原貫太オフィシャルブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。

海外旅行で節約したい人は読んで!7つのテクニックでお金の問題を解決する

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。学生時代からアジアやアフリカの新興国を中心に、毎年のように海外旅行をしてきました。

 

若者の海外離れといった言葉を聞くこともありますが、大学生でも毎年海外を旅行している人は僕の周りにもたくさんいます。それこそバックパック一つで世界一周している友人もチラホラ。

 

とはいえ、海外旅行をするとなると、ネックになるのがお金の問題です。「海外旅行は何十万円もかかるから無理…」そう思っている人も多いのではないでしょうか?

 

一般的には「海外旅行=お金がかかる」というイメージがありますが、旅費を節約する方法はたくさんあります。ここで言う”節約”とは「お金を切り詰め、貧乏旅行する」という意味での節約ではなく、「賢い方法で上手く節約する」と捉えてください。

 

この記事では、僕が学生時代からやってきた海外旅行の節約術を7つまとめました。全部実践できたら、海外旅行におけるお金の問題はかなり解決できると思います。参考にしてください。 

 

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

賢く節約して海外旅行を楽しもう。7つの節約術を紹介

海外旅行 節約

 

お金をできる限り使わずに海外旅行を楽しみたい方は、ぜひこの7つを頭の中に入れておいてください。

 

  1. まだ旅行先を決めていないなら発展途上国を選ぼう
  2. 代理店は使わずに航空券は自分でネット予約しよう
  3. 航空券やホテルが高騰する海外旅行シーズンは外そう
  4. 現地では日本語ではなく英語のツアーに参加しよう
  5. ホテルではなくAirbnbを使って旅行しよう
  6. タクシーだけではなく公共交通機関も併用しよう
  7. 海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを持とう

 

 

まだ旅行先が決まっていないなら発展途上国に行こう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、一つ目は「旅行先に迷っているなら発展途上国に行こう」です。特に学生には参考してほしいと思います。

 

これから海外旅行の計画を立てる人は、発展途上国(新興国)を候補にしてください。すでに旅行先が決まっている人はこの段落は読み飛ばしてもらっても構いません。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

ニューヨークとか物価高すぎる

海外旅行 節約

 

海外旅行というワードを聞くと、アメリカやヨーロッパを思い浮かべる人がほとんどだと思います。

 

ですが、できる限りお金をかけずに旅行したいと思ってる人には、いわゆる「先進国」ではなく「発展途上国」と呼ぼれる地域に旅行することをおすすめします。

 

僕も大学生の時、アメリカの大都市(ニューヨークなど)を一人旅したことがありますが、とにかく物価が高いのでお金がかかりました。ほんとストレス溜まります。

 

当時まだ学生だった僕にとっては、ニューヨークのレストランはどこも高価だったので、毎食サンドイッチのsubwayを食べていました。健康に悪い(笑)

 

 

発展途上国なら物価が安いから自然と節約になる

海外旅行 節約

フィリピン首都マニラの様子

 

一方で発展途上国を旅行すれば、節約を心がけていなくても、もともとの物価が安いため自然と節約になります。

 

ここでは、日本人旅行者も多く、治安もいいアジアの途上国カンボジアとフィリピンを例に挙げます。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

ビール一杯50円。出費の大きい食費が節約できる。

海外旅行 節約

 

海外旅行をすると何かとお金がかかるのが食費です。旅行中はだいたいの人が外食で済ませてしまいますからね。

 

でも、発展途上国なら大体のレストランは値段が安いので、多少贅沢をしても自然と節約できます。

 

カンボジアを旅行していた時、僕は毎食ビールを飲んでいました。このビール、一杯たったの0.5ドルです。安すぎる。

 

フィリピンを旅行していた時は朝昼晩ローカルレストランで食事をしていました。香辛料の効いた料理、普通に美味しいです。腹一杯食べても250円でした

 

海外旅行中は外食が基本になるため、食費が結構なウェイトを占めます。だからこそ、食費で節約できるとストレスフリーです。物価の安い途上国なら、一食1,000円も出せばかなり贅沢できますね。

