原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

【徹底解説】ストリートチルドレンの現状、生活、原因、問題…話も聞いた

12月は寄付月間。あなたは「本当に意味のある寄付」ができていますか?

スポンサーリンク


発展途上国、その中でも成長著しい国の都市部に足を運べば、必ずと言って良いほどストリートチルドレンと出会います。これまで僕は、アジアやアフリカの途上国に何度も足を運んできましたが、目にしない国の方が珍しいと言っても過言ではありません。

 

f:id:KantaHara:20171123203306j:plain

バングラデシュ首都ダッカで撮影

 

この記事を読んでいるあなたは、「ストリートチルドレン」という言葉を聞いてどんなイメージを持つでしょうか?多くの人は、その言葉から連想できる「路上に暮らす子ども」や「親がいない子ども」などを思い浮かべるかもしれません。

 

が、ストリートチルドレンは、必ずしも帰る家がなかったり、親がいなかったりというわけではないのです。彼らの中には、家族と一緒に路上で暮らす子どももいれば、家族が暮らす家があり時々そこに帰ったり、夜だけ家に帰るという子どももいるのです。

 

 

単にストリートチルドレンといっても、その国や地域、そして個々の環境によって、様々な立場に置かれた子どもたちがいるのです。僕がこれまでに出会った子どもたちのストーリーを織り交ぜながら、ストリートチルドレン問題を徹底解説します。

 

 

 

 

ストリートチルドレンの定義

ストリートチルドレン-定義

 

そもそもストリートチルドレンとはどのような子どもたちを指すのでしょうか。UNICEF(ユニセフ/国際連合児童基金)によれば、ストリートチルドレンとは

 

①貧困家庭から家計を支えるために路上に働きに来ている者

②家族を離れ、あるいは失い、子どもだけで生活をしている者

③家族全員が路上に暮らしている者

 

定義されています

 

 

他にも、

 

自分の家族から離れて生活し、ストリート・空き家などが広義の意味での実質的な家となり、成人による保護や監督を受けていない状態にあること。(1982年 ジュネーブ国際子どもカトリック会議)

 

本来ならば、大人たちから十分に保護され、監督されるべきである年齢であるにもかかわらず、家を離れて路上で暮らしている子どもたちのこと。(『国際協力の地平-21世紀に生きる若者へのメッセージ』)

 

など、その定義は様々にあり、現在までに統一された定義は存在しません。

 

 

世界に1億人以上いると考えられているストリートチルドレン

ストリートチルドレン

バングラデシュのストリートチルドレン

 

現在、世界では1億人以上のストリートチルドレンがいると考えられています。一方で、その定義が様々であることや、場所を変えながら転々と生活していることから、正確な人数を把握することは難しいと言われています。

 

世界、とりわけアフリカやアジアの開発途上国では人口は増加傾向にあり、また都市化も急激に進んでいく中で、ストリートチルドレンの数はさらに増えていくでしょう。

 

 

ストリートチルドレンには男の子ばかり?

ストリートチルドレン

ルワンダのストリートチルドレンたち

 

路上で暮らすストリートチルドレンの大半は男の子であると言われています。実際、僕がこれまで出会ってきたほとんどが男の子でした。その理由として、以下4つが挙げられます。

 

①家庭での役割が少なく出稼ぎが可能だから

バングラデシュ

 

アフリカやアジアの途上国では、文化や伝統から、家庭の仕事は女性(女の子)が担当するものだと信じ込まれている地域も存在します。そのため、例えば家族の中から誰かが出稼ぎの必要に迫られたとき、ほとんどの場合は男の子が選ばれます。

 

そうして、都市へと出稼ぎにやってきても住む家が無く、ストリートチルドレンになるのです。

 

②働き手となれるから

ストリートチルドレン

 

路上で暮らすといっても、まずは仕事を手に入れなくてはなりません。しかしながら、ストリートで暮らす彼らがやれる仕事といえば、日雇い労働など体力が必要なものがほとんど。また、非公式な仕事(ゴミ拾いや電車の乗客の荷物運びなど、誰かに雇ってもらわなくともできる仕事)でも、その多くが体力を必要とする仕事です。

