原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

"この世の中に誰かがやらなければならない事がある時、 僕は、その誰かになりたい。"



『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』を第一章まで無料公開中Kindle Unlimitedに登録すると体験期間に無料で読めます。

スポンサーリンク


"だけれども僕はやる。

 

この世の中に誰かがやらなければならない事がある時、
僕は、その誰かになりたい。"

 

 

国際協力を志した時に、何度も心で呟いた言葉がある。元国連ボランティア中田厚仁氏の言葉だ。

内戦後のカンボジアで選挙監視員として奮闘したが、最期はゲリラの銃弾に倒れた。25歳だった。

 

 

公正な選挙を実現させるため、家族の反対を押し切り、彼は内戦後のカンボジアに向かう。

選挙の重要性について人々に説くため、川にぶつかればフェリーを使い、フェリーが使えなければカヌーを使い、カヌーが使えなければ泳いで村々を回った。

 

苦しくも、最期は武装集団に襲撃され、25歳で殉職した。

 

 

世界は不条理だ。生まれた国によって命の価値が変わってしまう。生まれた環境によって選択できる未来が変わってしまう。

 

きっと、この世界には誰かがやらなくてはならないことがある。その「誰か」にならなくてはならない人がいる。そしていつも、その「誰か」になるためにはとてつもない勇気がいる。

 

 

偉そうなことばかり言ってるけれど、本当は不安でいっぱいだ。新卒でNGOを起業するなんて、現実的な生き方じゃない。食っていけるかも分からない。失敗するかもしれない。

 

 

でも、心からやりたいと思えることだから、世界が必要としていることだから、挑戦してみようと思う。自分を実験台にしてでも。

 

 

---

中田厚仁さんの詳細は以下で視聴できます。