッスンを受講している人は、タイプもレベルも違うTOEFLの勉強をやってみたり、いつもテキストを使って勉強している人は、25分間フリートークに挑戦するのもいいでしょう。

 

個人的におすすめなのが、英語ニュースのディスカッションです。例えばThe Japan Timesで気になったニュースを2つか3つ選び、オンライン英会話の講師と議論するのはどうでしょうか?

 

日本に関連するニュースなら背景知識も多少はありますし、事前にしっかり読み込んでおけば英会話初心者の人でも意外と議論ができると思います。ニュースは毎日のように更新されていますし、内容に飽きることも、マンネリ化することもほぼないでしょう。

 

英会話講師の国籍を変える。その国の文化や政治について聞いてみる。

オンライン英会話 マンネリ


オンライン英会話の講師はほとんどがフィリピン人の先生です。「フリートークやってるけど、フィリピンの話題は飽きてきたなぁ」という人は、先生の国籍を変えてみましょう。

 

僕がやっていたオンライン英会話はDMM英会話なのですが、110ヶ国以上の講師が在籍しており、フィリピン以外の国の先生とも英会話を楽しめました。僕はルーマニアやインド、バングラデシュの先生ともレッスンしていましたね。

 

国籍が変わるとその国の文化や政治について学ぶ機会にもなりますし、先生の英語の発音も少し訛っていたりと、マンネリを克服する一つのきっかけになるはずです。

 

「今やっているオンライン英会話に少し飽きてきたな」と感じる人は、多種多様な国籍の先生が所属するDMM英会話に思い切って乗り換えるのもありです。無料体験も2回受けられます。

 

\DMM英会話の無料体験はこちら/

 

一人か二人、顔なじみの先生や仲のいい先生を作る

オンライン英会話 マンネリ


オンライン英会話を始めてから半年くらい経ったときでしょうか、僕はルーマニア人の先生と気が合い、その先生と度々レッスンをするようになりました。

 

オンライン英会話に飽きてしまう前に、一人か二人、仲のいい先生を作っておきましょう。長く続けていれば、趣味や価値観がピッタリ合う先生を見つけられるはずです。

 

僕はルーマニアの先生とレッスンをしていた時、

 

「やあ、Kanta(僕のこと)。この前話していた大学の試験、上手くいったかい?」

「昨日は時間がなくて議論が最後まで到達しなかったね。続きを話そうか。」

 

など、友人のような会話を楽しめていました。オンライン英会話といえども先生と”友達”になれば、飽きること、マンネリ化することも少なくなるでしょう。

 

レッスンが終わったらすぐ次のレッスンを予約する

オンライン英会話 マンネリ


オンライン英会話の勉強に対するモチベーションが上がっている時は、「今日もたくさん英語を話せたな」「もう少し時間があれば、自分の意見を伝えられたのに…」などと実感している時。

 

つまり、レッスンが終わったすぐ後なら、どんなに飽きっぽい人であってもモチベーションがアップしているはずです。だからこそ、毎回レッスンが終わったら、その勢いのままに次のレッスンも予約しましょう。

 

授業が忙しい大学生や仕事が忙しいサラリーマンなら、レッスンの予約を忘れてチケットを無駄にしてしまった経験もあるかもしれません。飽きないためにも、予約を忘れないためにも、レッスン終了後すぐに次回分を予約しましょう。

 

毎日同じ時間帯にオンライン英会話を勉強する

オンライン英会話 飽きた


飽きっぽい人が何か一つの物事を継続する方法は、習慣化してしまうことです。オンライン英会話の勉強も毎日の習慣にしましょう。

 

オンライン英会話をやっている人は、ほとんどが「毎日1レッスンプラン」を受けているかと思います。毎日1レッスンの人たちは、同じ時間帯にオンライン英会話の勉強を入れましょう。習慣化できれば、オンライン英会話の予定ありきでスケジュールを考えるようになります。

 

飽きっぽい人、すぐマンネリ化してしまう人は、習慣化させる方法を考えてみてください。

 

オンライン英会話を勉強せざるを得ない環境を作る

オンライン英会話 飽きた


どれだけモチベーションを高めようと自分を鼓舞しても、飽きっぽい人に限界は訪れます。それに、毎日オンライン英会話を続けていたら、どれだけ工夫を凝らしてもマンネリ化する時期は来るでしょう。

 

そんな人は、いっそのこと英会話を習得せざるを得ない環境を、リアルの世界で用意しましょう。

 

オンライン英会話をやっている大学生であれば、留学生ばかりの授業を履修してみるなど。会社員であれば、社内で英語プレゼンする機会を作ってみるなど。

 

こういった機会を用意すれば、嫌でもオンライン英会話を勉強しなくてはなりませんからね。飽きるなんて言っている暇ありません!

 

僕はオンライン英会話をやっていた時、早稲田大学で留学生や帰国子女ばかりの授業を受講していました。フランス、オランダ、ブラジル出身の友人も作り、「鎌倉旅行に連れていくよ」という約束まで。英語を勉強せざるを得ない環境に置かれましたね…。

 

こんな話もあるくらいです。

 

 

さいごに

オンライン英会話の勉強に飽きた人、毎日のレッスンがマンネリ化してきた人に、今の状況を打開する6つの方法を紹介しました。

 

オンライン英会話無料体験20選 はしごして一か月タダで勉強しようの記事でも紹介しましたが、オンライン英会話はどこも1~2回の無料体験レッスンを提供しています。中には10日間も無料で勉強できるオンライン英会話もあります。

 

今の内容に飽きた人は、別のオンライン英会話の無料体験に手を出してみるのもいいでしょう。 詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

こちらの記事もあわせてお読みください

www.kantahara.com