原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

物乞いされたらお金を渡すのはダメ?僕がする3つの対応方法

\ツイッターのフォローをお願いします/
ブログ更新のお知らせや限定情報を発信しています。ぜひフォローしてくださいね!
スポンサーリンク

あなたは海外旅行をした時、物乞いされた経験があるだろうか。僕はかれこれ、100回は物乞いされたことがある。

 

経済的には先進国である日本人が海外、とりわけインドのような発展途上国に滞在すると、物乞いからお金や食べ物をせがまれることがある。初めて物乞いをされた人は対応方法が分からず、ショックを受けてしまう人もいるだろう。もしくは、現地ガイドから言われる「物乞いにはお金を渡さないように」というアドバイスに、ただただ従っているだけかもしれない。

 

バングラデシュ、フィリピン、ウガンダなど、僕は多くの発展途上国で国際協力活動に携わってきた。特に、バングラデシュの首都ダッカで活動していた時は、たくさんのストリートチルドレンや物乞いの人々とも接してきた。

物乞い

バングラデシュ首都ダッカにて筆者撮影

 

もちろん、時間がない時や手元にお金がない時はこればかりではないが、今回の記事では僕が物乞いされた時の対応方法を、物乞いの年齢別で紹介したい。

 

 

物乞いされた時の対応方法

物乞い

物乞いされた時、どんな対応をすればいいのか。年齢別に3通りの方法を紹介する。

 

 

お年寄りに物乞いされたら

物乞い
足に障がいを抱える老婆の物乞い

 

お年寄りに物乞いをされたら、大抵の場合、僕はポケットに入れておいた少額の現金を渡してしまっている。これまで、現地の人がお年寄りの物乞いに対してお金を渡す様子は何度も見てきている。

 

お年寄りの物乞いの場合、体が不自由なため、そもそも物理的に働けないことが多い。彼らはお金の使い方もわきまえており、また現地で聞いた話によれば、その多くは組織的ではなく、個人で物乞いをしているらしい。

 

後ほど紹介する子どもの物乞いのように、裏にマフィアや犯罪組織が隠れていることは少ないらしい。そのため、僕は年齢が高いとみられる物乞いには、少額の現金を渡し、その場を離れるようにしている。

 

 

大人に物乞いされたら

物乞い

大人に物乞いされたら、僕は何も渡さず、話を聞く程度にとどめている。

 

そもそも、障がい者を除いて、大人に物乞いされることはほとんどない。健康体で、本来働くべき年齢である人々に対しては、物乞いされた時にお金を渡してしまうと、彼らの仕事に対する意欲を奪うことに繋がりかねない。時間があれば、彼らの話を少し聞く程度にしている。

 

障がいを抱えている物乞いの場合、これも時と場合によりけりではあるが、少額のお金を渡し、足早にその場を去ることが多い。また、僕の場合、記事や書籍を執筆するために記録として物乞いの様子を写真に収めることがあるが、その場合は撮影の(ある意味)「見返り」として、少額の現金を渡すことがある。

 

 

子どもに物乞いされたら

物乞い
 

一番多いケースは、子どもに物乞いされることだろう。道を歩いていると、路上で生きるストリートチルドレンから物乞いされることがしばしばある。子どもに物乞いをされた時、僕はお金ではなく食べ物を渡している。

 

渡す食べ物は、近くの屋台で買える安価なローカル・フード。一個20~30円程度で購入できる。子どもたちには店の外で待っていてもらい、その後購入したお菓子を渡して、できれば一緒に食べる。

 

子どもの物乞いの場合、大きく分けて

 

  1. 個人で物乞いをしている
  2. 親が子どもを物乞いさせている
  3. 裏に親玉(マフィアや犯罪組織)がいて、物乞いに使われている

 

の3つのケースが存在する。

 

一つの可能性として、子どもに渡したお金がドラッグなどの悪い用途に使われてしまったり(①)、親がその日暮らしのために使ったり(②)、マフィアや犯罪組織の資金源に入ったり(③)するかもしれない。特に③に関しては、作家の石井光太さんがインドにおける物乞いのリアルに挑んだ『レンタルチャイルド―神に弄ばれる貧しき子供たち』を読めば、物乞いの裏に隠された闇が垣間見える。

 

二〇〇二年、冬。インドの巨大都市ムンバイ。路上にたむろする女乞食は一様に乳飲み子を抱えていた。だが、赤ん坊はマフィアからの「レンタルチャイルド」であり、一層の憐憫を誘うため手足を切断されていたのだ。時を経て成長した幼子らは“路上の悪魔”へと変貌を遂げる―。三度の渡印で見えた貧困の真実と、運命に翻弄されながらも必死に生きる人間の姿を描く衝撃作。(Amazon商品内容より引用)

 

ということで、途上国で子どもから物乞いされた時、僕はその場で消費できる食べ物をを渡している。さらには、一緒にそれを食べることによって彼らと仲良くなれる場合もあるので、ある程度の人間関係を築いた上で、「どこで暮らしているのか」「両親はどうしているのか」などを訊いたり、写真を撮ったりしている。

 

ちなみに、写真を撮影した時は、彼らに対して必ず撮った写真を見せるようにしている。そうすると、その子どもにはもう物乞いをされなくなるのだ。

 

 

まとめ

物乞い

僕が物乞いされた時の対応方法は、

 

  • お年寄りの物乞い…少額の現金を渡してその場を離れる
  • 大人の物乞い…健康そうに見えれば何も渡さず、話を聞く程度。物乞いが障害を抱えている場合、少額の現金を渡してその場を去る。
  • 子どもの物乞い…お金ではなく、食べ物を渡し、できれば一緒に食べる。

 

紹介した3つの対応方法は、あくまで僕個人が物乞いされた時の接し方だ。中にはスリを働くような物乞いもいるので、途上国滞在中はくれぐれも安全管理に注意を払うようにしよう。 

 

インドにおける物乞いビジネスの”闇”

世界で最も多くの物乞いがいる国は、恐らくインドだろう。記事中でも紹介したが、石井光太さん著作『レンタルチャイルド』では、インドにおける物乞いビジネスの”闇”が描かれている。

 

非常にショッキングな内容だが、物乞いに関心のある人には読んでほしい一冊だ。ぜひ。

 

 

※編集註…「物乞い」は差別表現であるという指摘もありますが、本記事では内容をわかりやすくするため、便宜上使用しています。ご理解ください。