原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

オンライン英会話(DMM)で英語力を上達させるたった1つのコツ、2つの工夫

人気記事

僕はオンライン英会話で英語力を向上させました。無料体験が受けられる13のスクールをまとめました!
オンライン英会話で無料体験可能な13スクールを比較した

スポンサーリンク


オンライン英会話、中でもDMM英会話を通じて英語力を上達させるコツ、そして僕が意識していた2つの工夫を紹介します。

 

本質的には、どのようにして英語のスピーキング力を高めるか?です。

 

 

 

 

僕は海外経験がほとんど無い「純ジャパ」だった

オンライン英会話-コツ

 

今となっては英語を使いながらアフリカで働く僕ですが、大学に入学した当初はほとんど英語を話すことができませんでした。帰国子女が集まる授業に勇んで参加したものの、撃沈したのを覚えています。

 

 

それもそのはず。僕は「純ジャパ」だからです。

 

 

そもそも純ジャパとは、「純粋」と「ジャパニーズ」を組み合わせた造語。一説によれば、「海外の滞在期間が半年以下の人」を指すようです。

 

 

当時の僕は、海外渡航の経験は中学3年のニュージーランド研修と、高校2年のマレーシア研修のみ。海外に研修旅行で行く学校は珍しいようですが、それでも滞在期間はそれぞれ1週間ほど。

 

 

日本の中学・高校の授業では、英単語や英文法、長文読解をたくさん勉強します。でも、本来的な役割である「コミュニケーションツールとしての英語」を学ぶ機会はほとんどありません。つまり、純ジャパの人にとっては、大人になるまで英語を話す機会がほとんどないのです。

 

 

"抵抗感"を無くすことが最初の関門

オンライン英会話-上達

 

センター試験のためにリスニング力を鍛えた人…という人は多いかもしれませんが、英語でコミュニケーションを取るためには、当然ながらスピーキング力が必要です。このスピーキング力を高めるために、まず越えなくてはならない大きな壁があります。

 

 

それは、英語を話すことに対する"抵抗感"です。

 

 

中学・高校の英語学習は、とにかく机上での勉強ばかり。英語を使ってコミュニケーションを取る経験をほとんどしてこなかった多くの日本人は、英語を話すことを「恥ずかしい」と感じます。

 

 

僕もそうでした。「間違ったらどうしよう…」「これ、文法間違っているかな…」「英単語が出てこない…」。そんな雑念に囚われてしまい、「恥ずかしい」という気持ちが、英語を話すことに対するブレーキとなっていました。

 

ちなみに、「お酒に酔うと英語が話せるようになる」と言われていますが、その理由は「恥ずかしさ」が無くなるからだと言われているくらいです。

 

 

英語を話すことに対する抵抗感を無くすことが、実践的な英語力(=スピーキング力)を上達させるための最初の関門。

 

 

抵抗感が無くなり、英語が自然と口から出てくるようになると、少しずつ英語脳になってきます。つまり、ほとんどの日本人が英語を話す時に脳内でやっている「日本語→英語」の変換をしなくても、最初から英語で考えるようになります。英語を英語で捉えられるようになることは、英語学習では一つの大きなゴールです。

 

 

いずれ、寝てる間の夢を英語でみるようになります。本当ですよ。寝言も英語で喋るようになります。アメリカ留学中に、僕はこれを経験しています。

 

 

オンライン英会話で英語力を上達させるコツ、それは「諦めずに続けること」

f:id:KantaHara:20171209232741j:plain

 

英語を話すことに対する抵抗感を無くすこと。それが、実践的な英語力を身に付けるために求められる最初の関門。それを突破するためには、とにかく英語を話す機会にたくさん身を置けばいいんです。「量」にこだわりましょう。

 

 

「量」をこなすためには、当然ながら英会話スクールの値段は安くなければならない。そして、できれば講師と一対一で集中して話せるのが望ましい。 

 

 

その両方を満たすのが、オンライン英会話です。通いの英会話スクールや語学留学と比べたら、そのコスパは抜群でしょう。
www.kantahara.com

 

 

僕はアメリカに留学するまでの約1年間、DMM英会話を続けていました。正直、初めてのレッスンはむちゃくちゃ緊張しました。だって、見ず知らずの人と25分間、一対一で話し続けるわけですよ。それも、英語で。

 

 

だけど、恥ずかしいからといって、諦めてはいけません。実践的な英語を身に付けるためには、スピーキング力を高めるためには、何度も言うように英語を話すことに対する抵抗感を無くすことが必要です。そのためには、量をこなさなくてはなりません。

 

 

だから、ほんの2、3回のレッスンで「無理だ…全然英語が出てこない…」「恥ずかしくて上手く話せない…」なんて言っていたらダメです。諦めずに続けましょう。

 

 

オンライン英会話(DMM英会話)を長く続けるための2つの工夫

オンライン英会話-上達

アメリカに留学していた頃の僕


そんな僕は、オンライン英会話を続けるために2つの工夫をしていました。

 

 

色々な国・地方の訛りを楽しむ

一つは、色々な国・地方の訛りを楽しむことです。

 

 

僕がアフリカで働いていた時は、いわゆるアメリカン・イングリッシュのような発音ではなく、ゴテゴテのジャパニーズ・イングリッシュの方が現地では通じやすかったのを覚えています。日本人は総じて欧米型の英語に憧れますが、ぜひフィリピン人やインド人の発音を聞いてみて下さい。発音がめっちゃ訛っていても、ちゃんと通じています。

 

僕が続けていたDMM英会話には、アメリカからバングラデシュまで世界90か国以上の講師が在籍しています。講師を変えることで、国・地方独特の訛りを楽しんでいました。

 

 

好きな先生を見つける

そしてもう一つが、オンラインと言えども、好きな先生を見つけることです。

 

 

僕はルーマニア人の先生と興味関心が合い、そして英語も聞き取りやすかったため、週に2~3回はその先生と話すようにしていました。顔なじみになることで、例えば「Kanta、この前話していた大学のテスト、上手くいった?」などと話しかけてくれるようになります。とても気さくな方で、毎回のレッスンが楽しみでした。

 

 

---

オンライン英会話で英語力を上達させるたった一つのコツは、諦めずに続けること。当たり前のようですが、「英語を話すことに対する抵抗感」を無くすためには、本質的に重要なことだと考えています。

 

「色々な国・地方の訛りを楽しむ」「好きな先生を見つける」といった工夫も凝らしながら、諦めずに続けて下さい!

 

 

---

オンライン英会話の多くが、1~2回の無料体験レッスンを提供しています。いくつかトライしてみることで、自分にピッタリのサービスを見つけましょう。

 

 

▼90か国以上の講師が在籍。僕がオススメする「DMM英会話」

 

 

▼日本最大級の「レアジョブ英会話」

 

 

▼7日間の無料トライアルが可能「NativeCamp」

 

 

▼俳優の伊勢谷友介さんがCM出演したことでも有名「COCO塾オンライン」