 

そのため、相対的に女の子よりも男の子の方が働き手となれるのです。女の子のストリートチルドレンの中には、上記したような仕事ではほとんどお金を稼ぐことができないため、仕方なく売春に手を染める子もいます。

 

③"冒険的"だから

ストリートチルドレン

 

僕が実際に出会ったストリートチルドレンに、こんな子がいました。

 

都会を見たくて田舎からバスに乗ってきたはいいけど、帰り方が分からなくなっちゃった。それに、もう一回バスに乗るだけのお金も無い。だから、そのまま都会に住み着くことになって、今は路上で寝泊まりして働きながら生活をしている。

 

もちろん、ストリートチルドレンが生まれる原因の多くは「貧困」ではあるけれど、ほんの少しの"冒険心"からストリートチルドレンになってしまう子どももいるのです。

 

「親から離れて暮らしたい」と思春期の男の子らしい(?)思いから家出をしてみた。そしたら、他の子どもたちとの共同生活が思ったよりも楽しかったので、そのまま路上で生活を続けることになった…という子どもも実際にいました。

 

④路上暮らしの女の子は被害に遭いやすいから

ストリートチルドレン

 

もちろん、途上国にはストリートでチルドレンとして生きる女の子も少なからず存在します。しかし、女の子の路上生活には多くの危険が潜んでいます。例えば、悪い大人や他のストリートチルドレンからレイプ(性的暴力)をされたり、誘拐されて売春宿に売り飛ばされたりすることもあるのです。

 

そのため、できる限り親と一緒に暮らすか、もしくは女の子だとばれないように男装しているケースも存在します。

 

 

ストリートチルドレンが生まれる原因は?

ストリートチルドレン

 

ストリートチルドレンが生まれる原因には大きく2つあります。

 

①親を失う

戦争や自然災害、病気などから親を失い、経済的な問題から自宅に住めなくなって、路上暮らしを始める子どもたちがいます。

 

②家出をする

両親が離婚したり、両親から暴力を振るわれたりと、家庭環境が悪化して家出をする子どもたち、または出稼ぎをするために家出をして、路上暮らしを始める子どもたちがいます。

 

 

ストリートチルドレンが生まれる過程

ストリートチルドレンの子どもたちは、例えば以下のような過程で生まれます。

ストリートチルドレン-原因

 

多くのストリートチルドレンは農村部出身です。貧困や家庭環境の悪化、両親の病死といった原因から家を出ます。都市部にやってきたは良いものの、人であふれているため仕事も少なく、また市場経済で廻っているためお金が無ければ生活していくことができません。

 

家出をして農村部から都市部に移住しても、苦しい生活が続く。路上生活をしながら子どもは働くことで、ストリートチルドレンになっていくのです。

 

 

実際にストリートチルドレンから話を聞いてみた

f:id:KantaHara:20160217182157j:plain

インタビュー中の様子

 

ストリートチルドレンの子どもたちは、なぜ路上暮らしをすることになったのか。なんの仕事をしているのか。普段はどんな生活を送っているのか。

 

あまり知られることのないストリートチルドレンの実態。首都だけでも30万人以上のストリートチルドレンがいるとされるバングラデシュを訪れ、実際に話を聞いてみました。

 

 

港に暮らすストリートチルドレン

f:id:KantaHara:20170123175058j:plain

ショドルガット(photo by Kanta Hara)

 

首都ダッカの玄関口とも言われる港「ショドルガット」。小型のものから大型のものまで、大小様々な船が停泊しています。港には、船内の掃除、荷物運び、近くの売店への水運びや水汲み、流れ着いたペットボトルの回収といった細かな仕事がたくさんあるため、ストリートチルドレンも多く集まりやすいのです。

 

 

