原貫太オフィシャルブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。

チャイルドスポンサーシップを徹底解説 支援者のナマの声【うさんくさくない】

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。日本とアフリカを往復しながら国際協力を仕事にしています。

 

今回の記事では、国際NGOワールドビジョンが運営する支援プログラム「チャイルドスポンサーシップ」について、この業界で働く人間の視点からわかりやすく解説します。

 

僕の周りにはチャイルドスポンサーになっている人もいるので、その方に口コミも寄稿してもらいました。

 

結論から言うと、チャイルドスポンサーシップはうさんくさい制度なんかではありません。国際協力の業界で働く人間からも、高い評価を受けている寄付の仕組みです。

 

また、チャイルドスポンサーの運営母体であるワールドビジョンも、世界屈指の活動規模を誇る国際NGOです。この業界で働く人なら、知らない人はいないと言っても過言ではありません。

 

チャイルドスポンサーシップに申し込むことを検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

チャイルドスポンサーシップの運営母体ワールドビジョンとは?

チャイルドスポンサーシップ 評判

途上国の子どもたちの1対1の支援プログラム より転載

 

チャイルドスポンサーシップの解説に入る前に、まずは運営団体であるワールド・ビジョン、またその日本支部であるワールド・ビジョン・ジャパンという団体について解説します。

 

一言で表すと、国際協力を仕事にする人の中で「ワールド・ビジョン」という団体を知らない人は、ほぼいないと思います。それくらい規模が大きく、歴史もあり、有名な国際NGOです。

 

ワールド・ビジョン(World Vision)は1950年にアメリカで設立され、現在は約100ヶ国で活動を展開する世界屈指の大型国際NGOです。キリスト教精神に基づき、開発援助や緊急人道支援、アドボカシー(市民社会への啓発や政策提言活動)を行っています。

 

僕がかつて活動していたウガンダ共和国北部の南スーダン難民居住区でも、ワールド・ビジョンは支援活動を行っていました。当時はまだ緊急的な支援が必要だったため、難民の方たちに食糧配給を実施していましたね。

チャイルドスポンサー うさんくさい

ワールド・ビジョンによる食糧配給の様子。ウガンダ北部で筆者撮影

また、ワールド・ビジョンの日本支部である「ワールド・ビジョン・ジャパン」ですが、こちらは1987年に設立された団体です。

 

1999年に特定非営利活動法人(通称NPO法人)として認証され、その3年後である2002年には国税庁から認定NPO法人と認定されています。

 

日本の国際協力NGOは、1998年のNPO法施行後に設立された団体が多いため、その10年以上前から活動するワールド・ビジョン・ジャパンは老舗団体と言えますね。

 

ワールド・ビジョン・ジャパンのような「NPO法人」は日本に約50,000団体ありますが、そのうち所轄庁から認定を受けた「認定NPO法人」はわずか1095団体しかありません(平成30年11月時点)。実に、たった2%です。

 

認定資格を取るため、また継続するためには厳しい審査があります。「たしかな活動実績と信頼性があるから、ワールド・ビジョン・ジャパンは認定NPO法人の資格を維持している」と言えますね。

 

ワールドビジョンがどんな団体か、さらに詳しい解説はこちらの記事で書いています。

www.kantahara.com

 

 

チャイルドスポンサーシップを業界視点で解説

チャイルドスポンサーシップ 評判

アフリカで活動していた時の筆者

 

国際協力の業界で働いてきた立場から、僕なりにチャイルドスポンサーシップの評判を書かせてもらいます。

 

ここでは大きく、

 

  1. チャイルドスポンサーシップの仕組み
  2. チャイルドスポンサーシップの金額
  3. チャイルドスポンサーシップの信用性

 

の3つの視点から解説します。

 

チャイルドスポンサーシップの仕組みは?

