原貫太オフィシャルブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。

世界平和を望む人が99.99%なのに、なぜ戦争はなくならないのか?

世界平和を望む人が世の中の99.9%、戦争を起こす人はたったの0.1%。それなのに、なぜ世界平和は実現しないのだろう。あなたは考えたことがありますか?

 

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。僕は大学生の時から、戦争によって虐げられるアフリカの人々を支援してきました。

 

14年間も反政府軍に拘束されていた元こども兵の女性。目の前で両親を銃殺されたと涙ながらに語る10歳の女の子。医師の資格を持ちながらも、戦争ですべてを奪われた男性。

 

彼らの”ナマ”の声を聞いてきた人間だからこそ、平和とは何なのか、世界が平和になるためにはどうすればいいのか、真剣に考え続けてきました。

平和とは

南スーダン難民支援に携わっていた時の筆者

 

世界平和を実現したい。そう本気で思っているあなたに、僕が考える「平和を創り出す方法」をお伝えします。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

あなたにとっての世界平和とは?

平和とは

 

平和とは、人によって定義が様々に分かれるもの

あなたにとって、世界平和とは何でしょうか。

 

僕のように国際協力に携わる多くの人が、「平和な社会を創りたい」と本気で思い、行動を起こしています。

 

しかし、「平和とは?」と質問された時、それに対する答えは人それぞれです。もしかしたら上手く言語化できない人もいるかもしれません。

 

世界平和と一言で表しても、その定義は様々に存在します。だからこそ、自分なりの「世界平和」を定義ておかしなければ、結局は夢物語で終わってしまうのです。

 

僕が定義する世界平和は、「不条理の無い世界=生活と権利が保障され、誰もが自分で未来を決められる社会」です。これは、僕が学生時代に設立した国際協力NGOのビジョンにもなっています。

 

世界中のどんな環境に生まれた人であっても、衣食住の生活や教育を受ける権利、政治に参加する権利が保障された社会。そして、何かによって生活を縛られるのではなく、己の意志を持ち、自分自身の未来を決められる社会。

 

それこそが、世界平和が実現した後に待っている社会だと僕は考えています。

 

でも、世界から戦争はなくならない

平和とは

 

戦争のない世界なんて、今まで存在しただろうか

でも、世界を見渡せば、戦争に脅えながら生活を送る人々が今この瞬間もどこかにいます。あなたがこの記事を読んでいる今まさにこの瞬間も、空爆におびえながら生活している人が世界のどこかにはいるかもしれません。

 

2011年に始まったシリア内戦の犠牲者は、つい先日34万人を超えたと発表されました。そのうち10万人以上が民間人。犠牲者の中には、女性や子どもがたくさん含まれています。

 

アフリカの南スーダンで起きている戦争も、いまだに終わりが見えません。戦争によって200万人以上の難民が故郷を追われ、僕が活動していた隣国ウガンダだけでも100万人以上が避難してきています。

 

難民の中にはキリスト教を信仰する人も多いですが、クリスマスまでに彼らが母国に帰還できる見込みは、もはや絶望的でしょう。

 

シリアや南スーダンで起きている戦争は、世界で今起きている戦争のほんの一部に過ぎません。規模の小さい紛争や、まだ武力紛争とまでは至ってない対立も含めると、数え切れないほどたくさんの”戦争”が世界で起きています。

 

僕が生まれた時(1994年)にも、ルワンダやユーゴスラビアで戦争が起きていました。そしてきっと、僕が死んでいくいつかの日にも、どこかで戦争が続いていると思います。

 

戦争のない世界なんて、今まで存在したのでしょうか。

 

なぜ世界から戦争はなくならないのか?

