原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

アメリカの大学生と日本の大学生、授業に対する3つの意識の違い

スポンサーリンク


アメリカの大学生と日本の大学生の授業に対する意識の違いについてツイートしたところ、大きな反響がありました。

 

 

もちろん、アメリカの大学生にも不真面目な人はいるし、日本の大学生でも真面目な人はます。

 

だけど、一年間アメリカに留学していた者として、やはりアメリカの大学生と日本の大学生とでは、授業に対する意識に大きな違いがあると感じています。

 

アメリカの大学生と日本の大学生との、授業に対する3つの意識の違いを書いてみます。

 

 

 

 

アメリカの大学生は積極的に発言しまくる!

アメリカ 大学生

アメリカの大学に留学していた時の僕

 

教授と学生の議論が始まってしまう

僕はアメリカの大学に留学し、国際関係論を専攻していました。交換留学なのでアメリカ人大学生たちと一緒に授業を受けていましたが、彼らの積極性には目を見張ります。

 

授業中、教授から指名されていなくても、みんな手をあげて質問したり、意見を述べたりします。教授が話している最中であってもお構いない。

 

中には対立する意見を堂々と述べ、そのまま教授と学生の一対一で議論に発展することも。それが15分くらい続くこともあるし、中にはあまりに手をあげすぎて「ごめん、授業進めないといけないから質問少し待ってて」と注意される学生もいました(笑)

 

その一方、日本の大学生は指名されない限り発言しないどころか、中には指名されたとしても「ごめんなさい…」と失敗(?)を恐れて何も言わない学生も。わざわざゲストスピーカーが来て最後に質疑応答の時間を用意してくれているのに、誰も質問しないから代わりに教授が訊く…という場面にも遭遇しました。

 

留学を終えて帰国した今、アメリカの大学生と日本の大学生の”積極性”の違いを痛感しています。

 

 

アメリカの大学では講義形式が少なくセミナー形式が多い

これは、そもそものアメリカの大学における授業形式にその要因があります。

 

一般的に、アメリカの大学では、教授が学生に対して一方的に話す講義形式の授業は少なく、教授と学生、学生と学生がディスカッションを通じて理解を深めるセミナー形式の授業が多いです。

 

僕が留学していたのは「カリフォルニア州立大学チコ校」という田舎にある大学でしたが、ロサンゼルスやニューヨークといった大都市にある大学と比べても、セミナー形式の授業が多い大学であると話を聞いていました。講堂を除き、大きい教室でも100人収容が上限とか。

 

少人数のセミナーだと、自ずとディスカッションをする機会が多くなります。小グループに分かれてのディスカッションを通じ、自分の考え方をしっかりと表明することが求められるのです。

 

アメリカの大学生が持つ積極性は、授業形式が一つの要因になっているのです。

 

 

コミュニケーション能力が培われない日本の大学生

反対に、僕が通う総学生数が5万人以上もいる早稲田大学では、300人規模の大講義も多く、90分間最初から最後まで教授が一方的に話し続けている…といった授業も珍しくありません。そうなれば、「学生が自分の頭で考えた意見を表明する」といった機会はアメリカの大学に比べて少なくなり、そして国際舞台に立った時に「日本人はコミュニケーション能力が低い」といわれる一因となるのです…。

 

国連や政府機関、NGOなどをわたり歩き、世界の紛争地で「武装解除」に取り組んできた瀬谷ルミ子さんは、著書『職業は武装解除』の中でこう語っていました。

 

日本人は、書類選考はいつも高評価なのに、電話面接が苦手な人が多い──。

これは、国連の応募者に限ってだが、よく言われていることだ。ちなみに、この評価は語学力というより、コミュニケーション能力の問題なのだと思う。他に日本人が苦手だとよく言われる「交渉」や「プレゼンテーション」も、文化も経験も知識量も違う人に対して、いかに違和感なしに自分の意図を伝えて、相手を動かすかということへの不慣れが影響していると思う。

 

 

日本の教育制度は高校までは世界トップクラスなのに、大学になると急に欧米諸国に劣るとも言われています。僕自身も、アメリカの大学に留学したり、アフリカで働いたりとしてきましたが、海外の人たちは交渉の場面でも自分の意見を相手に伝えるのが上手い。

 

英語の能力以前に、日本人が自分の意見をまとめて相手に伝える力が弱いと言われていますが、その一つの原因は大学の授業形式にあるのかもしれません。

 

 

アメリカの大学生は授業中に居眠りしない!

