原貫太のブログ

フリーランス国際協力師原貫太のオフィシャルブログです

高校生がブログをやるべき6つの理由 18歳までに始めたら最強になれるぞ

これからブログを始めようという高校生の皆さん、安心してください。高校生の時、僕はブログという言葉すら知りませんでした。

 

そんな人間でも2年以上ブログを続け、24歳になった今では毎月10万人に読まれるブログを運営しています。高校生からブログを始めれば、成人式の頃には最強のブログマスターになっているかもしれません

 

今となってはブログだけでも生計を立てられる僕ですが、時々こんなことが頭をよぎるんです。

 

高校生からブログを始めていたら、今頃は最強のブログマスターになっていたのでは?

 

なぜ高校生はブログをやるべきなのか?理由は6つあります。

 

 

高校生がブログをやるべき6つの理由

高校生 ブログ

 

高校生がブログをやるべき理由は、 この6つです。

 

  1. 文章力が飛躍的に向上するから。小論文は楽勝になるよ。
  2. バイトを卒業できるから。ブログで月5万円は目指せる。
  3. 情報のインプット・アウトプットがあたりまえになるから。
  4. ブログを通じた自己分析ができるから。
  5. 会社に就職する必要がないほど稼げるようになるかもしれないから。
  6. 高校生ならブログで実名を出す必要は無いから。

 

★関連記事★

高校卒業後の進路は大学だけじゃない【ギャップイヤー・起業・フリーランス】 - 原貫太のブログ

 

高校生がブログをやるべき理由① 文章力が飛躍的に向上するから

高校生 ブログ

 

ブログを書いていると、文章力が飛躍的に向上します。特に「文章を書く」ということに対する抵抗感が無くなります。

 

高校生が文章を書く機会といえば、学校の現代文の授業や、読書感想文の宿題くらいでしょうか。中には、大学入試に向けて、小論文対策をしている高校生もいるかもしれません。

 

最近は、インスタグラムやツイッターをやっている高校生もいますが、SNSで長い文章を書くことってほとんどないですよね。

 

文章が中心のブログなら、コツコツ書き続けることで、確実に文章力が向上します。そのうち、小論文や論述問題なんて楽に書けるようになりますよ。

 

僕は2年半ブログを書いていますが、文章を書くスピードが速くなったのはもちろん、何よりも文章を書くことに対する抵抗感が無くなりました。高校生の時、世界史の論述が超苦手だったにもかかわらず、です。

 

「文章力に自信がないからブログを始められない…」という高校生がいますが、順番が違います。ブログを書くから、文章力に自信がつくのです。

 

文章力に磨きをかけたい高校生は、ブログを始めましょう。

 

高校生がブログをやるべき理由② バイトを卒業できるから

高校生であっても、淡々とブログを続けていれば、毎月5万円は稼げるようになると思います。そのうち、バイトも卒業できますよ。

 

ブログで稼ぐのは、正直に難しいです。「楽して月10万円」とかは絶対に嘘なので、騙されないでください。

 

ブログを始めた直後は、時給換算したら10円にも満たないでしょう。でも、ブログ運営をちゃんと勉強し、読者のターゲットを絞って、読みやすい記事を書く。こういった正しい努力を続けていれば、ブログは裏切りません。

 

インターネットの普及により、年齢に関係なく誰でも挑戦できる環境が広がってきました。ブログ運営で稼ぐというのも、高校生にとっては自分の可能性を拡げる一つのチャンスです。

 

「ブログで稼ぐって、どんな仕組みなの?」と疑問に思った高校生は、以下の記事を読んでみてください。 タイトルは大学生になっていますが、高校生も参考にできるはずです。

大学生がブログで稼ぐ3つの方法 低リスクだしビジネス感覚も身に付くよ - 原貫太のブログ

 

高校生がブログをやるべき理由③ 情報のインプット・アウトプットがあたりまえになるから

高校生 ブログ

 

ブログを書いていると、情報のインプット・アウトプットがあたりまえになります。

 

高校生って、学校で先生から勉強を教えてもらうことがほとんどなので、インプットばかりの生活ですよね。

 