チャイルドスポンサーシップ 評判

 

ワールドビジョンのチャイルドスポンサーシップは、

 

手紙や写真でのやり取りを通じて、途上国に暮らす子どもと直接的につながる支援プログラム

 

が基本的な内容です。この”つながる”という仕組みは、国際協力業界でも評価がとても高いです。

 

というのも、いくら「〇万人の子どもたちが学校に通えません」と数字を出したところで、そこで暮らす子どもの「顔」は見えてきませんよね。新聞やテレビで伝えられるニュースだけだと、そこに生きる人のナマの声が分からないのと同じです。

 

だから、途上国で起きている問題を伝える側の立場としても、できる限り支援を必要としている一人一人のストーリーを伝えるように工夫しています。

 

途上国の子どもと手紙や写真を送り合えるチャイルドスポンサーシップは、「つながる」という意味では、その最たる仕組みと言えます。

 

例えば、チャイルドスポンサーとして支援する子どもの国で万が一自然災害や戦争が起きてしまったら、支援者はとても心配しますよね。それは、途上国の子どもとつながることができているからです。

 

こういった途上国の人とつながる仕組みを何年も運営してきたワールド・ビジョン、またチャイルドスポンサーシップは、国際協力の業界でも非常に評判が良い寄付制度です。

 

 

チャイルドスポンサーシップの金額は高い?

チャイルドスポンサーシップ 評判

 

ワールド・ビジョンのチャイルドスポンサーシップは、一口が4,500円と設定されています。一人の子どもを支援するなら毎月4,500円、二人なら毎月9,000円が寄付金額として必要です。

 

インターネット上の評判を読んでみると、「毎月この金額は高くないか?」「学生には経済的にキツイ」といった口コミも見られますね。

 

さて、国際協力の業界ではこの1口4500円という金額設定がどのように評価されているかというと、チャイルドスポンサーシップの金額を一般的なNGOのマンスリーサポーターと比較すれば、たしかに高いです。

 

多くの国際協力NGOでは、マンスリーサポーターを一口1000円から募集しています。僕がかつて働いていたNGOでは、一口500円に設定していました。

 

ただ、途上国の子どもと直接的につながることができるチャイルドスポンサーシップの仕組みを考えたら、一口4500円という金額は妥当だと思います。

 

途上国の子どもから送られてくる手紙を翻訳したり、写真付きの成長報告書を支援者に送ったりと、チャイルドスポンサーシップの運営にはある程度コストもかかるはずです。

 

職員が10人にも満たない小さなNGOでは、チャイルドスポンサーシップのような寄付制度を作るのは、まず無理でしょう。ワールドビジョンのような大きな団体だからこそ、チャイルドスポンサーシップの仕組みが成り立っていると言えます。

 

そのことを考慮すれば、チャイルドスポンサーシップの一口4,500円という金額設定は、別に不思議ではありません。

 

たしかに一口1000円から募集すれば、チャイルドスポンサーの人数は大きく増えるでしょう。しかし、同時に運営コストも増えてしまいますから、支援のクオリティを保つことが難しくなるはずです。

 

4500円という月額で考えてしまうと高く感じるかもしれませんが、一日あたりで計算すると約150円です。自動販売機でペットボトル一本買うのとほぼ同じ金額ですね。

 

チャイルドスポンサーシップで支援するような途上国の子どもは、その多くが毎日150円以下で生活してますからね…。そう考えれば、4500円という寄付金額は理にかなっていると思います。

 

チャイルドスポンサーシップはうさんくさい?怪しい?

チャイルドスポンサーシップ 評判

途上国の子どもたちの1対1の支援プログラム より転載

 

チャイルドスポンサーシップの評判を調べている人は、

 

  • チャイルドスポンサーシップで寄付したお金は支援活動にちゃんと使われているの?
  • Googleの検索候補に『チャイルドスポンサーシップ 怪しい』『チャイルドスポンサーシップ うさんくさい』とか出てくるんだけど、大丈夫?