 

 

宿泊費も節約できる。一泊20~30ドル出せば上流ホテルに泊まれる

海外旅行 節約

 

宿泊費も節約できます。ドミトリーだったら一泊10ドルもあれば十分です。

 

ちょっと贅沢したい人、綺麗なホテルに泊まりたい人は、一泊20~30ドル出せばグレードの高いホテルに泊まれると思います。僕はフィリピンを旅行していた時、一泊15ドルでキレイな個室に宿泊できました。

 

 

少し長くなりましたが、まだ海外旅行の計画を立てていない人であれば、ぜひ発展途上国を旅行先に検討してください。アジアならフィリピンやカンボジアがおすすめ。贅沢しながらも、金銭面でストレスを感じることなく旅行を楽しめますよ。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

航空券は自分でネット予約しよう

海外旅行 節約

 

これは基本中の基本になりますが、海外旅行の節約術、二つ目は「航空券は自分で予約する」です。

 

海外旅行経験が少ない人だと、たまに航空券の予約を代理店に任せちゃう人がいるんですが、もったいないです

 

最近はインターネット予約サイトを通じ、航空券は自宅にいながら予約できるようになりました。必要な個人情報を入力し、クレジットカードやコンビニ払いで決済するだけなので面倒な作業もありません。

 

あとはメールで送られてきたEチケットをプリントアウトし、空港に持っていくだけで大丈夫です。

 

 

 

航空券やホテルが高騰する海外旅行シーズンは外そう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、三つ目は「海外旅行シーズンを外す」です。

 

海外旅行シーズンには航空券とホテルが高額になります。特に7月から8月の夏休み期間、また年末年始は非常に高いです。

 

海外旅行のオフシーズンは、安い順に

 

  1.  12月~1月(年末年始除く)
  2.  10月~11月
  3.  4月~5月

 

と言われています。有給などを使って休みがフレキシブルに取れる社会人、ちょっとくらい授業をさぼっても大丈夫そうな大学生(笑)は、オフシーズンに海外旅行しましょう

 

航空券だけでも数千円~数万円は節約することが可能です。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

日本語ではなく英語ツアーに参加しよう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、四つ目は「日本語ではなく英語ツアーに参加する」です。 

 

現地ツアーに参加する場合、ある程度英語が分かる人なら、日本語ではなく英語ツアーに参加しましょう。当然ですが、海外であれば日本語よりも英語ができる人材の方が多いため、英語ツアーの方が参加費が安い場合がほとんどです。

 

また、ツアー申し込むは現地到着後に自分でやりましょう。ホテルのスタッフに聞いてみても構いません。日本から申し込む場合、海外旅行代理店を通じる必要があるため、余計な手数料を取られてしまいます

 

現地に着いてから自分で申し込めば、数百円~数千円節約することができます。

 

 

宿泊先をAirbnbで予約しよう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、五つ目は「Airbnbで旅行しよう」です。

 

Booking.com などを利用すれば海外の格安ホテルも見つけられるので、宿泊費の観点からはAirbnbに大きなメリットがあるとは言えません。(一般的なホテルと比べれば、Airbnbの方がコストパフォーマンスが高いと言われてはいますが)

 

Airbnbを利用した海外旅行では、この2つの点で旅費節約することが可能になります。

 

 

自分で調理すれば食費が節約できる

海外旅行 節約

 

Airbnbならホストが使っていない空き家・空き室に泊まれるため、生活に必要な道具一式が揃っている物件が多いです。調理器具や食器類があれば、スーパーで食材を購入し、自分で調理することもできます。

 

異国の地で”生活感”も味わえる上に、食費も節約できます。

 

 

ホストに”おもてなし”してもらえるかも

海外旅行 節約

 

カリフォルニア旅行中にAirbnbを利用した時、ホストから夕飯をご馳走してもらいました。たまにですが、Airbnbのホストの中には海外からの旅行客に手厚い”おもてなし”をしてくれる人もいます。

 

運よく良いホストに巡り合えれば、ご飯をご馳走してもらえたり、どこかに連れていってもらえるかもしれません。

 