でも、アウトプットを前提にしないインプットには意味がありません。どんな知識も、どんな考え方も、自分で使えるようになって初めて価値が生まれるのです。

 

インプットしているだけの人は、ただの教養人間にしかなれません。

 

ブログを書く時は、自分で仕入れた情報(インプット)を、自分の頭で噛み砕き、文章に落とし込む(アウトプット)、というのが基本の流れ。だから、ブログを続けているとインプットとアウトプットが癖になるのです。

 

インプット・アウトプット、どちらも得意になりたい高校生はブログを始めましょう。

 

高校生がブログをやるべき理由④ ブログを通じた自己分析ができるから

ブログを書いていると、自己分析に繋がります。

 

高校生って、自己分析する機会がなかなかありませんよね。進路選択も先生や親のアドバイスに従ったり、授業や部活が忙しく、自己分析には十分な時間が取れなかったり。

 

振り返ってみると、僕も高校生の時に自己分析をした思い出が一つもありません(笑)

 

ブログを書き続けていると、蓄積された記事を見返す過程で、自分がどんなことに興味関心を抱いているのか、どんな分野に知識を有しているのかなど、自己分析することができます。

 

他にも、書いたブログを親や友人に読んでもらい、フィードバックしてもらうことが、自己分析に繋がります。自己分析がちゃんとできている高校生なら、進路選択の時も悩む必要がありません。

 

自己分析をしたい高校生は、ブログを始めましょう。

 

高校生がブログをやるべき理由⑤ 会社に就職する必要がないほど稼げるようになるかもしれないから 

高校生 ブログ

 

僕はブログを二年続けて、毎月六桁以上の収入をブログだけで得られるようになりました。

 

もちろん、努力はしました。どんな記事を書いたら価値が生まれ、そしてお金に変わるのか。本を読んだり、成功しているブロガーを真似たりすることで、ブログ運営の術を身に付けました。

 

ブログで稼ぐのは難しいです。でも、何年も続けていたら、ブログで稼ぐための術を自然と体得できます。実業家の堀江貴文さんも言っていますが、必要な知識やスキルは走りながら身に付ければいいのです。

 

高校3年生(18歳)からブログを始めたとして、大学卒業時(22歳)にはブログ歴5年。会社に就職する必要がないほど、ブログで稼げるようになっているかもしれません。

 

聞いた話では、高校生ブロガーの中にも、自分の親と同じくらいブログで稼ぐ人もいるとか。

 

もちろん、稼ぐことだけがブログのメリットではありません。けど、学生時代から収入があれば、その分将来の選択肢は広がります。

 

高校生がブログをやるべき理由⑥ 高校生ならブログで実名を出す必要は無いから

「高校生がブログを始めるべき理由はわかった。でも、インターネット上に実名を出すのは怖い…。学校の先生に見つかったら、何か言われるかも。」という人もいるでしょう。

 

安心してください。高校生なら、ブログで実名を出す必要はありません。何なら、大学生でも社会人でも、実名を出さずにブログ運営している人はたくさんいます。

 

僕はセルフ・ブランディングのためにも「原貫太オフィシャルブログ」という実名タイトルでブログを運営していますが、実名を出したくないという高校生は、ペンネームやあだ名で運営しましょう。

 

高校生のみんな、ブログやろう。

以上、高校生がブログをやるべき理由を紹介しました。

 

「ブログ始めようかな…」と悩んでいる高校生の方。悩んでいるってことは、心の奥底では「始めたい」と思っている証拠です。

 

ブログをやってみて、性に合わなければやめればいい話。高校生は授業や部活も忙しいので、毎日ブログを書くのは難しいかもしれません。

 

でも、始めてみなければ、ブログが自分に向いているかどうかも、続けられるかどうかも分かりません。

 

興味のある高校生の皆さん、ぜひブログを始めてみてくださいな。

 

こちらの記事もよく読まれています。あわせてご覧ください➡高校生がやるべき7つのこと 他人とは違う高校生活を送りたい人へ - 原貫太のブログ