原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

自衛隊が撤退しようが撤退しなかろうが、南スーダン難民・国内避難民の「苦しみ」は変わらない

12月は寄付月間。あなたは「本当に意味のある寄付」ができていますか?

スポンサーリンク


この記事を読んでいる方に、忘れてほしくないことがあります。

 

先月10日、日本政府は国連の南スーダン派遣団に参加している陸上自衛隊の施設部隊を、5月末で撤退させる方針を決めました。撤退する自衛隊の第1陣約70人は、今月19日に帰国すると発表されています。

 

自衛隊派遣や「駆けつけ警護」の問題もあり、南スーダンの紛争は日本社会でも度々取り上げられています。しかしながら、南スーダンの国内避難民や難民"ひとり一人"が置かれている状況、また彼らが今直面している課題について報じられることは、ほとんどありません。

 

「PKO5原則」を満たしているか否か。そんな論戦ばかりでは、其処で起きている紛争の「リアル」は分かりません。

何百人が亡くなった。何千人が避難した。何万人が飢餓で苦しんでいる。そんな数値やデータばかりでは、其処で生きている人々の「顔」は見えません。

 

私は今年1月~3月、南スーダンからの難民が毎日のように流入しているウガンダ北部に滞在し、難民キャンプ(難民居住区)に合計5回入って、難民の方々から直接話を聞いていました。

 

目の前で両親が銃殺された女の子と出会いました。逃げる途中で政府軍に夫を誘拐された女性と出会いました。厳しい環境にも関わらず孤児7人を引き取り面倒を見ている女性と出会いました。

f:id:KantaHara:20170302002533j:plain

逃げてくる途中で政府軍に見つかり、夫を誘拐された女性。「今は夫が生きているかさえも分からない」。写真右は筆者。(photo by Kanta Hara)

 

f:id:KantaHara:20170306205847j:plain

孤児7人を引き取って面倒を見ている女性。(photo by Kanta Hara)

 

f:id:KantaHara:20170305135445j:plain

紛争で両親を失った姉妹。難民居住区の厳しい環境の下、子どもたちだけで生活を送っている。(photo by Kanta Hara)

 

f:id:KantaHara:20170226041732j:plain

生後6か月の難民。多くの子どもたちが十分な食事や教育機会を得られていない。(photo by Kanta Hara)

 

f:id:KantaHara:20170305040719j:plain

photo by Kanta Hara

 

難民居住区での食糧や水の配給は、決して十分だとは言えません。現地スタッフが「一日に一回しか食べられない家族もいる」と語るように、栄養失調なども数多く報告されています。

 

また、南スーダン難民には生活費を稼ぐための安定した仕事もないため、多くが配給された食糧の一部を転売することで、僅かな収入を得ています。薪木拾いや水汲みの仕事をしたとしても、一か月の収入はたったの300円にしかなりません。

 

 

私は、心配になってしまいます。自衛隊が南スーダンから撤退した後、この国の紛争について、そこで苦しんでいる人々の存在について、日本で取り上げられることは少なくなるのではないかと。南スーダンの紛争はいつしか、「どこか遠くの国の出来事」としてしか捉えられなくなるのではないかと。

 

なぜなら、自衛隊が撤退しようが撤退しなかろうが、南スーダンの人々の「苦しみ」は変わらないからです。その事実には、賛成も反対もありません。「右」も「左」もありません。

 

自衛隊が撤退した後でも、南スーダンの紛争は続いているでしょう。国内避難民は190万人を、難民は170万人を超えています。其処には、多くの人々の悲しみや苦しみが広がっています。

 

現場に足を運び状況を目の当たりにしている人間として、日本政府による難民・国内避難民への人道支援や和平の働きかけなどに期待します。

そして、南スーダン難民ひとり一人と関わっている人間として、自衛隊が撤退した後でも、日本の皆さまがこの国の紛争やそこで傷つく人々の存在を気にかけ、そして「無視」しないでいることを希望します。

 

※本記事は所属組織を代表するものではありません。


 

関連記事

www.kantahara.com

 

www.kantahara.com

 

www.kantahara.com