 

など、チャイルドスポンサーシップの信用性について気になっていると思います。

 

ワールドビジョンのホームページにも書いてありますが、支援金の81.4%は現地事業の活動に充てられています。

 

国際協力の仕事を25年続けている大先輩から、「NGOは寄付金の最低7割を現地事業の活動に充てるべき」という話を聞いたことがあります。その意味で、8割以上の支援金が現地事業に使われているチャイルドスポンサーシップは評価されるべきです

 

また、チャイルドスポンサーには写真付きの成長報告書が送られてくるだけではなく、機関誌やメールでも活動報告がされています。

 

さらに、ワールド・ビジョン・ジャパンのような認定NPO法人は、決算報告書や監査報告書を毎年公開しています。そもそも、こういった透明性や信頼性を担保していなければ、認定NPO法人として活動を継続することはできません

 

ですので、チャイルドスポンサーをうさんくさいとは思わず、信用してもらって問題ありません。

 

 

ナマの声!チャイルドスポンサーによる口コミ

チャイルドスポンサーシップ 評判

チャイルドスポンサーシップの口コミを寄稿してくれた石黒芳樹さん

 

ここまで国際協力業界で働いている立場から、チャイルドスポンサーシップを解説してきました。

 

今回、チャイルドスポンサーを10年続けている石黒芳樹さん(40代男性)から、口コミ記事を寄稿してもらいました。あわせてご覧ください。

 

私は、ケニアとラオスのチャイルドスポンサーをしています。毎月、銀行から一定額が引き落とされ、これが彼ら、そして彼らのコミュニティ開発のために使われています。

 

チャイルドスポンサーシップは、よく里親のような制度と間違われることがあります。しかし、明確に違うことが一点あります。

 

里親であれば、送金するお金はほぼ全額がその子どもに届きます。一方のチャイルドスポンサーシップでは、私たちが毎月送金するお金は支援するコミュニティに届き、子どもの手に直接渡ることはありません。

 

チャイルドスポンサーシップでは、通常15年程度の期間を定め、その地域に暮らす人々が基本的な生計を立てられるように支援をするのです

 

その間、ワールド・ビジョンからは支援地域がどのように開発されているのか、収支報告とともに毎年レポートが送られてきます。

 

同時に、スポンサーになっているチャイルドからも手紙が届き、チャイルドの視点から今どのような環境で生活しているか報告してもらうことができます。

 

いわば、マクロ、ミクロ、両方の視点から支援の成果を実感することができるのです。

 

私はチャイルドスポンサーシップを10年続けています。それぞれの支援地域は違いますが、

 

「何もかもはできなくても、何かはきっとできる。」

 

この想いを共有できる仲間が、北海道から九州まで日本全国にたくさんいます。SNSでのつながりもありますが、私は実際に会ってもいます。

 

チャイルドスポンサーシップのコミュニティは、とても心地がいいですね。

 

 

Twitterで寄せられたチャイルドスポンサーの声

先日、こんなツイートをしました。

 

 

その後、チャイルドスポンサーを10年以上続けている20代女性の方から口コミを寄稿していただいたので、紹介します。

 

ワールド・ビジョン・ジャパンの存在は、10年ほど前に通販サイト「アマゾン」の段ボール箱に同梱されていたチラシを見て知りました。

 

初めてのチャイルドスポンサーはインドの女の子。本人がまだ幼いため、家族がベンガル語で筆記した手紙に英訳がついたものが届きました。

 

そこにはスポンサーである私の写真を祭壇に置き、私のために一家をあげて祈ってくれていると書いてありました。

 

「お金はチャイルドに直接渡るのではなく、コミュニティの開発に使われる」そう書かれたワールド・ビジョン・ジャパンのパンフレットは、開発援助反対派の私の家族を説き伏せ、やがては途上国援助全体についても理解してくれるまでになりました。

 

寄付をやめようと思えば電話1本でやめられて、理由は聞かれるものの、特に引き止められないのも手軽でいいと思います。

 

