原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

世界平和を望む人が99%なのに、なぜ戦争はいつまでも終わらないのか?

12月は寄付月間。あなたは「本当に意味のある寄付」ができていますか?

スポンサーリンク


戦争を起こすのは世界のたった0.01%の人で、平和を望むのが99.99%の人なのに、なぜ世界に平和は訪れないのだろう。

 

世界を見渡せばいつも「争い」に溢れている

f:id:KantaHara:20171103145527j:plain

ウガンダ北部の南スーダン難民居住区で活動する筆者

 

早いもので、季節はもう冬。夜になればイルミネーションが輝き、街ゆく人たちを明るく照らしている。

 

でも、世界を見渡せば、戦火に脅えながら生活を送る人たちが今この瞬間もどこかにいる。

 

 

先日、在イギリスのNGO(非政府組織)「シリア人権監視団」は、2011年に始まったシリア内戦の犠牲者が34万人を超えたと発表した。その内、10万人以上が民間人であり、犠牲者の中には女性や子どもがたくさん含まれている。

 

南スーダン紛争も、いまだ終わりが見えていない。故郷を追われた難民200万人以上が周辺国に流れ込み、僕が支援活動をしていた隣国ウガンダだけでも100万人以上が避難してきている。難民の中にはキリスト教を信仰する人も多いが、クリスマスまでに彼らが母国に帰還できる見込みは、絶望的だろう。

 

この記事を書いている11月末現在、最も危惧されている問題はロヒンギャ難民危機かもしれない。ミャンマー軍によって、ロヒンギャ族の村が焼き討ちされ、幼い少女を含むたくさんの女性が性暴力の被害を受けていると報告されている。隣国バングラデシュには60万人以上もの難民が流入し、1990年代に起きたルワンダ虐殺や旧ユーゴスラビア紛争以来の危機が起きていると、国連が警鐘を鳴らしている。

 

 

上記した3つの紛争は、世界で今起きている戦争のほんの一部に過ぎない。規模の小さい紛争や、まだ武力紛争とまでは至ってない「対立」も含めると、数え切れないほどたくさんの「争い」が世界で進行している。日本が周辺国との間に抱える領土問題なども、この「争い」のひとつだろう。

 

 

なぜ世界から戦争は無くならないのか

f:id:KantaHara:20171127171517j:plain

photo by Ggia

 

「なぜ世界から戦争がなくならないのか」は、人類が誕生した時から、私たちがずっと考え続けてきた問いだろう。国際政治学や平和学を研究する人たちが一堂に会しても、そう簡単に答えを導き出すことはできない。

 

それでも、戦争が終わらない原因の一端を理解することはできる。

 

 

例えば、「【これだけは知ってほしい】アフリカから紛争が無くならない2つの理由」という記事では、植民地支配から脱却して数十年が経つにもかかわらず、いまだにアフリカで紛争が無くならない原因を書いた。

www.kantahara.com

 

 

そこでは、欧米諸国によって、数百年にわたりアフリカが「従属」させられてきた歴史的な背景に加えて、先進国とアフリカ(途上国)との間にある経済的・政治的なシステムを指摘した。

 

他にも、「いくらアフリカの現地で支援活動をしたって、根本的な問題解決をするためには、変わらなくてはならないのは先進国だ」という内容も書いている。関心がある人はぜひチェックしてみてほしい。

www.kantahara.com

 

 

世界が平和にならないのはなぜ?

f:id:KantaHara:20171106141200j:plain
南スーダン難民の子どもたち

 

アフリカで10年以上もの間、紛争被害者の支援を続ける小川真吾さんがこんなことを言っていた。

 

戦争する人が1%、平和を望む人が99%。世界が平和にならないのは、戦争をしている1%が本気で、平和を望む残り99%の繋がりが弱いから。

 

 

コレクティブ・インパクト(Collective Impact)という言葉を聞いたことがあるだろうか。

 

コレクティブ・インパクトとは、立場の異なる組織(行政、企業、NPO、財団、有志団体など)が、組織の壁を越えてお互いの強みを出し合い社会的課題の解決を目指すアプローチのこと。(「グローバル・エンゲージメント・イニシアティブ」より引用)

 

今の社会には、「共通しているものを見つけようとせずに、違いや欠けているものを見つけて批判する」という風潮がどこか漂っているように思える。その姿勢が、対立や争いの火種になっていることもある。

 

