原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

一番になれる人と一番になれない人の決定的な違い

スポンサーリンク


起業するなら一番になる、でないと意味がない?

一番になる

 

どうせ起業するなら、何かの分野で一番になる。そう考えてきました。

 

大学生がアフリカ支援を行うNGOを起業している。それだけでも珍しく、そして珍しさゆえの価値があるかもしれません。でも、国際協力の業界を引っ張ってきた先輩たちの二番煎じになっている限り、起業する意味はない。

 

同じことを低いレベルでやるくらいなら、一番を牽引する組織に入った方が良い。そう思っていました。

 

だからこそ、何か一つの分野では一番になりたい。そう考えていた僕は、「発信力」という分野で一番になるために、日々努力を続けています。 

 

 

一番になる人は二番になる人よりも注目される

一番になる

 

一番になる人が二番になる人より注目されるのは、当然のことです。

 

例えば、オリンピックの100メートル走で優勝するウサイン・ボルトと準優勝のタイソン・ゲイであれば、どちらにCM出演を依頼するかは明白。

 

例えば、陸上競技のハンマー投げ。長らく日本の一番を走ってきた室伏広治選手の名前は、すぐに思い浮かぶでしょう。でも、二番が誰か、パッと名前を言えますか?

 

もしくは、水泳の平泳ぎ。もう引退してしまいましたが、北島康介選手のことは、みんな知っています。国内の大会のみならず、世界大会でも常に一番になる、そんな人でしたから。

 

でも、平泳ぎの二番目の人って、なかなか出てこないですよね。

 

何かの分野で一番になる人は、二番の人よりも圧倒的に注目されるのです。

 

 

 

一番になれる人と一番になれない人の違い

一番になる

 

一番になれるか一番になれないか、そんなことを考えている時、メタップス代表佐藤航陽さん著作『未来に先回りする思考法』を読んで、衝撃が走りました。

 

一番になること自体を目標にできるのは、すでに誰かがルールをつくっておいてくれたおかげです。一番を目指しているようでは、その時点で「永遠の二番手」なのかもしれません。プレイヤーは、逆立ちしてもルールそのものにはかなわないからです。本当に一番になりたいのなら、自分自身がルールをつくり、誰もいないフィールドに飛びこんでください。

 

一番になろうと他のプレーヤーとの競争に躍起になっていても、それは既に誰かがルールを作ってくれていたおかげ。そのフィールドでいくら努力を続けたとしても、本当の意味で「一番になる日」は、永遠に訪れない。

 

簡単な話、日本一のYouTuberになるために他のYouTuberと争っていても、そもそも「YouTuber」という職種を最初に創り出したルールメーカーには、いつまでも勝てないということです。だって、そのルールメーカーのおかげで「競争」を楽しめているのですから。

 

"真の一番"になるためには、まだ誰もいない分野に先駆者として飛び込んでいき、後から入ってくるプレーヤーたちが従うことになるルールを、自ら創り上げる心意気がなくてはならない。そんなことに気づかされました。

 

『未来に先回りする思考法』を読んだか読まなかったかで、数年後の自分の在り方・考え方が大きく変わっていたかもしれません。