原貫太オフィシャルブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。

新卒フリーランスを目指すなら月10万円のベーシックインカムを作ろう

\原貫太はSocial留学を応援しています/ 
f:id:KantaHara:20190711140204j:plain

フリーランス国際協力師の原貫太(@kantahara)です。会社や組織に所属することなく、フリーランスとして日本とアフリカを行き来しながら仕事をしています。

 

僕はこれまでの人生で一度も就職したことがありません。大学在学中にNPO法人を起業し、卒業後はフリーランスに転向しています。月収は約30万円なので、サラリーマン一年目と同じくらいでしょうか。

 

僕は学生の進路相談に乗ることも多いのですが、新卒フリーランスを選択肢としている人には「卒業までに月10万円のベーシックインカムを作ろう」とアドバイスしています。

 

 

そもそも新卒フリーランスとは?

新卒フリーランス

 

新卒フリーランスとは「大学もしくは大学院を卒業し、就職を一度もせずストレートでフリーランスになること」を指します。

 

最近になってフリーランスという働き方が注目されるようになり、日本でも現在約5人に1人がフリーランスとして仕事をしているという統計も存在します。

 

ですが、フリーランスとして食べていくためには高いスキルや豊富な経験、また人脈が必要です。そのため大学、もしくは大学院卒業後そのままフリーランスになる「新卒フリーランス」は壁が高く、全体を見てもそれほど多くありません

 

一度企業で働いてスキルを身に付け、その後に独立してフリーランスになる人が多いです。

 

インターネットやSNS界隈を見ても「新卒フリーランス」を名乗っている人はブロガーやアフィリエイターが多く、印象として個人で完結できるWebライティング関係の仕事をしている人が多いですね。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

新卒フリーランスには否定意見も多いけど…

新卒フリーランス

 

新卒フリーランスという働き方に対しては否定的な意見も多いです。例えばこんなものがあります。

 

  • まずは会社に就職し、最低3年は働いて仕事の進め方を知るべき。
  • 最近までただの学生だった人間が、卒業後すぐフリーランスで稼ぐなんて無理。
  • スキルを磨いたり人脈を増やしたりするために、まずは企業で働く方がいい。

 

どれも的を得た意見だと思います。僕の周りにも「新卒フリーランスに興味があったけど、就職活動をする過程で社会人からこういった意見をもらい、まずは就職することを決めた」という人がいますね。

 

ですが、僕を含めて一度も就職をすることなく、新卒フリーランスとして仕事ができている人はいます。また昨今の社会状況を見る限り、今後新卒フリーランスという進路を選ぶ人も増えていくことは予測できます。

 

就職にも新卒フリーランスにも、どちらにもメリット・デメリットがあります。卒業後の一つの道として、就職や進学と並行して「新卒フリーランス」という選択肢が考えられてもいいと思うのです。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

スポット的に稼ぐフリーランスだと収入が不安定になる可能性も

新卒フリーランス

 

ただ、やみくもに新卒フリーランスを勧めることはしません。上述したように、新卒フリーランスとして生活に十分な金額を稼くことは、決して簡単なこととは言えないからです。

 

学生のうちにスキルや経験、影響力を付けておかない限りは、フリーランスとしての仕事だけで生計を立てるは難しいでしょう。

 

それに会社のバックアップがないフリーランスには、社会保険料や年金といった経済的負担ものしかかります。家賃や生活費も考慮すると、毎月それなりの金額が飛んでいきますね。

 

さらに付け加えると、従来型のフリーランスの働き方だと収入が不安定になる可能性があります。

 

フリーランスの多くは案件ベースで企業と契約を交わし、タスクを完了すると報酬が支払われる、いわばスポット的に稼ぐ働き方をしています

 

こういった単発的に稼ぐフリーランスだと、収入が不安定になるリスクが付き物です。もちろん実力や経験、コネクションがあるフリーランスなら問題ありませんが、まだまだ経験値の少ない新卒フリーランスだと「収入の不安定」は大きな課題になりますね。

 

また、スポット的に仕事をこなすフリーランスの働き方だと、あたりまえですが自分が仕事をしない限りは報酬が得られません。そのため、体調を壊してしまい何週間も寝込むことになれば、その期間の収入はゼロになってしまうのです

 

 

新卒フリーランスを目指すならベーシックインカムを作れ

新卒フリーランス

 

「新卒フリーランスになりたいけど、経済的に安定できるか不安…」という人は、卒業までに月10万円のベーシックインカムを作ることを目標にしてください。ここで言うベーシックインカムとは、自分が働かなくても自動的に収入が得られる仕組みを指します。

 

僕個人の話をすると、僕は大学を卒業するまでにブログの広告収入だけで月10万円稼げるようになりました。ブログは”SEO”と呼ばれる検索エンジン最適化に取り組むことで、GoogleやYahoo!経由で放っておいても記事が読まれるようになるため、そこからの収入は「不労所得」になります

註:実際は定期的にブログをメンテナンスする必要があるため、完全な不労所得とは言えません。

 

ブログ以外にも、僕は大学4年生の時に『世界を無視しない大人になるために』という本を自費出版しました。この本はKindle版としてAmazonにも出品しているのですが、Amazonはマーケットが非常に大きいため、ほぼ毎日のように売れています。

 

「ベーシックインカム=自分が働いてない間も収入が得られる仕組み」と書くと”楽して稼ぐ”といった印象を持たれるかもしれませんが、決してそんな甘い話ではありません。ブログは3年継続して稼げるようになったし、もちろん本の執筆も大変でした。

 

しかし、時間のある学生の間にこういったベーシックインカムを作っておいたので、卒業後も安心して他の仕事に取り組むことができています。毎月10万円でもベーシックインカムがあれば、日本でも何とか生活はできますからね。

 

 

さいごに

新卒フリーランス

 

新卒フリーランスを目指す学生向けに「卒業までに月10万のベーシックインカムを作ろう」という話をしました。

 

正直言って、新卒フリーランスは狭き門です。学生のうちにスキルを磨いたり、アルバイト以外で稼ぐ経験を積んだりと、相当に努力していないと難しい。

 

ですが、卒業までに月10万円程度のベーシックインカムさえ用意しておけば、途端に心の余裕が生まれます。僕は昨年「適応障害」を患ってしまい約5ヶ月間休養生活を送りましたが、その期間も月20万円以上の収入がありました。

 

アルバイト以外で稼ぐ経験を積む方法はこちらの記事で詳しく解説しています。新卒フリーランスに少しでも興味がある人は、こちらもあわせて読んでみてくださいね。

www.kantahara.com