原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

バーチャルオフィス評判 実際に利用して気が付いたメリットデメリットを紹介

バーチャルオフィスの評判を、実際に利用した原貫太(@kantahara)が書いてみます。

 

バーチャルオフィスの評判や口コミを調べてみると、運営会社のページはたくさん出てくるものの、実際に利用した人の声はそれほど多くありません。

 

価格の安さや手続きの簡単さが注目されるバーチャルオフィスですが、銀行口座開設の難しさなど、デメリットも存在します。

 

この記事は、バーチャルオフィスに興味を持ち始めたばかりの人、バーチャルオフィスを利用しようか迷っている人向けに、実際に利用して気がついたことや評判、口コミをまとめました。参考になれば幸いです。

 

 

 

 

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィス 評判

 

バーチャルオフィスとはその名の通り、実際の事務所は持たず、オフィス機能だけを低価格で受けられるサービスを指します。「Virtual」(事実上の)+「Office」(事務所)→「バーチャルオフィス」です。

 

バーチャルオフィスの利用者には、法人のみならず、「自宅の住所を公開したくない」という個人事業主もたくさんいます。

 

 

バーチャルオフィスのメリット・デメリット

バーチャルオフィス 評判

 

簡単に、バーチャルオフィスを利用することのメリットとデメリットをまとめます。

 

バーチャルオフィスのメリット

価格が安い

バーチャルオフィスのメリットとしては、何よりも価格の安さが一番でしょう。月額5,000円前後出せば、都内の一等地に住所を構えることができます。ホームページや名刺に”箔”が付きますね。

 

都内で実際に事務所を構えると、毎月の家賃・水道光熱費を支払ったり、電話を引いたり、机をはじめとした備品を買い揃えたりすれば、月に10~20万円はかかってしまうはず。自宅でも仕事ができる個人事業主にとっては、そんな事務所を構える必要はありません。

 

形式上とはいえ、低価格で都内の住所が利用できるバーチャルオフィスは、少ない資金で起業するのに最適なサービスとなります。

 

 

原の評判・口コミ

僕も起業を決意した時、事務所の費用をどう工面するかには頭を悩ませました。しかし、バーチャルオフィスを利用すれば、費用の問題は難なくクリアできます。お金が無いから起業を諦めるという時代は終わりましたね。

 

 

手続きが楽

バーチャルオフィス 評判

 

バーチャルオフィスは手続きが楽です。ネットの評判を調べたら、「すぐに事業を開始できる点が良い」という口コミがチラホラ見られました。

 

実際の事務所を新規で借りたら、入居の契約から電話・インターネット回線を引くまで、手続きだけでも一か月以上はかかります。

 

バーチャルオフィスであれば、ネット上での申し込みと郵送で済ませられることがほとんど。場合によっては簡単な面接もありますが、基本的に1~2週間あれば手続きを完了できるでしょう。

 

 

原の評判・口コミ

バーチャルオフィスの手続きの簡易さ、早さには僕も助けられました。一刻も早く事業を開始したい人、登記まで完了させたい人には、バーチャルオフィスがおすすめです。

 

 

バーチャルオフィスのデメリット

社会保険や雇用保険の申請が面倒

バーチャルオフィス 評判

 

法律で帳簿や資金台帳など必要書類の保管が義務づけられているため、バーチャルオフィスだと「保管場所はあるのか」と質問される場合があるようです。ネット上の評判でも、「バーチャルオフィスを利用すると保険の手続きが面倒になる」という記事を目にします。

 

 

原の評判・口コミ

とはいえ、不安な点はバーチャルオフィスの運営会社に質問すれば大丈夫です。

 

ネット上では「バーチャルオフィスだと社会保険の手続きは難しい」という評判も見ましたが、法人、個人関係なく、従業員が一名でもいれば社会保険の加入が法律で義務付けられているため、そもそもバーチャルオフィスでも保険の手続きは可能なのです。

 

あたりまえですが、その辺はバーチャルオフィスの運営会社ならちゃんと把握しています。こっちはお客さんなんだし、分からないことはバシバシ質問しましょう。

 

 

法人銀行口座の開設が困難

バーチャルオフィス 評判

 

一般的に、バーチャルオフィスを利用して法人口座を開設することは難しいと言われています。理由としては、過去に「振り込め詐欺」等に利用されていた口座が、バーチャルオフィスを使って開設されたものが多いからとか。

 

法人口座を開設する場合、銀行の担当者が審査の一環としてオフィス立ち入りをするケースがありますが、バーチャルオフィスではこの審査を受けることが難しいため、法人口座の開設が難しいようです。

 

 

原の評判・口コミ

個人的に、これが一番に感じたバーチャルオフィスのデメリットです。最終的には某銀行での法人口座を開設することができましたが、何軒か電話で「バーチャルオフィスを利用しているが法人口座の開設は可能か?」と問い合わせたものの、立ち入り審査ができないとの理由で断られました。

 

ただ、バーチャルオフィスによっては開設可能な銀行を紹介してくれる制度もありますし、すでに銀行口座開設が成功している事例も多数あります。また、最初の半年や一年だけ個人名義の口座を使い、しっかりと記録してある帳簿を持参することで、法人口座の開設が可能になるケースもあるようです。

 

 

まとめ

起業したいけど十分な資金がない人や、今すぐ事業を始めたい人、また自宅の住所を公開したくない人には、バーチャルオフィスが適しています。

 

一方で、「原の評判・口コミ」でも取り上げたように、法人銀行口座の開設が難しい点は一番のデメリットになりますね。ただ、バーチャルオフィスを利用して銀行口座が開設できた事例はたくさんあります。心配であれば、バーチャルオフィスの運営会社に相談してみましょう。