原貫太オフィシャルブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。

【6/22開催】『スマホの真実-紛争鉱物と環境破壊のつながり』上映会・トークイベント

f:id:KantaHara:20190429160741p:plain

 

※参加ボタンを押すだけでは申し込みは完了しません!こちらのフォームよりお申し込みをお願い致します。

docs.google.com

 

今では私たちの生活に欠かせない存在となったスマートフォン。その背景に紛争や児童労働、環境破壊が潜んでいるとしたら-。

 

スマートフォンや小型電子機器を作るためには20種類以上の鉱物が必要です。中には希少金属、通称「レアメタル」と呼ばれる金属も多く含まれています。そうしたレアメタルを採掘する現場を見たことがある人はいるでしょうか?

 

“エクアドル、フィリピン、コンゴ民主共和国の採掘現場を訪れてみると、そこには目を見張るような環境破壊や鉱山利権を巡った紛争や、もともとそこに住んでいた人びとの強制的な追い出し、大規模な環境破壊などが目撃されました。 私たちが日々意識しないスマートフォンの内側に隠された調達の真実に光を当てます。”『スマホの真実』作品紹介ページより)

 

昨年コンゴ民主共和国のムクウェゲ医師がノーベル平和賞を受賞したことでも注目された紛争鉱物問題。ドキュメンタリー作品『スマホの真実―紛争鉱物と環境破壊とのつながり』の上映会を通じ、先進国に暮らす私たちが今この問題とどう向き合うべきかを考えます。
 
 
◆登壇者プロフィール

原貫太。1994年生まれ。フリーランス国際協力師。
フィリピンで物乞いをする少女と出会ったことをきっかけに、学生時代から国際協力活動をはじめる。これまでウガンダの元子ども兵や南スーダンの難民を支援してきた。
大学在学中にNPO法人コンフロントワールドを設立し、新卒で国際協力を仕事にする。出版や講演、ブログを通じた啓発活動にも取り組み、2018年3月小野梓記念賞を受賞した。
大学卒業後に適応障害を発症し、同法人の活動から離れる。半年間の闘病生活を経てフリーランスとして活動を再開。現在はウガンダのローカルNGOと協働し、最貧困地域での公衆衛生改善プロジェクトを実施中。他にも講演やブログ、YouTube、オンラインサロンの運営にも携わるなど、「フリーランス×国際協力」という新しい働き方を追求している。著書『世界を無視しない大人になるために』

 

下村靖樹。フリージャーナリスト。
1992年に初めてアフリカを訪問。以来、ソマリア内戦、ルワンダ内戦、ウガンダ子ども兵士、エボラ出血熱などを取材。
主に記事執筆や講演などを通し、内戦や飢饉などのネガティブな話題だけではなくアフリカが持つ数多くの魅力や可能性を伝え、一人でも多くの人にアフリカへの親しみと関心を持ってもらう事を目標に活動している。

 

◆作品紹介

スマホの真実│PARC NPO法人アジア太平洋資料センター

 

 

◆日時

6月22日(土)14:00~16:45 (受付開始13:30~)

 

◆タイムテーブル
14:00~挨拶
14:05~『スマホの真実』上映
休憩
15:00~原×下村トーク「アフリカの紛争・貧困と私たちはどう向き合うべきか」
15:30~質疑応答
15:45~お知らせ
16:00~全体交流会
16:45 終了

 

◆場所
薬樹株式会社 東京都港区赤坂8-5-26 住友不動産青山ビル 西館4階

goo.gl

 

◆定員
50名

 

◆参加費
社会人2000円、学生1500円
※当日会場にてお支払いをお願いします。
※学生は受付で学生証の提示をお願いします。

 

◆申し込み

docs.google.com