原貫太のブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。国際協力やNPO・NGO、アフリカの問題、フリーランスの働き方など様々なテーマを解説しています。

受験のやる気が出ない君に4つのアドバイス【ペンを置き、心に余裕を作れ】

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。ツイッターで受験に関するこんな質問が寄せられました。

受験直前なのに勉強のやる気が出ません。行きたい大学も決まっているのに、勉強を頑張れなくて焦るばかり。どうしたらいいのか分かりません。

 

僕は人生で二回、受験した経験があります。中学受験と大学受験です。

 

どちらの受験も、試験の直前はやる気が出なかったり、勉強に集中できなかった時期がありました。受験直前期も焦ってしまい、注意散漫になることもありましたね。

 

大人になった今、受験生だった当時を振り返って思うことがあります。受験勉強のやる気が出ない人、試験直前に焦りを感じている人に4つのアドバイスを送ります。

 

 

無理にやる気を出さない。一旦ペンを置き、周りを見渡そう。

受験 やる気でない

 

受験生というのは、間違いなく人生で一番勉強する時期です。高校3年生の時、僕は朝から晩までずっと机の前に座っていました。

 

受験直前期なんて、一日15時間くらい勉強していましたね。

 

そんな時はたいてい、目の前の「受験」という壁にばかりに目がいってしまっています。主観的になり過ぎているのです。視野を広く持つために、一旦ペンを置き、周りを見渡してください。

 

周りを見渡すというのは、自分が置かれている状況を客観視するために行うことです。周りの受験生がどんな生活を送っているのか観察してもいいし、受験とは全く関係ないことをインターネットで調べてみてもいいでしょう。

 

10分や20分程度勉強から離れたとしても、何の問題もありません。やる気を出すため、リラックスするためにやることですから。

 

むしろ根詰めて勉強しているよりも、適度な気分転換をしながら勉強した方が、長い目で見ると効率もいいはずです。

 

僕は受験生だった頃、やる気が出ない時は海外や宇宙のことを調べて、「あぁ…世界ってこんなに広いんだよな。受験勉強の悩みなんて、ちっぽけだよな。」と物思いにふけっていました。

 

受験が終わった後の自分を思い浮かべよう。

受験 やる気でない

 

ほとんどの受験生は、志望校に合格することが最終ゴールになっています。

 

「志望校合格」というゴールにばかり気を取られてしまい、そのことでプレッシャーを感じ、勉強のやる気が出ない。そんなケースがたくさんありますね。

 

でも、断言します。受験なんて、一つの通過点に過ぎません。これ、マジです。

 

本当に大切なことは、受験が終わり、高校や大学に進学した後の人生です。僕の周りにも、例えば大学に進学した後に気が抜けてしまい、堕落した生活を送っていた友達がたくさんいましたからね(笑)それだと、いくら偏差値の高い学校に進んだところで、意味ありません。

 

だからこそ、進学した先の学校で、自分がどんな勉強をしたいのか、どんなことに挑戦したいのか、思い浮かべてみましょう。できる限り具体的に。

 

そのイメージがあなたの中で具体的になればなるほど、受験が一つの通過点に過ぎないことを想像できるはず。そして、少しだけ未来の自分の姿を想像できるようになったら、受験勉強に対するやる気も少しずつ芽生えてくるでしょう。

 

たとえ受験に失敗しても、人生は何とでもなる。

受験 やる気でない

 

「受験に失敗したらどうしよう。不合格になったらどうしよう。」

 

そんなプレッシャーに押し潰されそうで、やる気が出ない。そんな人も多いと思います。

 

でも、安心してください。たとえ受験に落ちたとしても、その後の過ごし方次第で、受験の結果なんていくらでもひっくり返せます

 

僕は大学受験生だった時、ずっと目指していた東京大学に合格できませんでした。受験に落ちてからしばらくは、正直ずっとへこんでいましたね。

 

けど、進学した先の早稲田大学では素晴らしい先生や友人と出会い、努力を積み重ねたことで、今ではアフリカで働くまでになったのです。

 

もし東大に合格して”しまって”いたら、今の自分はきっといないでしょう。

 

僕みたいに、受験に失敗したことが一つのきっかけとなり、その後の人生が拓けた人は他にもたくさんいます。もちろん、合格した方がその瞬間は嬉しいに決まっているでしょうが、人生に失敗はつきものです。誰かが合格すれば、その代わりに別の誰かが不合格になるのは当然のこと。

 

受験生なら、誰しもプレッシャーと戦っています。でも、「たとえ受験に失敗したって、後から何とでもなる」ということを知っている人は、心にも余裕が生まれてくるものです。

 

心に余裕がある人は、受験勉強のやる気も自然と出てくるはずです。当たって砕けろの精神で行きましょう。

 

勉強を中断し、心に余裕を生む時間を20分取ろう。

受験 やる気でない

 

”やる気が出ないなら、一旦ペンを置き、周りを見渡そう。”

”やる気が出ないなら、受験が終わった後の自分を想像しよう。”

”やる気が出ないなら、「たとえ受験に失敗しても何とでもなる」と思うようにしよう。”

どのアドバイスも、頭では理解できるでしょう。でも、どうもしっくりきていない。

 

そんな人は、きっと心に余裕がありません。高校3年生の僕にこんなアドバイスをしたところで、「今はとにかく勉強しないといけないから、そんなこと考えている暇ないよ。」と答えていたかもしれませんね。

 

なぜなら、受験生の僕は生活のすべてが勉強によって占められ、心に余裕がなかったからです。

 

朝から晩までずっと勉強していたら、こんなアドバイスを受け入れる心の余裕は生まれません。一日30分くらい机から離れて、散歩したり、読書したり、好きな人と話したり、それくらいも楽しめる方が、心に余裕が生まれ、勉強の効率も上がるはずです。

 

受験勉強にやる気が出ない人は、この記事に対する感想でもノートに書き出してみるのはどうでしょうか。いい気分転換になると思いますよ。

 

★関連記事★

心を整える方法 長谷部誠に学んだ1日30分でできるメンタルマネジメント - 原貫太のブログ

 

さいごに

受験勉強のやる気が出ないからと言って、「もっともっと勉強しなくては…!」と焦るのは賢くありません。

 

やる気が出ないのはもちろん、自分を追い詰めてしまい、さらに焦ってしまうでしょう。受験直前期ならなおさらです。

 

やる気が出ない人は、

 

  1. 一旦ペンを置き、周りを見渡そう
  2. 受験が終わった後の自分を想像しよう
  3. 「たとえ受験に失敗しても何とでもなる」と思うようにしよう
  4. 勉強を中断し、心に余裕を生む時間を20分取ろう

 

この4つのアドバイスを参考に、もう少しだけ頑張ってみましょう。受験が終わったら、僕の講演会にでも遊びに来てください。

 

以下の記事もよく読まれています。あわせてご覧ください➡浪人するかしないかで迷ったらこの2つを考えろ【僕が浪人しなかった理由】 - 原貫太のブログ