平和とは

 

戦争がなくならない二つの理由

これだけたくさんの犠牲者が出ているというのに、なぜ世界から戦争はなくならないのでしょうか。

 

人類が誕生した時から、僕たちがずっと考え続けてきた問いです。世界の名だたる研究者が一堂に会しても、簡単に答えを導き出すことはできません。

 

それでも、戦争がなくならない理由の一端を理解することはできます。例えば僕が活動するアフリカでは、戦争の背景には明らかな理由が存在しています。

 

「アフリカから紛争(内戦)が無くならない2つの原因をわかりやすく解説」という記事では、植民地支配から脱却して数十年が経つにもかかわらず、いまだアフリカで戦争がなくならない原因を解説しました。

 

そこでは、欧米諸国によって数百年にわたりアフリカが従属させられてきた歴史的な背景に加えて、先進国とアフリカとの間にある経済的、政治的なシステムを指摘しています。

 

この記事でその詳細は述べませんが、「戦争がなくならない理由」を少しでも知りたい人は、こちらもあわせて読んでください。

www.kantahara.com

 

僕が戦争の”リアル”を初めて経験した時

平和とは


平和な日本で生まれ育った僕は、これまで戦争に巻き込まれたことは一度もありません。きっと、日本語で書かれたこの記事を読んでいる人のほとんどは、人生で一度も戦争を経験したことがないと思います。

 

でも僕は、アフリカで起きる戦争の”リアル”を体験したことがあります。

 

東アフリカに位置するウガンダ共和国。大学4年生で初めてこの国を訪れた僕は、そこで元少女兵アイ―シャさんと出会いました。 

 

ウガンダでは20年以上も戦争が続いた

平和とは

 

アフリカ東部に位置する国、ウガンダ共和国。この国の北部では、1980年代後半から20年以上にわたって続いた内戦の影響により、衣食住といった人間としての基本的ニーズを満たせずに暮らす人々が未だ多く残っています。

 

1990年代半ば以降、反政府組織「神の抵抗軍」による村の襲撃や子どもの誘拐が多発し、一時期は約200万人もの人々が避難民としての生活を余儀なくされました。

 

神の抵抗軍は戦力を補強するため、毎晩のように村や避難民キャンプを襲って子どもを誘拐。これがウガンダの子ども兵士問題に繋がります。

 

戦争で使い捨てられた子ども兵士たち

平和とは

 

誘拐された子どもたちは、強制的に兵士に仕立て上げられていきました。神の抵抗軍は3万人以上の子どもを誘拐し、兵力の約8割を子ども兵士に頼っていたとも言われています。

 

子ども兵士は水汲み、食事の準備、荷物運びといった雑用から、政府軍との戦闘や村の襲撃、新たな子どもの誘拐まで、多くの仕事につかされました。中には地雷原を渡る際の「人間地雷探知機」、また弾除け、つまりは「人間の盾」として利用される子どももいた聞きます。

 

少年兵だけではなく、少女兵もいた

平和とは

 

少年兵という言葉に聞き覚えがある人は多いでしょう。しかし、子ども兵士の中には女子、つまり少女兵も存在します。

 

ウガンダの戦争でも、多くの少女兵が生まれました。中には、人の兵士と強制結婚をさせられ、望まない妊娠をする子もいたようです。

 

現地の関係者からこんな話を聞きました。「神の抵抗軍は子ども兵士を洗脳するため、自分の手で肉親や兄弟、親戚を襲わせるんだ。」

 

子ども兵士に自身の家族や地元の村を襲わせることは、彼らが脱走するのを防ぐ一つの手段だったのです。その結果、戦争が終わった後も、子どもたちに帰る場所はありませんでした。

 

アフリカで続く戦争の小さな犠牲者、アイーシャさんの体験談

平和とは

アイ―シャさん(写真右)


神の抵抗軍に14年間拘束され続けていた元少女兵、アイ―シャさん。ウガンダ北部のグルにて、彼女が僕のインタビューに応じてくれました。

 

彼女はわずか12歳で誘拐され、26歳で脱退するまでの実に14年間、望まない兵士として過ごすことを余儀なくされたのです。

 