確かに、人の足りない所や欠点を指摘し、直してあげることは大切だが、それ以上に、人と共通していること、共通しているビジョン(目指したい理想の世界/社会)に目を向けることは、他者との繋がりをつくるためにとても大切なことだ。世界平和を望む人であれば、なおさらだろう。

 

 

批判ではなく、提言を。確かに、批判的な視点から他者を見ることも大切だが、ただ批判するだけではなく、提言をすること。「より良い世界/社会を創る」という意味においては、「世界から戦争をなくしたい」「平和な時代をつくりたい」と思っている人たちのビジョンは根底で共通しているからこそ、違いを乗り越えて、協働できる在り方を模索するべきだ。

 

 

戦争が終わらない「本当の」理由を知りたい人へ

戦争がなくならない理由には、軍需産業の存在、資源の奪い合い、先進国と途上国とのパワーバランス、政治的な駆け引き…など、数え切れないほど多くの理由が存在する。一つの記事で完結できるほど、その仕組みはシンプルではない。

 

アフリカの難民支援を続ける僕が読んだ本の中で、戦争の「リアル」を知るのにオススメの本を紹介し、本記事を終わりたい。

 

 

以下ではAmazonで販売中の本を紹介しています。Amazonプライム(無料体験を含む)Amazon Studentのいずれかに登録しておくと、毎月対象のKindle本一冊を無料で読める上に、すべての書籍でAmazonポイント+10%が還元されます。お勧めです!

 『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』 

f:id:KantaHara:20171127172534p:plain

 

「脱走を試みましたが捕まり、鞭で200回叩かれました」

 

  14年間を反政府軍で過ごした元少女兵との出会い。アフリカでの「原体験」を書いた『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』

 

ただ僕たちが「与える」「教える」だけが国際支援のあるべき姿ではない。絶望的な状況に置かれながらも、自分たちの力で困難を乗り越えていく彼らの姿から、僕たちが学ぶべきことはたくさん存在する-。

 

この本は、僕の処女作にして、渾身の力で書いた一冊。一人でも多くの人たちに届き、「世界を無視しない大人」がもっと増えてほしい。

 

月額980円のKindle Unlimitedに登録すると700円の本書を"無料"で読むことができます!無料体験期間中にも読めます!

 

 

 ▼紙版の購入は以下から

  

 

 

 『ぼくらのアフリカに戦争がなくならないのはなぜ?』(小川真吾)

 「アフリカの紛争に関心があります!」という人に、まずオススメしている一冊がこれだ。

 

私も現場で共に活動した小川真吾の著作。アフリカで紛争が無くならない原因は決してアフリカだけにあるのではなく、歴史的背景や先進国の利害と深い関わりがあることを、小川の現場での経験などを踏まえながら、丁寧な筆致で解き明かしていく。

 

きっと、多くの人にとって「目から鱗」であると共に、読了後にはアフリカの紛争をどこか遠くの世界の出来事で終わらすことができず、自分自身に課せられた責任や使命に気づかされるだろう。

 

 

『本当の戦争の話をしよう: 世界の「対立」を仕切る』

 

紛争や平和構築の本当の姿と共に、目まぐるしく変わる国際情勢における日本人の立ち位置を再確認できる一冊。

 

著者はシエラレオネやアフガニスタンの現場で武装解除をしてきた「紛争屋」伊勢崎賢治氏(東京外国語大学教授)。その言葉には、他の援助関係者や学者とは一味違った重みがある。文量もかなりあるので、読了後はお腹一杯になります。

 

 

職業は武装解除

武装解除のプロフェッショナルとして、20代から世界中の紛争地に足を運び、平和構築活動をしてきた瀬谷ルミ子さん。平和な世界を築くため、彼女が実際にどんな仕事をしているのかを知れるだけでなく、その哲学的な言葉にも非常に重みがある。

 

 紛争地にいると、一人ひとりの命の重さと人生の価値が、「人類みな平等」ではない現実に日々、直面する。ある紛争の被害者の数は、八十万人から百万人と推定されている。誤差の二十万人の人生一つひとつに、注意を向ける人は誰もいない。でも、その一人ひとりに、確実に人生は存在する。『職業は武装解除』より引用)

 

---

「不条理の無い世界の実現」というビジョンを掲げ、日本・アフリカで活動する国際協力NGOコンフロントワールド

 

月500円~できる国際協力。皆さまからのご支援を心よりお願い致します。

 

f:id:KantaHara:20171121193012p:plain

f:id:KantaHara:20171121193016p:plain