原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

大学生がバイト以外で稼ぐ6つの方法 簡単、低リスクのみ厳選

スポンサーリンク


大学生がバイト以外で稼ぐ6つの方法を紹介します。

 

僕自身は、大学3年生まで塾講師や宅配便、派遣などのバイトをやっていましたが、4年生になってからはブログや出版、有料マガジンなど、バイト以外の方法で稼ぐ力を付けました。

 

「今やっているバイトがブラックで辛い…」「自分の好きなこと、得意なことで稼ぎたい…」「いつか起業するために、大学生の間からバイト以外で稼ぐ力を付けたい…」

 

そんな悩みを持っている大学生たちに、実際に僕も試したことがあるバイト以外で稼ぐ6つの方法をご紹介します。

 

なお、最近流行りの仮想通貨やFXは、僕自身が未経験であり、比較的リスクも高いため、今回の記事では大学生でも簡単に、そして低リスクで稼ぐ方法のみを厳選しています。

 

 

 

 

ブログ運営

大学生 バイト以外 稼ぐ

 

大学生がバイト以外で稼ぐ方法、一つ目はブログ運営です。リスクはほとんど無く、高いリターンが見込めるため、大学生にも強くおすすめします。

 

僕はまだ大学生だった昨年の一月から本格的に収益化をはじめましたが、一年間淡々と続けて、月3万円は稼ぐようになりました。今ではもっと収益があります。

 

おすすめは、はてなブログ。原貫太オフィシャルブログも、はてなブログで運用しています。

 

ブログで稼ぐ方法のうち、大学生でもすぐに実践できるのは以下の二つでしょう。

 

ブログで稼ぐ方法

Google AdSense

広告がクリックされると収入が入る仕組みです。はてなブログでは、はてなブログPROにアップグレードした後、独自ドメイン運用を開始した後に掲載することが可能になります。

 

アフィリエイト

紹介した商品やサービスが売れたり、成果が上がったりすれば収入が入る仕組みです。「アフィリエイト」と聞くと怪しさを感じる人もいるらしいですが、基本的な仕組みは個人による広告代理です。

 

ASP(Affiliate Service Provider)と呼ばれるサイトに登録することで、案件を確認することができます。

 

大手はA8.net バリューコマースブログ運営で稼ぐブロガーなら全員が登録しているといっても過言ではないでしょう。僕はこの二つしか使っていません。

 

 

自己アフィリエイト

大学生 バイト以外 稼ぐ

 

バイト以外で稼ぎたい大学生なら、今すぐにでも自己アフィリエイトを理解しましょう。これ、知らない大学生はめちゃくちゃに損しています。

 

自己アフィリエイトとは、自らで購入や申込を行うことで、成果報酬を得ることができる自己購入・申込サービスを指します。

 

自己アフィリエイトで稼ぐ方法

例えば、これからクレジットカードを作ったり、格安SIMに申し込んだりすることを検討している大学生は、A8.net に登録し、「セルフバック」のページに飛んでください。そのリンクからクレジットカードや格安SIMを申し込むことで、少なくとも3,000円程度、案件によっては10,000円は成果報酬を得ることができるでしょう

 

バリューコマースでも、同じように自己アフィリエイトが提供されています。バイト以外の方法で今すぐ稼ぎたい大学生は、A8.net バリューコマース、どちらも必ず登録しておきましょう。

 

 

ネットショップ開設

大学生 バイト以外 稼ぐ

 

インターネット上に自分のネットショップを持って、商品を販売することができます。自分でハンドメイド雑貨を作ることが好きな大学生ならそれを売ることができるし、無形サービスとして、自分の時間を販売することができます。

 

大学生の中には、自分を一時間あたり1,000円~2,000円でレンタルしている人もいます。時間がたっぷりある大学生の特権ですね。

 

ネットショップで稼ぐ方法

最大手のBASE なら、たった30秒でネットショップ開設が完了します。僕はBASE を利用して、自費出版した本を販売したり、一時間1,500円でコンサルタント権を販売したりしています。

 

 

クラウドソーシング

大学生 バイト以外 稼ぐ

 

クラウドソーシングを使えば、様々な外注を受けることができます。

 

クラウドソーシングと聞くとフリーランスの人の仕事を思い浮かべるかもしれませんが、ライティングやデザインの仕事など、ある程度の実力があれば、大学生でも受注できる案件が転がっています。

 

クラウドソーシングで稼ぐ方法

僕はクラウドワークス に登録しています。特技を活かして稼ぎたい大学生なら、登録して自分にも受注できそうな案件を調べてみましょう。

 

 

Kindle本出版

大学生 バイト以外 稼ぐ

 

文章を書くのが好きな大学生、得意な大学生は、Kindle本を出版して稼ぐのもオススメです。

 

紙の本をマーケットに流通させるためには、基本的に出版社を通して出す必要があります。よほど文章に実力がない限りは、大学生が出版社を通じた商業出版をするのは難しいでしょう。仮に出せたとしても、印税は10%くらいなので、労力に見合った稼ぎにはなりません。

 

Kindle本出版で稼ぐ方法

Kindle本であれば、Amazonが提供するKindle Direct Publishing(KDP)を利用することで、元手0円で出版することが可能です。おまけに、印税も70%を稼ぐことができます。

 

僕も大学生の時に『世界を無視しない大人になるために』をKindle出版しましたが、今でも毎月約10,000円の安定収入があります。働いた分しか稼ぐことのできないバイトと違い、世に商品さえ出しておけば寝てる間にも稼ぐことができます。Kindle本出版も、大学生にオススメです。

 

 

note

大学生 バイト以外 稼ぐ


noteでは文章のみならず、写真・音楽・映像なども有料コンテンツとして販売することができます。

 

noteで稼ぐ方法

写真を撮ったり、ギターを弾いたり、動画を撮影したりするのが好きな大学生は、noteを活用しましょう。 将来クリエイターになりたい大学生にとっても、noteは夢をかなえるための一つのプラットフォームになるはずです。

 

クリエイターをサポートする仕組みもあるので、大学生でも固定のファンが付けば、ファンからの投げ銭で稼ぐこともできます。

 

 

まとめ

大学生がバイト以外で稼ぐ6つの方法を紹介しました。

 

  1. ブログ運営…おすすめははてなブログ
  2. 自己アフィリエイト…A8.net バリューコマース、どちらも登録しておこう
  3. ネットショップ開設…BASE なら30秒で開設できる
  4. クラウドソーシング…僕はクラウドワークス に登録しています
  5. Kindle本出版…元手0円で出版できる
  6. note…クリエイターを目指すならガンガン活用しよう

 

大学生がお金を稼ぐ手段はバイトだけではありません。大学生の皆さん、紹介した6つの方法を参考に、バイト以外の方法で稼ぐ成功体験をしてみてください。