原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

世界平和を望む人が99%なのに、戦争はなぜ終わらないのか?

\ツイッターのフォローをお願いします/
ブログ更新のお知らせや限定情報を発信しています。ぜひフォローしてくださいね!
スポンサーリンク

平和を望む人が世界の99.9%、戦争を起こす人が世界の0.1%。それなのに、なぜ世界平和は実現しないのだろうか。

 

 

僕は大学生の時から、戦争によって虐げられるアフリカの人々を支援してきた。

 

14年間、反政府軍に拘束され続けていた元少女兵。目の前で両親を銃殺されたと、涙ながら語る10歳の女の子。医師の資格を持ちながらも、戦争ですべてを奪われた男性。

 

彼らの”ナマ”の声を聞いてきた人間だからこそ、平和とは何なのか、世界が平和になるためにはどうすればいいのか、真剣に考え続けてきた。

平和とは

南スーダン難民支援に携わっていた時の筆者

 

平和に関心を持つあなたに、23歳が考える「世界平和」を伝えたい。

 

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

 

 

あなたにとって世界平和とは

平和とは

 

平和とは、人によって定義が様々に分かれるもの

あなたにとって、世界平和とは何だろうか。

 

国際協力に携わる多くの人が、「平和な社会を創りたい」と本気で思い、行動を起こしている。しかし、「平和とは」と質問された時、それに対する答えは人それぞれだろう。

 

世界平和と一言で表しても、その定義は様々に存在する。だからこそ、自分なりの「世界平和」を定義しなければ、結局は夢物語で終わってしまう。

 

僕が定義する世界平和とは、「不条理の無い世界=生活と権利が保障され、誰もが自分で未来を決められる社会」だ。これは、僕が大学生の時に創設した、国際協力NGOコンフロントワールドが掲げているビジョンでもある。

 

世界中のどんな人であっても、衣食住の生活や教育を受ける権利、政治に参加する権利が保障された社会。そして、何かによって縛られるのではなく、意志を持ち、自分自身の未来を決められる社会。

 

それこそが、平和が実現された世界、「世界平和」だと僕は考えている。

 

 

でも、世界は戦争で溢れている

平和とは

 


戦争のない世界なんて、今まで存在しただろうか。

でも、世界を見渡せば、戦争に脅えながら生活を送る人々が、今この瞬間もどこかにいる。

 

2011年に始まったシリア内戦の犠牲者は、つい先日34万人を超えたと発表された。その内、10万人以上が民間人であり、犠牲者の中には女性や子どもがたくさん含まれている。

 

南スーダンで起きている戦争も、いまだ終わりが見えていない。戦争によって200万人以上の難民が故郷を追われ、僕が活動していた隣国ウガンダだけでも、100万人以上が避難してきている。難民の中にはキリスト教を信仰する人も多いが、クリスマスまでに彼らが母国に帰還できる見込みは絶望的だろう。

 

シリアや南スーダンで起きている戦争は、世界で今起きている戦争のほんの一部に過ぎない。規模の小さい紛争や、まだ武力紛争とまでは至ってない対立も含めると、数え切れないほどたくさんの”戦争”が世界で起きている。

 

きっと、僕が生まれた時にも、世界のどこかで戦争は起きていた。そして、僕が死んでいく日にも、どこかで戦争が続いているだろう。

 

戦争のない世界なんて、今まで存在したのだろうか。

 

 

なぜ戦争は終わらないのか

平和とは

 

戦争が無くならない二つの理由

なぜ世界から戦争がなくならないのだろうか。

 

人類が誕生した時から、僕たちがずっと考え続けてきた問いだ。世界の名だたる研究者が一堂に会しても、簡単に答えを導き出すことはできない。

 

 

それでも、戦争がなくならない理由の一端を理解することはできる。

 

「アフリカから紛争(内戦)が無くならない2つの原因をわかりやすく解説」という記事では、植民地支配から脱却して数十年が経つにもかかわらず、いまだアフリカで戦争が無くならない原因をまとめた。そこでは、欧米諸国により、数百年にわたりアフリカが従属させられてきた歴史的背景に加えて、先進国とアフリカとの間にある経済的・政治的なシステムを指摘した。

 

この記事では詳細は割愛させてもらうが、関心ある人はぜひ読んでみてほしい。

www.kantahara.com

 

 

僕が戦争の”リアル”を初めて経験した時

平和とは


平和な日本で生まれ育った僕は、これまで戦争に巻き込まれたことは一度もない。きっと、日本語で書かれたこの記事を読んでいる人のほとんどは、人生で一度も戦争を経験したことがないだろう。

 

でも僕は、アフリカで起きる戦争の”リアル”を体験したことがある。

 

 

ウガンダでの元少女兵アイ―シャさんとの出会い。あれは、今年1月のことだった。

 

 

ウガンダでは20年以上戦争が続いた

平和とは

 

アフリカ東部に位置する国、ウガンダ共和国。この国の北部では、1980年代後半から20年以上にわたって続いた内戦の影響により、衣食住といった人間としての基本的ニーズを満たせずに暮らす人々が未だ多く残っている。

 

1990年代半ば以降、反政府組織神の抵抗軍による村の襲撃や子どもの誘拐が多発し、一時期は約200万人もの人々が避難民としての生活を余儀なくされた。

 

神の抵抗軍は戦力を補強するため、毎晩のように村や避難民キャンプを襲って子どもを誘拐。これが、ウガンダの子ども兵士問題に繋がった。

 

 

戦争の”捨て駒”、子ども兵士

平和とは

 

誘拐された子どもたちは、その後強制的に兵士に仕立て上げられていった。神の抵抗軍は3万人以上の子どもを誘拐し、兵力の約8割を子ども兵士に頼っていたとも言われている。