以下は、拙著『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』の中でも紹介した、彼女の従軍中の体験談です。その内容を一部紹介します。

 

-----以下『世界を無視しない大人になるために』より引用---

 

2000年12月19日の真夜中、アイーシャは反政府軍である神の抵抗軍(LRA)に誘拐された。当時、わずか12歳だった。そこには、数え切れないほど多くの困難が彼女を待ち受けていた。

 

「一日中重い荷物を持たされ、森の中を走りました。休息は夜に少し取るだけ。非常に辛く、苦しいものでした」「水も食料もない状態で、本当に辛かったです。軍隊にいる間、常に戦闘が続いていました。昔はいつ死んでもおかしくないという思いで生きていました」

 

神の抵抗軍での厳しい生活に慣れることは、非常に難しかったと彼女は話す。人が殺されるところを、数え切れないほど目の当たりにした。襲撃や、軍隊という過酷な環境に彼女を慣れさせるため、神の抵抗軍はアイーシャにその現場を見せたがっていたのだ。

アフリカ 紛争

 

2000年から2003年までの3年間、北部ウガンダの茂みを歩き回った。その後、ウガンダ政府軍による神の抵抗軍の掃討が勢いを増すと、ウガンダに滞在することは厳しくなる。2004年、彼女らは合計4回にわたって拠点をスーダン内へと移した。

 

「とても長い距離を歩かされて、4日間ずっと移動し続けたこともありました」。スーダンに拠点を置いている間も、越境してきたウガンダ政府軍によって何度か掃討があったため、拠点を更にコンゴ民主共和国へと移した。

 

彼女は、日夜「神の抵抗軍」と行動を共にしなければならなかった。それは、若い彼女にとって非常に辛く、苦しみを伴うものだった。

 

コンゴ民主共和国滞在時、彼女は脱走を試みる。脱走のリスクは当然大きかった。脱走に失敗して再度捕まれば、それに対する上官からの罰は非常に厳しく、非人道さを極めていた。

 

他の子ども兵が脱走することを防ぐために、脱走しようとして捕まった者は、見せしめとしてひどい罰を受けるのだ。時にそれは、命を失う事にも繋がった。「ある夜に他の仲間と脱走を試みましたが、捕まり、鞭で200回叩かれました。それからは脱走する事は諦めました」

アフリカ 紛争

 

コンゴの密林を、反乱軍と共に動き回る。そんな生活が長く続いたある日、彼女に子どもが産まれた。

 

少女兵の多くは、従軍中に反政府軍の兵士と強制結婚をさせられ、子どもを授かることもある。中には、兵士との性交渉中にHIVに感染し、帰還後もエイズを発症する、また穢れた存在だと差別や偏見を受け、コミュニティから疎外されるなど、社会復帰がより困難な状態に置かれる。

 

「幼い子どもを連れながら、政府軍から逃れるために茂みの中を走るのはとても大変でした」。子どもを抱き、銃を担ぎ、身の回りの物を背負い、茂みの中を走る。その辛さを言葉にすることはできないと、彼女は語る。

 

コンゴから中央アフリカ共和国に移動し、またコンゴに戻り…、そんな生活が長く続いた。2014年、彼女は政府軍に救出されたが、2000年からの実に14年間、彼女は少女兵としての生活を強いられた。

アフリカ 紛争

 

救出後の生活は、茂みでの生活とは全く違うと彼女は語る。「人々はお互いの権利を尊重し合っています」

 

拘束されていた頃は何も言う事ができず、ただ上官からの命令に従うしかなかった。荷物を運べと言われれば荷物を運び、村を襲えと言われれば村を襲った。命令に背けば、時には殺されるまで罰が下された。

 

「拘束から逃れて戻ってきた時、私には3人の子どもがいました。持ち物は何もありませんでした。それでも、幸せでした。拘束から逃れられた、ただそれだけで幸せに感じました」

  

援助機関で社会復帰訓練を受けている心境を、彼女はこう語る。

 

