原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から仕事論、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

本当の苦しみは、表には現れない。-南スーダン難民、シングルマザーの自殺

お待たせしました!書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』の販売が再開されました。僕のアフリカでの「原体験」をまとめた一冊、ぜひご覧ください!一冊700円です。購入はこちらから。第一章までをこちらのページで全文公開中!

スポンサーリンク


一人の南スーダン難民女性が亡くなったと一報が入った。自殺だった。調査対象にも含まれていた彼女は、子ども5人を抱えるシングルマザーだった。紛争で夫と離別し、ただでさえ苦しい難民居住区での生活。現場スタッフ「過度なストレスが溜まっていたのだろう」。2、3日前にはマラリアも患っていた。首を吊って亡くなったという。

f:id:KantaHara:20170830060259j:plain

 

活動地域であるウガンダ北部のパギリニヤ難民居住区には、昨年7月~10月に避難してきた南スーダン難民が生活している。現在では新たな難民の受け入れをほとんどしておらず、南スーダンとの国境沿いにある居住区に比べると状況は安定している。ビジネスや生活再建が進んでいる難民も多い。

f:id:KantaHara:20170830060307j:plain

 

今年2月に調査を行っていた時とあわせれば、これまで20回以上は居住区に足を運んだ。顔なじみのスタッフも増え、雨季が始まったウガンダでは家庭菜園を始めた難民も多い。南スーダン難民危機は「世界で最も急速に深刻化」と報道されるが、現場にいると彼らの精一杯生きる姿から勇気をもらっていた。

f:id:KantaHara:20170830060310j:plain

 

彼女が自殺をしたのは、そんな矢先の出来事だった。紛争から逃れ、安全な地へと避難することができたのに。まだ幼い子どもたちを遺して先に逝くことを決めた彼女は、最期何を思ったのだろう。人道支援に携わる者として、すべての命を救うことができない歯がゆさを感じる。遺体の写真を見たが、首にはロープの跡がくっきりと残っていた。

f:id:KantaHara:20170830060359j:plain

 

‪南スーダンでは、石油権益を巡り紛争が続いている側面がある。先進国をはじめ、一部の権力者たちが勝手な都合で始めた紛争で犠牲になるのは、いつも弱い立場に置かれた人たち。日本に暮らす僕たちの生活も、この国の石油を基にして「豊かさ」を築いてきた。僕らはいつまで彼らを踏み台にすれば気が済むのだろう‬。

f:id:KantaHara:20170830060411j:plain

 

本当の苦しみは、なかなか表には現れない。そのことを痛感した出来事だった。現地に入っている国際機関やNGOが定期的に訪問調査をしていても、すべての状況を把握することはできない。100万人を超えた難民を前にして、無力感に苛まれる時がある。難民ひとり一人の声なき声へと、耳を傾けたい。

f:id:KantaHara:20170830060459j:plain