現在はアフリカのキリスト教国である某国のチャイルドを支援しています。目下自分で決めているのは、自分の収入の減少によって支援を中止しないことと、最も貧しいキリスト教国を支援することです。

 

ワールド・ビジョン・ジャパンは、現地で起きていることをチャイルドスポンサーの寄付者に報告しようという意識も高く、支援者を招いた「ワールド・ビジョン・カフェ」なる報告会が、東京の事務所をはじめ全国各地で開催されています

 

自分のチャイルドの国とは限りませんが、現地を撮影したビデオを見せてくれ、ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフの方や、長年支援されている方々と直接会話することができます。

 

チャイルドスポンサーの支援者同士で車座になり、現地のお菓子を食べながら、支援に至った来歴やワールド・ビジョンの企画で現地を訪問した感想などを語り合う機会があるのですが、みんなが途上国支援の同志なので、大変盛り上がります

 

ワールド・ビジョン・ジャパンは認定NPO法人ですので、確定申告をすると寄付金控除が適用されます。自分は住民税等が完全に控除できる額まで寄付をしていますので、住民税の通知が届いたのは寄付金控除の手続きをしなかった年度しかありません。

 

あたりまえですが、日本で税金を払うとそのお金は日本や日本人ばかりに使われます。私はこれが世界の格差が助長される要因だと考えていて、少なくとも自分のお金は全て国外に使って欲しいと考え、このようにしています

 

チャイルドスポンサーなどを通じて国際援助団体に寄付することにより、税金をそのまま払うよりも、より自分の意図に近い社会貢献ができると考えています。

 

 

チャイルドスポンサーになった芸能人・著名人たち

芸能人・著名人の中にも、チャイルドスポンサーとして世界の子どもたちを支援している人がたくさんいます。

 

プロゴルファーの東尾理子さんや女優の夏木マリさん、またヴィジュアル系ロックバンド「シド」のボーカルであるマオさんらも、チャイルドスポンサーとしてワールドビジョンの活動を支援しています。

 

 

他にも『グレイテスト・ショーマン』や『レミゼラブル』に出演したハリウッドスターのヒュー・ジャックマンは、ワールドビジョンの親善大使として精力的に活動しています。

 

実際にエチオピアの支援地域にあるコーヒー農家を訪問していますね。

 

 

チャイルドスポンサーとしてワールドビジョンの活動を応援する芸能人・著名人の方々はこちらの記事でまとめています。

www.kantahara.com

 

 

ネット上にあるチャイルドスポンサーシップの評判や口コミ

チャイルドスポンサー うさんくさい

ウガンダで活動する筆者

 

ネット上で見られたチャイルドスポンサーの評判や口コミも掲載しておきます。チャイルドスポンサーの皆さん、途上国の子どもから送られてくる手紙が本当に嬉しいみたいですね。

 

 

 

さいごに 日本には5万人のチャイルドスポンサーがいる

チャイルドスポンサーシップ 評判

 

国際協力の業界で働いている立場から、ワールドビジョンが運営するチャイルドスポンサーシップの評判・口コミを紹介しました。

 

途上国で起きている問題に対し、関心を持つことは誰にだってできます。でも、大切なことは関心を持ち”続ける”ことです。

 

そのことを考えても、チャイルドスポンサーシップの仕組みはとても優れています。

 

ただお金を寄付したり、物資を送ったりするだけでは、困っている子どもを助けたいという気持ちも長続きしません。相手の「顔」が見えるからこそ、支援の成果を実感することができるはずです。

 

チャイルドスポンサーシップは、途上国に暮らす子どもと直接的につながることができる支援プログラムです。日本でも約5万人がチャイルドスポンサーになっています。

 

世界の貧しい子どもたちに対し、自分にできることは何だろう。そんな想いを持っている人は、ぜひチャイルドスポンサーシップに申し込んでみてくださいね。

 

\日本で生活しながら続けられる国際協力/