ここショドルガットでは、多くの人が船の整備・清掃、またタバコや食べ物の販売を仕事にしています。周囲の大人たちに話を聞くと、ストリートチルドレンに対しては「言うことを聞かず悪さばかりする」と、その存在を快く思っていない人が多くいました。

 

現地のNGO(非政府組織)が青空教室(屋外に設置された簡易の非公式学校)などの支援活動を行っていましたが、周囲の大人たちが親の代わりを担うようなこともないそう。

 

 

I君のケース

12歳。桟橋に寝泊まりしている。

 

元々は農村に暮らしており、2年生までは小学校に通っていたが、両親からの暴力や暴言が原因で10歳の時に家出をした。地元は遠くなく、1年に2回あるイスラム教の祭の際には、地元へと戻るらしい。

 

1日の収入は300~450円。仕事内容は上記したように、清掃やゴミ集めなど。

 

現地NGOが運営する青空教室には通っており、ベンガル語や数字、Social Studies(≒反社会行為抑制のための教育)などを学んでいる。お金を貯めて、将来はバナナ売りなどのモバイル・ショップ(移動型屋台)をやりたいと話していた。

f:id:KantaHara:20160215053229j:plain

桟橋で昼寝をしている少年

 

A君のケース

元々は農村に暮らしていたが、母親の暴力や暴言が原因で家出をした。父親はすでに亡くなっており、母親はA君を探しに来たことはない。勉強が嫌いなため、青空教室には通っていない

 

母親のことを話す際、とても悲しい表情をしていた。通訳が「家に帰りな。」と言うと、黙ってしまった。

f:id:KantaHara:20160217175805j:plain

ショドルガットで働く子どもたち

 

観光地に暮らすストリートチルドレン

f:id:KantaHara:20160217182139j:plain

 

偉人や宗教的指導者を祀った廟堂。ダッカ市内に複数あり、観光地としても様々な人が訪れます。

 

S君のケース

8歳。両親は離婚し、父親は別の女性と再婚し、いなくなった。母親は縫製工場で働き、月給約4000円。屋台で働く15歳の兄と5歳の弟がいる。

 

家はマザールの近くにあり、昼間はマザールでヤギを売る仕事の手伝いをしている。収入は毎日120円ほど。そのうちの110円は母親に渡し、10円だけをもらっている。

 

家族の生活のために働かなければならないため、小学校には通っていない。「学校に通いたい?」と聞くと、小さく頷いていた。

 

 

J君のケース

f:id:KantaHara:20160217180531j:plain

話を聞いた子ども達

 

10歳。父親はリキシャ引き、母親は専業主婦。

 

以前は学校 に通っていたが、経済的な理由で一年前にやめてしまった。学校に通いたいか尋ねると、「お金に余裕があれば行きたい」と語っていた。 

 

駅に暮らすストリートチルドレン

f:id:KantaHara:20160217181921j:plain

ダッカ市内、カマラプール駅の様子。多くの人が電車の上に乗っている。

 

大勢の人が利用するため、荷物運びなどの仕事が存在し、ストリートチルドレンが多く集まる。

 

S君のケース

12歳。本人も正確な自分の年齢を知らない。

父親は別の女性を作り蒸発。母親からの度重なる暴力を原因に一年前家出し、駅で働きながら寝泊まりしている。母親と同居している兄妹がいる。電車が着くたびに降りてきた乗客の荷物を運び、1回で15~30円受け取る。1日の収入は100~150円。

 

インタビュー当時、NGOなどの支援は受けておらず、またストリートチルドレンのための施設が存在することも知らないと話していた。

f:id:KantaHara:20160217175017j:plain

インタビューに答えてくれたS君

 

F君のケース

12歳。農村部出身。父親はすでに死去していて、母親からの度重なる暴力を原因に家出。家には帰りたいと思わず、仲間もいないため一人きりで生活している。

 

駅の利用者の荷物運びをして、1日80~110円稼いでいる。必要なものはあるか尋ねると、お金と服が欲しいと話していた。

 

 

オススメ関連本