アメリカ 大学生
 

居眠りしてたら単位を落とすことも

これも大きな違いですね。僕の記憶の限りでは、アメリカの大学に通っていた時に授業中に居眠りしていた学生は見かけませんでした。

 

これは、大人数の講義が少なく、少人数のセミナーが多いという授業形式の違いにもよるものだと思いますが、それにしても寝ている人が少ない。アメリカの大学だと授業中に居眠りしてある人は教室から追い出されたり、最悪(?)単位を剥奪されたりといったケースも聞きます。

 

 

机に突っ伏して寝る日本の大学生

反対に、みなさんご存知のように、日本の大学生、それも教授の目が行き届きにくい大講義に出ている大学生の中には、もう隠す気ないだろってくらい机に突っ伏して爆睡している人もいます。

 

アメリカの大学生は「勉強する時もマジ、遊ぶ時もマジ」と、はたから見ていて「こいつら体力あるなぁ〜」という印象も抱いてはいましたが、だとしても比較すれば日本の方が授業中に寝ている大学生は圧倒的に多いです。

 

 

授業料のため仕事もするアメリカの大学生

中には、授業料を自分で払っているアメリカの大学生もいます。僕が一緒に寮生活をしていたアメリカ人の友人は、大学の学費を支払うために8時間×週5日働いていました。夜遅くに寮へ戻ってきて、料理や片づけを済ませた後に宿題に取り組み、朝起きたら午前中は授業に出て午後からまた仕事…。「マジできついわ」とずっと言ってましたね。

 

アメリカの大学は、州立大学であっても学費は平均して年間約100万円、私立大学になると年間300万円超があたりまえです。州立大学の場合、州外からやってきた学生の学費は3倍近く高くなる傾向があります。

 

そのため、奨学金や親からの仕送りだけでは生活することができず、自分で働きながら学費を稼ぐ人もいます。中には、一度社会に出て働いてから大学に戻ってきている人もおり、当然ながら学費はそれまでの貯金から切り崩して支払い。だからこそ、「苦労して学費を支払っている分、寝てなんかいられない」という意識も働くようです(仲良い友達が言っていました)。それがまた、最初に見た「積極性」にも繋がるのでしょう。

 

反対に、(奨学金を借りている人もいますが)日本の大学生の多くは親に学費を払ってもらっている人が多いですよね。もちろん、アルバイトしながら学費や生活費を工面している人も中にはいますが、残念ながら親のお金で大学に通っているにもかかわらず、怠けてしまっている学生がいるのも一つの事実でしょう。

 

自分で仕事して稼いだお金ではないから、その有難さが分かりにくいというのはあるかもしれません。僕自身、留学中含めて学費の支払いは奨学金だけでは賄えず、親に助けてもらったので、改めて感謝したいと思います。

 

 

アメリカの大学生は膨大な量の課題に取り組む!

アメリカ 大学生

 

週に200ページ以上論文を読んだ

アメリカの大学と日本の大学では、出される課題の量が圧倒的に違います。

 

僕がアメリカに留学していた時、Reading課題は週に200ページ以上ありました。つまり、指定された教科書や論文を一週間で200ページ以上読むのです。中には、読んだ内容を全て要約にまとめることも求められました。

 

基本的にReading課題は「読むだけ」ではあるものの、内容を理解していないと授業にもディスカッションにも付いていけないので、なんだかんだでちゃんとすべて読んでいましたね。

 

その上、毎週のようにレポートやプレゼン課題も出ていたので、毎日夜遅くまで図書館にこもって勉強していました。アメリカの大学では寮やキャンパス周辺に住んでいる学生が多いですが、勉強したい学生のためにも図書館も夜遅くまで開いていました(試験前は24時間営業)。

 

 

課題が多くても成績を収めやすい理由

「アメリカの大学は課題が多い」と聞くとほとんどの人はビビりますが、成績の算出方法を考えると、僕はこのシステムが好きでした。というのも、アメリカの大学では課題も多い分、成績を決めるための得点が細かく分配されているので、継続的な努力をしている人にとっては成績を収めやすいと言えるでしょう。

 

日本の大学では期末試験や期末レポートなどの一発勝負で成績が決まる授業が多いですが、短期決戦のこのシステムでは学習した内容が定着しにくいだろうし、アメリカの大学のシステムに比べれば相対的には「運」 に左右されます。期末試験当日にインフルエンザかかったら終わるし(笑)

 

 

まとめ

アメリカ 大学生


①アメリカの大学生は積極的に発言しまくる

②アメリカの大学生は授業中に居眠りしない

③アメリカの大学生は膨大な量の課題に取り組む

 

日本人が国際的な舞台に立った時に、海外の人間と比べて戦えないと言われる所以は、大学時代の授業に対する意識の違いにあるのかもしれません。

 

 

---

僕はアメリカ留学に出発するまでの約1年間、オンライン英会話を続けて英語のスピーキング能力やコミュニケーション能力を高めることができました。

 

オンライン英会話では、時間や場所にとらわれず、気軽に英会話を学ぶことができます。料金の安さからも、学生のみならず、英語をもう一度勉強し直したい社会人や主婦にも人気です。

 

例えば、僕が続けていたDMM英会話にはアメリカからバングラデシュまで90か国以上の講師が在籍しており、色々な国・地方の訛りや色々な文化を学ぶことができます。1レッスン(25分)の料金はたったの150円~

 

無料体験を2回受けることができます。これから英語のスピーキング能力を高めたい人は、ぜひトライしてみて下さいね。

 

\DMM英会話の無料体験はこちら/

 

 

www.kantahara.com