※まだAirbnbを利用したことがない人は、こちらのリンクからご登録ください。初回旅行で使える3,700円分のクーポンが貰えます。

 

 

タクシーではなく公共交通機関を利用しよう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、六つ目は「現地でも公共交通機関を利用しよう」です。

 

海外旅行中はすべてタクシーで移動するという人もいますが、公共交通機関も併用した方が節約できます。バスや電車を存分に使いましょう。

 

僕はアフリカのルワンダを旅行していた時であえ、空港からホテルまでの移動に公共のバスを使ってみました。運賃はたったの20円。調べたところ、タクシーを利用していたら500円以上かかっていたらしい。これだけでも約500円の節約です。

 

最近はGoogleマップがドンドン賢くなってきているので、大体の国であればGoogleマップでルートを調べられます。あとは現地の人に話を聞き、共交通機関を活用しましょう。

 

塵も積もれば山となる。とにかく節約したいなら、海外旅行でも公共交通機関を使ってみましょう。

 

ただ夜間に移動する場合のみ、安全のため公共交通機関ではなくタクシーを使ったほうがいいです。夜間に海外旅行者が公共交通機関を使っていると、スリや窃盗のターゲットになる可能性があるためです。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを持とう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、最後は「海外旅行保険付きのクレジットカードを持つ」です。すぐにできる節約方法として、これは一番おすすめです。

 

海外旅行をする際は、海外旅行傷害保険を準備してから出発しましょう。旅行中、何かしらの事件や事故に巻き込まれり、スリや置き引きにあったりしたとき、保険に加入していれば補償を受けられます。

 

しかし、海外旅行傷害保険に加入すると、当然ですが保険費用がかかります。旅行先の国やプランにもよりますが、1週間なら3,000円くらいはかかります。

 

ということで、保険費用を節約するために海外旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードを海外に持っていきましょう。年に数回海外旅行をする僕は、三井住友VISAクラシックカード EPOSカードの二枚を使っています。

 

 

〇三井住友VISAクラシックカード

  • 海外旅行に定番のクレジットカード。最高2000万円まで補償
  • 初年度は年会費無料(2年目以降は1,250円)
  • 旅行関連の代金をクレジット決済すれば保険が適用される
  • 学生に関しては年会費無料

 

〇EPOSカード(エポスカード)

  • ゴールドカード並みの補償内容
  • 年会費がずっと無料
  • 持っているだけでゴールドカード並みの保険が適用
  • 海外旅行を頻繁にする人には絶対おすすめの一枚

 

海外旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードを作っておけば、保険費用で支払うはずの3,000円を”0円”にすることができるというわけです。2枚持ちしておけば、保険の心配をする必要もなくなるでしょう。

 

特に、年会費がずっと無料な上に、持っているだけでゴールドカード並みの海外旅行保険が適用されるEPOSカードは本当におすすめです。一枚持っておけば損はないので、旅行費用を節約するため出発までに作っておきましょう。

 

\エポスカードのお申し込みはこちら/

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

まとめ

海外旅行 節約

 

海外旅行で節約するために覚えておきたい7つのコトは、

 

  1. 旅行先に迷っているなら発展途上国に行こう
  2. 航空券は自分で予約しよう
  3. 海外旅行シーズンを外そう
  4. 日本語ではなく英語ツアーに参加しよう
  5. Airbnbで旅行しよう
  6. 現地でも公共交通機関を利用しよう
  7. 海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを持とう

 

です。すべて実践できたら一回の海外旅行でもかなり節約できるはずです。これから海外旅行を計画する人はぜひ参考にしてくださいね。

 

\持ってるだけで海外旅行保険が付帯される/

 

※なお、盗難やATM吸い込み被害、また一時的な利用不可になる可能性を考慮し、海外旅行には2枚以上のクレジットカードを持っていくのが鉄則です。2枚目、3枚目のクレジットカードとしても、EPOSカードをご検討ください。

 

 

こちらの記事もあわせてお読みください

www.kantahara.com