原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

内戦と紛争、言葉の違いをアフリカで活動するNGO職員が解説します

スポンサーリンク

内戦と紛争の違いについて、できる限りその”本質”が伝わるように解説します。

 

国際支援の業界では「戦争」という言葉はあまり使われていません。「内戦を終わらせるために働く」「紛争解決が専門です」など、少なくとも僕の周りで働く人たちは、ほとんどが「内戦」「紛争」という言葉を用いています。

 

NGOスタッフという立場でアフリカの内戦・紛争被害者支援に携わった経験も活かし、内戦と紛争の言葉の違いについて解説します。

 

 

 

 

内戦の定義

内戦

 

言葉の違いを理解するために、「内戦」「紛争」それぞれの定義から確認しましょう。まずは、「内戦」です。

 

内戦(ないせん。英語:civil war)とは、国家の領域内で対立した勢力によって起こる、武力紛争を指す。(Wikipedia「内戦」より引用)

 

内戦の定義の中に「武力紛争」という言葉が含まれています…。でも、重要な要素はこれ。

 

国家の領域で対立した勢力(太字強調は筆者)

 

 

紛争の定義

内戦

 

続いて「紛争」の定義です。

 

紛争(ふんそう、英語: conflict, dispute)とは、もめ事や争いごとを指す言葉[1]。非常に範囲の広い言葉であり、裁判における紛争や、経済における紛争などいくつかの主体が激しく対立している状態も指すが、この項目では主に、対立する勢力の武力衝突を指す「武力紛争」(英語: armed conflict)について述べる。(Wikipedia「紛争」より引用)

 

かつて大学の図書館で「紛争」と蔵書検索をかけたら、法律用語(?)としての「紛争調停」等に関連する書籍が出てきた経験があります。が、国際協力の世界で用いられる「紛争」はもちろん「武力紛争」を表します。

 

では、「武力紛争」という言葉の定義は?

 

無政府状態である秩序の中において、さまざまな国家・勢力がその利害関係から対立する事態が発生した場合、上部の調停機関がないため、武力行使によって相手に自らの意思を強制しようとする場合がある。この武力行使によって双方の戦力が激しく争う事態を武力紛争と呼ぶ。(Wikipedia「紛争」より引用)

 

一般的にイメージされる戦争や紛争は、まさにこの定義が当てはまるでしょう。なお、ここで書かれている「無政府状態」とは、ソマリアのように国のほぼ全土が無政府状態である国から、南スーダンのように政府はちゃんと存在しているけれど、統治が行き届いていない意味で無政府状態な地域がある…という国も含まれるでしょう。

 

例えば、日本国内でも、やくざの抗争(紛争)が続いている地域は、抗議での無政府状態に含まれると言って問題ありません。

 

 

内戦と紛争、違いは「内」で完結しているかどうか

内戦、紛争、それぞれの定義を理解しただけでも、何となく両者の違いが分かったかもしれません。”その言葉の持つ意味において”、一番の大きな違いは、

 

内戦はその国家「内」で完結している戦争だが、紛争はその範囲にとどまらない戦争

 

という認識で問題ありません。

 

もちろん、一国家内で完結している戦争に対して「紛争」という言葉が充てられる時もありますが(報道など)、厳密に「内戦」「紛争」という二つの言葉の違いを考える時は、この認識がより正しいといえます。

 

 

僕は内戦は使わずに紛争を使う

内戦

 

僕は基本的に「内戦」という言葉は使わず、「紛争」という言葉を使うようにしています。

 

理由は単純です。世界で今起きている戦争は、そのほとんどが一国の「内」で完結するのではなく、他国との関わりの中で起きているからです。特に、アフリカは酷い。

 

例えば、南スーダン。スーダン時代の北部対南部の独立戦争時代は、アメリカをはじめとした欧米先進国が干渉しています。また、独立後の南スーダン”内戦”は石油権益をめぐって争いが続いていますが、この石油を大量に輸入しているのは中国と言われています。

