原貫太オフィシャルブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。

【5/25開催】原貫太活動報告会×トークセッション〜フリーランスとしてアフリカに挑戦〜

\原貫太はSocial留学を応援しています/ 
f:id:KantaHara:20190711140204j:plain

f:id:KantaHara:20190422211602j:plain

 

フリーランス国際協力師の原貫太です。5/10、日本に一時帰国します。

 

今年からフリーランスに転向し、初めてとなるウガンダでの活動がもうすぐ終わります。この滞在中だけでも、現地NGOと協働して公衆衛生改善プロジェクトを始めたり、ウガンダの友人とYouTubeを始めたりと、様々な活動に携わることができました。

 

フリーランス×国際協力という新しい働き方を模索する中で、正直に言えば可能性と限界、そのどちらも感じています。

 

普段からSNSやブログで情報発信をしていますが、もちろんネットには書けない活動の裏話や現地での苦労があります。帰国後に開催する少人数制のイベントで、参加者の皆さんに「フリーランス国際協力師という生き方」をお伝えできればと思います。

 

活動報告の後には、ソマリアやコンゴなど、アフリカの紛争地での取材経験が豊富なジャーナリスト下村靖樹さんとトークセッションを行います。ここでは、フリーランスという立場からアフリカで働くことの魅力や苦労、現地での収入の確保の仕方、組織に所属して働くこととの違いなどをお伝えします。

 

当日は、参加者同士が交流する時間も用意しています。ぜひ奮ってご参加ください!

 

原貫太活動報告会申し込みフォーム


◆登壇者プロフィール

原貫太。1994年生まれ。フリーランス国際協力師。
フィリピンで物乞いをする少女と出会ったことをきっかけに、学生時代から国際協力活動をはじめる。これまでウガンダの元子ども兵や南スーダンの難民を支援してきた。
大学在学中にNPO法人コンフロントワールドを設立し、新卒で国際協力を仕事にする。出版や講演、ブログを通じた啓発活動にも取り組み、2018年3月小野梓記念賞を受賞した。
大学卒業後に適応障害を発症し、同法人の活動から離れる。半年間の闘病生活を経てフリーランスとして活動を再開。現在はウガンダのローカルNGOと協働し、最貧困地域での公衆衛生改善プロジェクトを実施中。他にも講演やブログ、YouTube、オンラインサロンの運営にも携わるなど、「フリーランス×国際協力」という新しい働き方を追求している。著書『世界を無視しない大人になるために』

 

下村靖樹。フリージャーナリスト。
1992年に初めてアフリカを訪問。以来、ソマリア内戦、ルワンダ内戦、ウガンダ子ども兵士、エボラ出血熱などを取材。
主に記事執筆や講演などを通し、内戦や飢饉などのネガティブな話題だけではなくアフリカが持つ数多くの魅力や可能性を伝え、一人でも多くの人にアフリカへの親しみと関心を持ってもらう事を目標に活動している。

 

◆日時
5月25日(土)14:00~16:45 (受付開始13:30~)

 

◆タイムテーブル
14:00~挨拶、原の活動報告
14:30~原×下村「アフリカ×フリーランスぶっちゃけトーク」
15:30~質疑応答
15:45~お知らせ
16:00~全体交流会
16:45 終了

 

◆場所
東京都江東区亀戸1丁目36-4 古川歯科医院3F
http://furukawa-dental.jp/#Access

 

◆定員
20名

 

◆参加費
社会人1500円、学生1000円
※当日会場にてお支払いをお願いします。
※学生は受付で学生証の提示をお願いします。

 

◆申し込み

docs.google.com