原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から仕事論、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

武器になる「書く技術」 とにかく発信する"量"を増やせ

【送料100円キャンペーン中】

お待たせしました!書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』の販売が再開されました。僕のアフリカでの「原体験」をまとめた一冊、ぜひご覧ください!一冊700円です。購入はこちらから。第一章までをこちらのページで全文公開中!

なお、現在15冊限定で送料100円キャンペーンを実施中!ご注文はお早めに!

スポンサーリンク


f:id:KantaHara:20170409215516j:plain

 

今年夏に実施する予定の事業案を書いていて、文章力はあらゆる能力の礎になりうるようにふと感じた。個人的な印象としては、文章が上手い人は、その他の能力も概して高いように感じる。これに論理的思考能力が組み合わされば、「書く技術」はますます武器になる。

 

最近はブログの閲覧者数も増え、SNSとの連動で多くの人へとリーチを拡げることができているが、やはり「書く技術」が無ければリーチを拡げることはできていないだろうし、「共感」に繋がらず、その後の行動までもたらすことはできていないと思う。

 

最近では、僕の記事を読んでくれた人が講演会を聞きに来てくれたり、書籍を購入してくれたりなど、人との繋がりも増えていれば、(嫌らしく聞こえるかもしれないが)金銭的に得られるものもある。「書く技術」は、色々な意味で「武器」になっている。

 

「書く技術」を伸ばして文章の質を高めるには、まずは量をこなすこと。最初から質の高い記事を書こうなんて思っちゃいけない。特に、「発信」における物書きは、そこに読み手がいるからこそ、如何にして分かりやすく、如何にして相手に伝わるかを考えながら文章を書くので、「書く技術」を伸ばすにはとても良い訓練になる。

 

僕は当初、別に文章が上手かったわけではない。読み飛ばしてくれて構わないが、初めての発展途上国「フィリピン」を訪問した後に書いた感想文がFacebookに残っていたので、一部転載したい。恥ずかしい・・・。

 

【海外ボランティア@マニラ 総集編 第一部】
1日目はほぼ移動のみでしたので、マニラ市内の様子について感じたことを書きます。
同じ東南アジアのマレーシアのクアラルンプールに2年前行っていたので、同じような様子かと思っていましたが、まだまだフィリピンが発展途上だということに驚きました。車やバイクの通行量が尋常じゃなく多く、あちらこちらからクラクションの音が聞こえます。市内でもかなり汚い所も見ましたし、裸足の子供たちもよく見かけました。また、バスに乗っていると物売りが窓ガラスを叩いて何か売りに来たりします。
マニラ市内の家々も進んでいるとは言えませんが、マニラからバスで1時間あたりの所にも行き、そちらの方と比べるとかなり貧富の差が存在するように思いました。屋根のない家がほとんどの一帯も見ました。
2日目は孤児院の訪問と、スモーキーマウンテンと呼ばれるスラム街の訪問・子供たちとの交流を行いました。
中には生まれてすぐに親に養育を放棄され、孤児院に預けられた生後数か月の子供たちもいました。僕は生まれて初めて孤児院に行きましたが、親という存在を知らずに生きていく彼らのことを思うと、何ともやり切れない気持ちになりました。
その後、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、スモーキーマウンテンと呼ばれるスラム街を・・・(以下略)

www.facebook.com

 

その一方で、文章力や論理的思考能力が優れているがために言葉が先行し過ぎてしまうと、机上の空論にもなりかねないので、そこには注意したいと自省したい。例えば、支援事業(プロジェクト)はPCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)やPDM(プロジェクト・デザイン・マトリックス)に落とし込んでまずは形をしっかりと作るのが大切である反面、実際の現場では全てがロジック通りに進むわけではない。これは、アフリカで10年以上活動する認定NPO法人テラ・ルネッサンスの小川真吾さんも言っていたことだ。

www.kantahara.com

 

いずれにせよ、「書く技術」を体得したい人、「伝える」ことに力を入れたい人は、とにかく発信する"量"を増やそう。山のような量をこなしていくことで、少しずつ"質"へと転化されていく。これを量質転化の法則と呼ぶ。

 

ブログで月商400万円をあげるイケダハヤトさんの書籍(その名も)『武器としての書く技術』など、トップブロガーの書籍を読んでみることの、「書く技術」を高めるための一助になるかもしれない。