 

そして、中国に輸入された石油は、例えば100円ショップをはじめとした安価な商品を大量生産するのに使われ、そして”Made in China”というラベルが貼られ日本に輸入されています。

 

最終的にそれらを購入し、日常生活で使っているのは日本の消費者です。僕たちも消費行動を通じ、間接的にでも南スーダンの”内戦”に関わっていると言えるでしょう。

 

だから、南スーダンで起きている紛争は「内戦」なんかではないのです。この辺りは、拙著『世界を無視しない大人になるために』にも詳しく書いています。

 

「内戦」という言葉を使ってしまえば、それは自身に責任の一端があるにもかかわらず、ただ外から傍観している者になりかねないのです。

 

 

まとめ

内戦と紛争の言葉の違いにおいては、「内戦はその国家「内」で完結している戦争だが、紛争はその範囲にとどまらない戦争」という認識で問題ありません。

 

でも、特に冷戦が崩壊した後の「内戦」は形を変え、一国の中だけでは完結しない構造になっています。その意味で、アフリカや中東、アジアの途上地域で起きている戦争を表す際は、「紛争」という言葉を用いる方が相応しいでしょう。

 

 

追伸:書籍『世界を無視しない大人になるために』の紹介

国際協力とは

 

記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。改めまして、フリーランス国際協力師として活動する原貫太と申します。

 

 

記事の中では色々と偉そうに語ってしまいましたが、かく言う僕自身、これまでのアフリカでの支援活動では、何度も壁にぶつかってきました。

 

14年間も戦場に駆り出されてきた元子ども兵士の女性。目の前で両親を殺されたと涙ながらに話す難民の女の子。精神障害を抱え、一人寂しそうに地面を見つめる難民の男の子。

 

普段は日本の大学生として生活し、恵まれた環境で暮らしているからこそ、彼らと直接出会う中で「どうして世界はこんなにも不条理なのか」と、何度も涙を流しました。

f:id:KantaHara:20190130161400j:plain

本の中でも紹介した精神障害を抱える南スーダン難民の男の子。足元には汚物が溜まり、全身にハエがたかっていた。この光景を今も忘れることができない。

 

 

でも、自分なりにそこで感じる葛藤とうまく向き合いながら、これまでアフリカでの活動を続けることができました。その軌跡をまとめたのが、僕の処女作『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』です。

 

あなたはこの記事を「内戦」や「紛争」といった単語で検索し、見つけてくれたと思います。

 

これもきっと何かのご縁です。この機会にぜひ、僕のアフリカでの経験を描いた『世界を無視しない大人になるために』も読んでくださると嬉しいです。

 

この本は執筆から装丁、印刷まですべて自分で行った自費出版本です。もしかしたら、「素人が書いた本なんかに700円も払えない」と思われてしまうかもしれません。

 

でも、これまで約2,000人の方がこの本を手に取ってくださり、そしてたくさんの評価をいただくことができました。ほんの一部ではありますが、いくつか本を読んでくださった方の感想を紹介します。

 

 

今世界で起きている戦争に関心ある人であれば、絶対に刺さる「何か」があると思います。第一章まで全文を無料公開しているので、こちらもあわせてご覧ください。

www.kantahara.com

 

アフリカで出会った元子ども兵や難民ひとり一人のストーリーを中心に描いた一冊、『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』。

 

ぜひこの機会にご覧ください。よろしくお願いいたします。

 

 

▼紙版の購入はこちら▼

 

▼Kindle版の購入はこちら▼

 

 

なお、『世界を無視しない大人になるために』はKindle Unlimited登録作品のため、30日間のKindle Unlimited無料トライアル*を利用すれば無料で読むことができます。こちらもご活用ください。

 

*31日目を迎える前にKindle Unlimitedを解約すればお金はかかりません。