「訓練所では、多くの技術を身につけることができています。以前はずっと人に頼り、物を借りていましたが、今の自分は能力を身につけ、自分で物事を行うことができるようになってきました」

 

「ここで技術訓練や基礎教育を受けられる、その事が、今の自分を幸せにしてくれます。ここでの学びを活かし、卒業後はもう一度、自分の人生を変えたい。そして、子どもたちの未来を支えたい。そう願っています」

アフリカ 紛争

 

本当の世界平和とは何か、ともに考えたい

平和とは

きっと、多くの人にとってウガンダの戦争で起きた”悲劇”は、受け入れがたいものだと思います。でもこれは紛れもなく、世界のどこかで実際に起きていた話なのです。それも今からたった20年前に。

 

世界のたった1%、いや0.01%の人間が起こすのが戦争です。実際の人数はもっと、もっと少ないでしょう。

 

残りの99.99%の人たちは、本当に世界平和を望んでいるはずです。にもかかわらず、時代がいつになっても戦争がなくならず、世界平和が実現されないのは、なぜだと思いますか?

 

僕はこう考えています。戦争をしている1%の人間が連帯し、ガチで戦争を起こしているにもかかわらず、世界平和を望んでいるはずの99%の人たちはお互いの繋がりが弱く、ガチで平和を追い求めていないからです。

 

僕たちが今暮らしている社会には、「共通しているものを見つけようとせず、違いや欠点を見つけては批判する。」という風潮が、どことなく漂っているように思えます。その姿勢が、気づかぬうちに対立や争いの火種になっていることもあるでしょう。

 

たしかに、違いや欠点を指摘し合うことも大切です。しかし、それ以上に人と共通していること、共通しているビジョンに目を向けることが、他者との繋がりを作るためには欠かせません。世界平和を望む人なら、なおさら大事なことです。

 

「世界から戦争をなくしたい」「本当の平和を実現したい」と思っている人たちのビジョンは、「平和な世界を創る」という意味において、根底で必ず共通する部分があるはずです。

 

だからこそ、批判をするのではなく、提言をし合う。世界平和とは何か、ともに、そして真剣に考えたい。

 

お互いの違いを乗り越え、世界平和を実現するために協働できる在り方を模索することが、今の世界には求められています。そして僕たちは、そのことを真剣に考えなくてはなりません。

 

 

【書籍紹介】世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援

f:id:KantaHara:20180419182253p:plain

 

誰だって、一度は思ったことがあるだろう。今この瞬間にも、世界には紛争や貧困で苦しんでいる人がいるのはなぜなのだろうと。その人たちのために、自分にできることはなんだろうと。

 

僕は、世界を無視しない大人になりたい。  —本文より抜粋

 

ある日突然誘拐されて兵士になり、戦場に立たされてきたウガンダの元子ども兵たち。終わりの見えない紛争によって故郷を追われ、命からがら逃れてきた南スーダンの難民たち。

 

そんな彼らと出会いながら、僕は本当にあるべき国際支援を考え続けた。そして、平和がいかに大切で、いかに尊いものであるかを心から実感した。

 

『世界を無視しない大人になるために』では、”世界の不条理”に苦しめられながらも、強く、そしてしなやかに生きる人々の「声なき声」を書きました。アイ―シャさんの体験談を聞いた後、僕がどんな行動を起こしていったのかも紹介しています。

 

アフリカで感じた平和に対する想いを込めた渾身の一冊です。本当の世界平和を考えるひとつのきっかけに、ぜひ読んで頂ければと思います。

 

▼紙版の購入はこちら▼

 

▼Kindle版の購入はこちら▼

 

なお、『世界を無視しない大人になるために』はKindle Unlimited登録作品のため、30日間のKindle Unlimited無料トライアル*を利用すれば、無料で読むことができます。ぜひお試しください。

 

*31日目を迎える前にKindle Unlimitedを解約すればお金はかかりません。