原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

大学生が起業する方法!法人起業と個人事業主、大きく2つ方法あるよ

スポンサーリンク


大学生の時にNPO法人を起業した原貫太(@kantahara)です。

 

NPO法人の起業ばかりが注目されていますが(ありがとうございます!)、僕はブログ運営や出版など、大学生時代から個人事業主としても活動しています。

 

「大学生が起業する」と聞くと大層な話に聞こえますが、株式会社やNPO法人といった法人での起業だけではなく、個人事業主になるという方法も大学生にはアリです。

 

法人起業、個人事業主としての起業、どちらも大学生時代に経験した僕が、「大学生が起業する方法」をザックリと紹介します!

 

 

法人を起業する

大学生 起業

 

最近は起業のハードルが格段と下がりました。大学生であっても十分に可能です。むしろ、大学生のうちに起業しておけば、成功すればその道を仕事にすれば良いし、万が一起業に失敗したとしてもその経験を買われ、大学卒業後にヘッドハンティングされる可能性もゼロではありません。

 

今回は、法人起業で一番オーソドックスな株式会社、僕も大学生の時に取り組んだNPO法人での起業の2つを紹介します。

 

 

株式会社を起業する

大学生 起業

 

法人起業でオーソドックスな株式会社は、最低でも以下の21万円があれば可能です。

 

  • 定款に貼る収入印紙代…4万円
  • 定款の認証のために公証人に払う手数料…5万円
  • 定款の謄本手数料(登記)…約2,000円
  • 登録免許税(登記)…15万円

 

起業したい大学生にとって一番のネックになるのが資金不足ですが、最低限21万円あれば起業の夢は叶えられるんです。これくらいだったら、少しバイトを頑張ったり、頭を下げて親に借りたりすれば、何とか工面できますよね。

 

実際は、事務所の賃貸料など必要経費がさらにかかりますが、最近ではバーチャルオフィス(月5,000円程度)が普及したり、リモートワークが普及したりと、抑えようと思えばいくらでも経費は抑えられます。

 

大学生でも、株式会社を起業するのは決して不可能ではありません。

 

 

NPO法人を起業する

大学生 起業

 

僕は大学生の時、特定非営利活動法人(通称NPO法人)を起業しました。近年ではNPO法が改正されたり、NPO設立を支援するNPOが多数存在したりなど、ぶっちゃけそこまで難しくないです。

 

社会貢献を目的にしたNPOであれば、寄付や会費を集めやすいのが特徴です。近年ではクラウドファンディングが普及したこともあり、社会課題をターゲティングした上で「NPOを起業する」と宣言すれば、数十万円~数百万円の資金調達も可能でしょう。

 

ちなみに、株式会社と違って、NPO法人なら設立時の資本金が0円でも起業が可能です。活動内容がNPO法で定められた20分野にあること、設立時に正会員が10人以上いることなどが要件としてありますが、大学生が起業する選択肢として、NPO法人は比較的ハードルが低いと言えるでしょう。

 

 

個人事業主になる

大学生 起業

 

大学生が起業する選択肢として、法人を起業する以外に、個人事業主*になる方法もあります。僕も大学生の時にNPO法人を起業しましたが、ブログや出版など、個人事業主としても稼げるようになりました。

 

個人事業主として大学生が起業する方法の中で、実際に僕がトライした方法をいくつか紹介します。

 

*ここでは役所に開業届を出す・出さないにかかわらず、「個人」で「事業」を行っている人を「個人事業主」賭しています。

 

ブログ運営

大学生 起業


一つ目はブログ運営。リスクはゼロに近く、高いリターンが見込めるため、個人事業主として働いてみたい大学生におすすめします。

 

僕はまだ大学生だった昨年の一月から本格的に収益化をはじめましたが、一年間淡々と続けて、月3万円は稼ぐようになりました。今ではもっと収益があります。

 

ブログでは、基本的に広告収入でお金を稼ぐことができます。

 

Google AdSense

広告がクリックされると収入が入る仕組みです。一回のクリックで数十円~数百円が入ります。

 

アフィリエイト

紹介した商品やサービスが売れたり、成果が上がったりすれば収入が入る仕組みです。「アフィリエイト」と聞くと怪しさを感じる人もいるらしいですが、基本的な仕組みは個人による広告代理事業です。

 

ASP(Affiliate Service Provider)と呼ばれるサイトに登録することで、案件を確認することができます。大手はA8.net バリューコマースブログ運営で稼ぐブロガーなら全員が登録しているといっても過言ではないでしょう。僕はこの二つしか使っていません。

 

ネットショップ開設

大学生 起業


個人事業主として起業したい大学生は、ネットショップを一つ解説しておきましょう。BASE を使えば、たったの30秒でネットショップが開設できます。

 

自分でハンドメイド商品を作ったり、コンサルタント権を販売したりなど、色々な用途が考えられます。僕は(後に紹介する)自費出版本をBASE で販売しています。SNSと連動させれば、フォロワーが顧客になります。

 

大学生でも簡単に開設できるネットショップ。それだけでも、「起業」と呼べるでしょう。

 

クラウドソーシング

大学生 起業

 

個人事業主として働く人の多くが、クラウドソーシングで仕事を受注しています。

 

クラウドソーシング(英語: crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。(Wikipedia「クラウドソーシング」より引用)

 

特技やスキルがある大学生なら、クラウドソーシングを活用すれば十分に個人事業主として起業できるでしょう。デザインが得意な大学生の後輩はクラウドワークス に登録しています。

 

出版

大学生 起業

 

文筆業として、出版も大学生にできる起業方法の一つです。

 

処女作から出版社を通じて本を出すのはレベルが高いですが、Amazonが提供するKindle Direct Publishingを活用すれば、誰でも簡単にKindle本を出版することができます。

 

 

さいごに

大学生の起業には大きく二つ、法人起業と個人事業主になる方法があります。

 

法人起業も、株式会社なら最低21万円があれば可能です。また、僕も大学生時代に挑戦したNPO法人起業なら、設立時の資本金は0円で可能。

 

また、ブログ運営やネットショップ開設、クラウドソーシングなど、大学生でも個人事業主として起業することもできます。

 

起業に関心がある大学生は参考にして下さいね。