原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

大学生が塾講師のアルバイトを今すぐにやめるべき3つの理由

「脱走を試みましたが捕まり、鞭で200回叩かれました」。元少女兵との出会い。アフリカでの原体験を書いた処女作『世界を無視しない大人になるために』Kindle Unlimitedに登録すると30日間のお試し期間に無料で読めます。第一章までをこちらのページで全文公開中です!
紙版の購入は→こちら

 

スポンサーリンク


今となってはアルバイトはせずに、ブログや本、講演から収入を得ている僕ですが、大学1年生の頃は塾講師のバイトをやっていました。毎日消耗していましたね…。振り返ってみると、3ヶ月で辞めてすぐ別のバイトにして良かったなと本気で感じます。

 

 

僕は個別授業も集団授業も両方を担当していました。問題になりそうなので会社名は挙げませんが、大学生が塾講師のバイトを今すぐに辞めるべき理由を3つに絞ってお伝えします。

 

 

 

塾講師のアルバイトを今すぐにやめるべき3つの理由

大学生-塾講師

 

 

理由①生徒や塾長の時間に縛られ過ぎる

塾講師-バイト

 

これが一番大きいです。

 

 

塾講師のアルバイトをすると、まずは担当する「生徒の時間」に縛られるようになります。もっと言えば、「生徒の人生」を(一部)背負うことになります。

 

 

熱血漢だった当時の僕は、「やるからには生徒さんの人生に貢献できるように…!」と意気込んでいましたが、何を隠そう当時の僕は19歳の大学生です。他人の人生を背負えるほど、自分の人生に自信はありませんでした。

 

 

生徒から進路相談や質問したいと言われた時は、目の前の仕事を中断して対応。何なら休みの日にも出勤して対応にあたる日も。大学生のうちから「休日出勤」って…。消耗路線まっしぐらじゃないですか…。

 

 

「塾長の時間」にも縛られます。僕が働いていた会社では、夜中でも構わず出勤日に関するメールが送られてきました。それで起こされたこともありますからね?

 

 

やりたくもない仕事を依頼されるのは当たり前。嫌々引き受けるも、やらされる仕事ってのはやっぱり楽しくない。一言でまとめれば、生徒や塾長など、「他人の時間」に縛られ、そして振り回されるのです。

 

 

もちろんホワイトな塾もあるけれど、「他人の時間」に縛られるというのは基本的にどこでも一緒でしょう。これに慣れてしまうと最悪路線。せっかく時間がある大学生なのに、生徒や塾長の時間に縛られてしまうのはもったいない。

 

 

若いうちに「他人の時間」を生きるのが癖になると、大企業に入ってもただ消耗していく人生を送ることになります。実業家の堀江貴文さんは著書『99%の会社はいらない』の中で、

 

 

世の中の大多数の人々が所属している「会社」という仕組みでは「他人の時間」に縛られることが多い。やりたくもない仕事をさせられ、ただただ給料を貰うために、生活するためだけに仕事をこなす。それでは「楽しい忙しさ」を手に入れることは難しい。『99%の会社はいらない』から引用)

 

 

と書いています。逆に、「自分の時間」ばかりで生きられるようになる「起業」を強く勧めていますね。

 

 

 

お金が必要だとしても、塾講師のバイトは「他人の時間」に縛られ過ぎます。今すぐに塾講師を辞めた後のバイトを マッハバイト で探し始めましょう。 

 

 

 

理由②時間外労働が多過ぎない?稼ぎは大したことない

時間外労働-バイト

 

塾講師の時給は、個別指導でも1,500円前後。集団指導だと2,000円〜3,000円前後と、かなり美味しい話に聞こえます。僕も「めっちゃ稼げるやん!」と思っていた情弱マンでした…。

 

 

が、やってみればすぐに気がつきます。時間外労働の多さに。

 

 

授業の予習、授業前のプリント印刷、質問対応、欠席した生徒への連絡…。

 

 

ホワイトな塾会社では「事務作業は時給950円」など別途設定されているものの、多くの場合は「授業給が高いからその他は無給で頑張ってね★」というもの。トータルで計算すると、労働基準法で定められている最低賃金を下回る人もいるのでは?

