原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

大学受験に落ちた僕が気持ちを切り替えるためやった5つのこと

\ツイッターのフォローをお願いします/
ブログ更新のお知らせや限定情報を発信しています。ぜひフォローしてくださいね!
スポンサーリンク

大学受験はシーズン真っ只中。2月には私大受験が始まり、3月には国公立入試も始まります。

 

合格して笑顔になる人もいれば、不合格で悲しい想いをする人もいる。僕は後者でした。高校時代を思い返すと、部活でも受験でも、大事な”競争”の場面ではトコトン負けてきた人生です(笑)

 

 

こんにちは、原貫太(@kantahara)です 。

 

ここ最近はフォロワーの方から、受験関係の相談を寄せられることが増えました。僕は不合格組なので偉そうに言えることはありませんが、大学受験に失敗した身としてのアドバイスはできます(笑)

 

当時、大学受験に落ちた僕が気持ちを切り替えるためにやった5つのことを紹介します。

 

 

 

 

僕は第一志望の大学に落ちた

大学 落ちた

 

高校3年生だった時、僕の第一志望は東京大学文科三類でした。日本一の英語教師になろうと、東大に入学し、英文科に進もうと計画していたのです。

 

高校は逗子開成という神奈川県の私立進学校。同じ年、東大合格者が学年から10人出ていました。僕も定期試験の成績では常に上位に入っていたため、周りからは合格することを期待されていましたね。

 

ただ、センター試験は無事に通ったものの、最終的には二次試験で不合格に。塾にも通わずに独学で勉強していた僕は、東大に特化した対策を十分にできず、日本史Bで大きくずっこけました。たしか、2割しか得点できませんでしたね。

 

 

浪人は少し考えたけど、進学を決意

大学 落ちた

 

高校2年生の時からずっと目標にしていた東大合格。正直、合格者一覧に自分の受験番号が載っていなかった時は、かなり凹みました。

 

浪人することも少し検討しましたが、第二志望の早稲田大学に合格していたこと、もう一年受験生を続ける気力が残っていなかったことから、早稲田大学への進学を決めました。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

気持ちを切り替えるためにやった5つのこと

大学 落ちた

 

…といっても、ずっと目標にしていた大学受験に落ちてしまったら、人間だれしも傷つきます。僕も正直、凹みましたね。

 

そんな受験に落ちた僕が当時、気持ちを切り替えるためにやった5つのことを紹介します。

 

 

まずは現実を受け入れる

受験に落ちると自分のすべてを否定されたような気がしてしまいます。が、それでもまずは、不合格という現実を受け入れるようにしました。

 

合格する人がいれば、不合格になる人がいるのは当然のこと。でも、受験に落ちたからといって、自分の人生が台無しになるわけではありません。

 

大学に入学し、数カ月経ったらレポートや試験、バイトやサークルに追われて、受験に落ちた悲しみなんてとっくに忘れているはずです。人生に失敗なんてつきものなんだと、前向きに捉えるようにしましょう。

 

 

寝る

ひたすら寝ましょう。受験の追い込み期はどんな人でも睡眠不足。睡眠不足が原因で情緒不安定に陥りやすいです。だからこそ、しっかりと睡眠を取るようにしましょう。

 

不思議なもので、人間は、時間が経てば辛かった出来事も自然と忘れられるようにできています。受験に落ちた直後は悔しさや悲しさに襲われますが、しっかり睡眠を取って時間が経てば、受験に落ちた悲しみなんてどっかにいってしまいます。

 

 

運動する

大学受験で蓄積した精神的な疲労を、肉体的な疲労へ換えましょう。運動して身体の疲れが貯まってくれば、自然と眠れるようにもなります。

 

高校で水泳部に所属していた僕は、受験が終わった後にプールで泳ぎました。受験に落ちた悲しみも悔しさも、全部水に流せましたね。

 

音楽を聴きながら30分ジョギングするだけでも全然違います。運動しましょう。

 

 

カラオケで歌う

僕はカラオケが大好きだったので、同じく大学受験に落ちた友達とひたすらカラオケに行きました。エコーを最大にしたマイクで「大学落ちたー!」と叫んでました。その馬鹿馬鹿しさが、気持ちを切り替えさせてくれましたね(笑)

 

医学的にも、歌うことはストレス解消に繋がることが示されているようです。

 

思いっきり歌えば、受験で貯まったストレスを発散できるし、これから始まる大学生活も段々と楽しみになってくるでしょう。

 

 

参考書を捨てる or 売る

最後は、「いらない参考書を捨てる or 売る」です。受験に落ちた後の気持ちの切り替え方として、これを一番おすすめします。

 

失恋したら元カノ(or 元カレ)との思い出は全部捨てた方がいい、なんてよく言われますが、原理的にはあれと同じ。

 

受験が終わった後に参考書が目に入れば、「苦手な数学めっちゃ頑張ってたなぁ…。なのに何で落ちたんだろう…」「英語の勉強は楽しかった。なのに何で落ちたんだろう…」と、受験生時代の日々を思い出してしまいます。

 

だから、大学受験に落ちた後、僕は視界から参考書・教科書を無くしました。断捨離気分でガンガン捨てたのです受験に落ちた気持ちを切り替えることにも繋がりますし、部屋にスペースが生まれれば、気持ちにも余裕が芽生えます。

 

今後、もう使うことがないであろう参考書は、遠慮なく捨てるか、売るようにしましょう。

 

 

まとめ

大学 落ちた

大学受験に落ちた後、僕が気持ちを切り替えるためにやったことこの5つ。

 

  • まずを現実を受け入れる
  • 寝る
  • 運動する
  • カラオケで歌う
  • 参考書を捨てる or 売る

 

中でもおすすめなのが、「参考書を捨てる or 売る」です。大学受験で使った参考書をその後に使う機会なんてほとんどありません。使うとしても、英単語帳くらいでしょう。

 

受験に落ちて沈んでいる気持ちを切り替えることにもなるし、高く売ることができたらちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。

 

繰り返しになりますが、受験に落ちただけで人生が台無しになるわけがありません。人生に失敗は付き物です。うまく気持ちを切り替えて、前を向くようにしましょうね!

 

 

【追記】参考書を売るなら、古本屋ではなく買取専門サイトを使おう

大学受験の参考書や赤本は、大手の古本屋では買取してもらえないか、買取してもらえたとしても価格が安いことがほとんど。僕は地元の古本屋で買取ってもらいましたが、たしか一冊数十円にしかなりませんでした。

 

参考書を売ろうと思っている人は、買取専門サイトを使いましょう。例えば、大学受験参考書・赤本、予備校テキスト買取サイト「学参プラザ」 なら、参考書や教科書一点ごとに、人気や需要を見た上で買取価格を判断してもらえます。着払いで発送するだけなので送料も無料です。

 

最新の赤本であれば400円以上、初版から3ヶ月以内の参考書なら定価の30%以上など、買取価格も高いので、いらない教科書や参考書を売ればそれなりの金額にはなると思います。ぜひ活用してみてください。

 

\受験で使った参考書は買取専門サイトで売ろう/