 

子ども兵士は、水汲み、食事の準備、荷物運びといった雑用から、政府軍との戦闘や村の襲撃、新たな子どもの誘拐まで、多くの仕事につかされた。中には、地雷原を渡る際の「人間地雷探知機」、また弾除け、つまり「人間の盾」として利用される子どももいたという。

 

 

少年兵ではなく、少女兵

平和とは

 

「少年兵」という言葉に聞き覚えがある人は多いだろう。しかし、子ども兵士の中には、女子、つまり少女兵も存在する。

 

ウガンダ内戦でも、多くの少女兵が生まれた。中には、大人の兵士と強制結婚をさせられ、望まない妊娠をする子もいた。

 

現地の関係者から、こんな話を聞いた。「神の抵抗軍は子ども兵士を洗脳するため、自分の手で肉親や兄弟、親戚を殺させるんだ。」

 

子ども兵士に自身の家族を殺させること、地元の村を襲わせることは、彼らが脱走するのを防ぐ一つの手段だった。時には、家族の鼻や耳、唇を削ぎ落すといった残虐な行為までもが強要されたと言われている。

 

その結果、戦争が終わった後も、子どもたちの帰る場所はなかった。

 

 

戦争の小さな犠牲者、アイーシャさんの体験談

平和とは

アイ―シャさん(写真右)


神の抵抗軍に14年間拘束され続けていた元少女兵、アイ―シャさん。ウガンダ北部のグルにて、彼女が僕のインタビューに応じてくれた。

 

アイ―シャさんの体験談は、こんな文章なんかでは伝えきれないほど、壮絶極まりない。しかし、戦争の”リアル”を伝えるためにも、彼女が話してくれたことを一人でも多くの人に知ってほしい。

 

彼女の体験したことは、平和な日本に暮らしている限り、想像することさえ難しい。その全貌は以下の記事の中で紹介した。平和な世界を望むあなたにこそ、ぜひ読んでもらいたい。

 

www.kantahara.com

 

 

苦しみを見た者としての責任

平和とは

 

僕は、アイーシャさんのインタビューを終えた後、ある言葉を思い出す。

 

 

"苦しみはそれを見た者に責任を負わせる"

 

 

フランスの哲学者ポール・リクールの言葉だ。

 

アイーシャさんの苦しみを見た人間として、直接話を聴いた人間として、「何か」をしなければならない。そう強く決心したことが、僕がアフリカでの活動に関わっていくことに繋がった。

 

 

平和とは何か、共に、真剣に考えたい

平和とは

きっと、多くの人にとってアイ―シャさんの体験談は、受け入れがたいものだったろう。

 

でも、これは紛れもなく、世界のどこかで実際に起きていた話なのだ。

 

 

戦争をする人は、世界の1%にも満たない。そして、残りの99%の人は、本当の平和を望んでいるはず。それにもかかわらず、いつまで経っても世界が平和にならないのは、なぜなのか。

 

 

その理由の一つは、戦争をしている1%が”本気で”戦っているにもかかわらず、平和を望む99%の人たちの繋がりが弱く、そして僕たちがそこまで本気で平和を追い求めていないからだ。

 

 

僕たちが今暮らしている社会には、「共通しているものを見つけようとせず、違いや欠点を見つけては批判する。」という風潮が、どことなく漂っているように思える。その姿勢が、対立や争いの火種になっていることもあるだろう。

 

たしかに、違いや欠点を指摘し合うことも大切だ。しかし、それ以上に、人と共通していること、共通しているビジョンに目を向けることが、他者との繋がりを作るために欠かせない。世界平和を望む人なら、なおさらだろう。

 

「世界から戦争をなくしたい」「本当の平和を実現したい」と思っている人たちのビジョンは、「より良い世界を創る」という意味において、根底で共通している。

 

だからこそ、批判ではなく、提言を。平和とは何か、共に、そして真剣に考えたい。

 

お互いの違いを乗り越え、世界平和を実現するために協働できる在り方を模索することが、今の世界には求められている。そして僕たちは、そのことを真剣に考えなくてはならない。

 

 

【書籍紹介】世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援

f:id:KantaHara:20180419182253p:plain

 

誰だって、一度は思ったことがあるだろう。今この瞬間にも、世界には紛争や貧困で苦しんでいる人がいるのはなぜなのだろうと。その人たちのために、自分にできることはなんだろうと。

 

僕は、世界を無視しない大人になりたい。  —本文より抜粋

 

 

ある日突然誘拐されて兵士になり、戦場に立たされてきたウガンダの元子ども兵たち。終わりの見えない紛争によって故郷を追われ、命からがら逃れてきた南スーダンの難民たち。

 

そんな彼らと出会いながら、僕は本当にあるべき国際支援を考え続けた。そして、平和がいかに大切で、いかに尊いものであるかを、心から実感した。

 

『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た本当の国際支援』では、”世界の不条理”に苦しめられながらも、強く、そしてしなやかに生きる人々の「声なき声」を書いた。アイ―シャさんの体験談を聞いた後、僕がどんな行動を起こしていったのかもまとめている。

 

ぜひ読んでほしい。

www.kantahara.com

 

紙版の購入はこちら

 

Kindle版の購入はこちら。有難いことに、レビューは4.8/5.0(2018年9月16日現在)です。

 

なお、『世界を無視しない大人になるために』(定価700円)はKindle Unlimited登録作品のため、30日間のKindle Unlimited無料トライアル*を利用すればタダで読むことができます。ぜひお試しください。

 

 

**31日目を迎える前にKindle Unlimitedを解約すればお金はかかりません。