 

 

例えば、時給1200円の個別授業で働いているして、

 

授業の予習:30分

授業前の準備:30分

授業後の対応:30分

 

とすれば、仮に授業時間が2時間だとすれば

 

 

(1200円×2時間+0円×1.5時間)÷3.5=685.7円

 

 

時給換算するとたったの685.7円です。

 

 

「子どもと関わるのが好き」「将来は教師を目指している」と言った人であれば我慢できるかもしれませんが、「めっちゃ稼げるかも」と始めた人にとっては、もう地獄ですよね。

 

 

「長期的な視点で考えれば好きなことで稼ぐシステムを作っていくべきだ」と主張している僕ですが、少なくとも"短期的"にお金を稼ぎたいならアルバイトの方が良いでしょう。今すぐに塾講師を辞めた後のバイトを タウンワーク で探し始めましょう。

 

 

 

理由③早くやめないと精神的にもっと辛くなる

塾講師-バイト

 

理由①と②を読んで「塾講師辞めよう」と思った人がいたらごめんなさい。辞める時には、それなりに何か言われる可能性があることを覚悟しておいてください。

 

 

「生徒を捨てるの?」

「社会人としての責任ないの?」

 

 

そんなことを言われるかもしれません。

 

 

が、あなたの時間や精神状態の方がよほど大事です。嫌なことを言ってくる人は気にせずに放っておきましょう。

 

 

僕自身、辞める話をする時は緊張しました。何か言われるんだろうなぁ、とビクビクしました。入った時に書いた誓約書は大丈夫かなぁ、と震えていました。

 

 

でも、いざ話をしてみると、意外にもすんなり辞められたのです。僕の働いていた塾の管理職がそれなりに物分かりいい方だったからかもしれませんが、ブラックな労働形態についてメモを見ながらちゃんと伝え、「これ以上は耐えられません」とはっきり伝えたのが良かったのでしょう。

 

 

在籍すればするほど、生徒に対する愛情も芽生えてしまうし、仲の良い「同僚」も出来てしまいます。だからこそ、所詮バイトに過ぎないのだから(あなたの代わりはいます)あまり長居せずにサッと辞めた方が、お互いにとって良いのです。今すぐに塾講師を辞めた後のバイトを フロムエー・ナビ で探し始めましょう。

 

 

 

でもまぁ塾講師のバイトも悪いことばかりではない

f:id:KantaHara:20171104161423j:plain

 

さんざん塾講師のバイトを批判してきましたが、そうはいっても悪いことばかりではありません。

 

メリット①話し上手になれる

塾講師-バイト

 

「人前で話すのが上手くなりたい」という人には、塾講師のバイトは向いているかもしれません。

 

 

個別授業であれば、担当する中学生や高校生を飽きさせないように、上手く雑談を交えながら授業を進める必要もある。集団授業であれば、相手が年下といえども授業展開やプレゼンテーションスキルを磨くのに良い機会になります。

 

 

僕は集団で教えていた期間の方が長いのですが、得られたスキルとしては個別よりも集団の方が大きいですね。人前で堂々と話すための「場数」を積むには、塾講師のバイトは良い手段かもしれません。

 

 

メリット②先生になりたい人には美味しい話

塾講師-先生

 

僕自身、塾講師のバイトを始めた理由の一つに「将来は先生になりたいから」というのがありました(今では夢が変わりましたが!)。それに向けた準備として、塾でのアルバイトを始めたのです。

 

 

「将来は先生になって子どもたちに勉強を教えたい!」という人には、塾講師のバイトはそれなりにコスパが良いでしょう。大学で教職課程を専攻すると、2~3週間の教育実習をする必要がありますが、当然これは無給です(多分)。むしろ大学に授業料を払っているくらいですからね。

 

 

そう考えると、経験を積める上にお金までもらえる塾講師のバイトは聞こえが良いですね。

 

 

なので、純粋な動機で「教師になるための実務経験を積みたい」と思っている人にとっては、(学校教育の現場では無いものの)塾講師のバイトは良い手段かもしれません。

 

 

まとめーお金だけ稼ぎたいなら他のバイトしよう

バイト-楽しい

 

今すぐに辞めるべき理由
①他人の時間に縛られ過ぎるから
②時間外労働が多すぎるから
③時間が経つと辞めづらくなるから
一方で塾講師のメリット
①話し上手になれる
②先生になりたい人には美味しい話

 

大事なことは、手段と目的を取り違えないことです。「話し上手になる」「先生になるという夢に一歩でも近づく」という目的のために、手段として塾講師のバイトを選ぶのは良いでしょう。でも、お金だけ稼ぎたいのであれば、塾講師のバイトは辞めて今すぐに転職しましょう。

 

 

そっちの方が自分にとっても良いし、担当される生徒にとっても良いからです。